「カリスマ性」のある人は、この7つのことを自然と実行している

人々をぐいぐい引きつけ、成功を収めているビジネス界のカリスマたち。そんな偉業を成し遂げるのはどんな人たちなんだろう…と思ってしまいますが、彼らには共通点がありました。科学的な検証を試みた「Inc.」のGeoffrey James氏を紹介しましょう。

01.
事実ではなく
ストーリーを伝える

7140247ad6c0d04a9ea919c981ea5934d5c94b41

人を動かすためには、ただ事実を列挙するのではなく、そこに文脈や意味を与えて、ストーリーを使うことが有効です。ストーリーは語り手と聞き手の間に関係を結び、人の心を動かすことができます。TEDトークを見ても、人気のコンテンツはいずれも素晴らしいストーリー性がありますよね。

02.
睡眠をたっぷりとる

Journal of Applied Psychology」で発表された研究によれば、睡眠不足の話し手は、ちゃんと睡眠をとっている人よりもカリスマ性が低い、と感じられる傾向にあるようです。普段は魅力的な人でも、ちゃんと休まないと相手に「疲れた印象」を与えてしまうのかもしれませんね。

03.
疲れた人に向けて
話をしない

カリスマ性のある人たちは、直感的に相手が聞く準備ができているのかどうかを判断しています。睡眠不足に関する研究では、聴衆側が睡眠不足の場合、話に感動することが少ないということがわかっています。だからカリスマたちは朝早い時間や夜遅い時間には講演をしないのです。

04.
強い信念を
表明する

Facf9f850085b8e50e2df21387afda4762208d3f

歴史的に偉大な宗教指導者たちは、信者たちに「自分は神に触れた」と感じさせるほどのカリスマ性を持っていました。ビジネスのカリスマたちも、言葉や行動で「自己の利益より、もっとすばらしいものを目指しているのだ」と示すという意味では、同じことをしていると言えます。

05.
周囲の人が目標達成できると
信じている

優れたリーダーは明確なビジョンを持っていますが、信念や計画性のないビジョンは実現することはありません。カリスマ的なリーダーは、高い目標でありながら実現可能なゴールを設定し、さらに周囲の人たちにそれが達成可能であり、しかも自分たちがそこに貢献できることがあるのだ、と信じさせてくれます。

06.
興味の範囲が広く
好奇心旺盛

カリスマたちは、様々なものに興味を持っているので、簡単に人と共通の話題を見つけることができます。「Science Daily」の記事によれば、カリスマたちは相手が出した話題に対して、すぐさま反応することができます。逆に専門的すぎる人はカリスマになりにくい傾向があるようです。

07.
気軽にハグできる

75d0459ba66e8b6baed3e52be156d3a7394ebf1a

これはちょっぴりアメリカ的。カリスマたちは決して自分からボディタッチを強要したりしませんが、相手からのボディタッチに関してはオープンに受け止めます。他の人は無意識に、カリスマたちにあやかるために、「触れたい」という思いがあるのかもしれません。

Licensed material used with permission by Geoffrey James
リーダーとして活躍している人に備わっている要素、それはカリスマ性。しかし、ひとえにカリスマ性と言っても、どういう特徴なのでしょうか?ここでは、その一部の例...
よいリーダーは、様々なスキルを要するもの。とりわけ、素晴らしいリーダーになるためには、あるスキルが重要な鍵を握っている。それは、演技の才能だ。瞬間瞬間をも...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
#yoloなライフスタイルを体現するSkellieさんのインスタです。Skellieさんはガイコツって設定です。
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
出会ったばかりの人なのに、相手にすぐ覚えてもらえる人っていますよね?それってビジネスシーンだとかなり得。次に会った時も、声をかけられやすいですしね。という...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...
生産性を高めるために早起きして仕事したことがある人は多いと思う。それを継続できたかどうかはさておき。もともと、早起きが得意な人であればいい。ではそうでない...
前回、・ITを使った業務の効率化で働く時間を減らすこと ・どんなことでもビジネスにできるビジネス脳を持つことで「好き」を仕事にすることができるようになると...
人から注目されることが苦手でも、ぜんぜん大丈夫。
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
デキるリーダーとは、仕事ができて周囲を引っ張る力がある人、というところだろうか。それに加えて弱さを隠さないからこそ、周りの人が親近感をわいてしまうような人...
使うときだけフックが現れる。「Köllen Bookshelf」。普段は平面の状態にしておけるから、見た目もスッキリ。
仕事でも仲間同士のコミュニティでも、いざリーダーシップを取ろうとすると、とても大変。それは、誰もが経験から知っていることでしょう。たとえ自分が上のポジショ...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
「Inc.」で多くのビジネス記事を執筆しているJeff Hadenさんも「収益を生み出せないミーティングは単なる時間の無駄」だと言います。中でもこんな特徴...
「エジソンやナポレオンは4時間しか寝なかった」とか、「織田信長の睡眠時間は3時間だった」とか、何かと偉人たちのショートスリーパー伝説が語られがちな昨今。か...
周りを引き込む、自然と好かれる人がいると思います。こういう人たちはなぜに好かれるのか、そしてどんなことをしているのでしょう。そこには、11つの共通点があり...
良いリーダーになりたいのなら、何よりも先に部下を知る必要があります。そして彼らを知るために必要なのは、言わずもがなコミュニケーション。リーダーシップを磨き...