一日中効率よく仕事するために、明日からできる5つのこと。

タスクがありすぎて帰りが遅くなるとわかっている日は、ランチをモチベーションに頑張ることが多かった私。昼は外に出て、「せっかくだから好きなものを食べよう」と、結局食べ過ぎて眠くなったことは数知れず。

このような行動は間違いだったと改めて気づいたのは、Caroline Burkeさんが書いた「Elite Daily」の記事を読んでから。食事のとり方からふとした時にできることまで、終日効率よく仕事をするためにできるアドバイスがまとめられている。

01.
その日食べるものを決めておく

6f8bc600642758e9d9b5390a226907a53f52b4a5

お昼の前に何を食べるか決めておくと、結果的にお金やエネルギーを節約することになるだろう。さもないと、食べ物にありつく頃には、酷い空腹感に襲われることにもなりかねない。

「Elite Daily」は、栄養士でフィットネスの専門家でもある、Jim White氏に話を聞いた。

事前に計画を立てることです。午後に栄養補給が必要になった時でも、簡単に口にすることができるよう、軽食をあらかじめ準備しておいてもいいでしょう」

02.
お菓子は高タンパク質のものを

タンパク質を豊富に含むスナックは、腹持ちがよくて食べた時の満足感も高い。White氏は以下のように提案している。

「タンパク質を含むスナック、例えば 1オンス(約20粒)のアーモンドは、6gのタンパク質を含んでおり、持ち運びやすさや食べやすさの点でも、優れています。加えて、果物を少し食べれば、午後の“スランプ”を回避して、1日を終える前にやるべきことをきっと、全てこなせることでしょう」

03.
こまめに水分を補給する

87337ea61569d48260715b10c7f20a6c9b982c38

水分はあなたにとって何よりも重要な活力源。ということは、これまでも飽きるほど聞いてきたと思う。しかし、水分を多く摂取することは、エネルギーと集中力を1日中維持するための、最も簡単な方法だ。

「活動レベルに応じて、1日に2リットル以上の水分を摂取するよう努めてください」

と、White氏。また、このように念押ししている。

「水分は、1日中携帯しやすいものですから、どんなに忙しくても必ず摂取できるはずです」

04.
軽く動いて体をほぐす

午後2時、3時になると辛くなってくるかもしれない。が、それは何時間も座り続けているからということもある。ただ立ち上がったり、軽い体操やストレッチをするだけでも、血液を体中にめぐらせる助けとなるだろう。

「午後にリフレッシュが必要であれば、きびきび動くよう心がけたり、コピー機までウォーキングランジで行ったり、外で散歩したりできるでしょう」

05.
食事は複数回に分けてとる

312b110d7437e8630988d7afe595e145cc9635af

White氏によると、食事は一度にたくさんとるとりも、少量を数回に分けてとる方が、エネルギーを維持するのにずっと良いということ。理由は、多くの食べ物をまとめて摂取すると、強烈な眠気やダルさを引き起こしがちだから。 

1日に5~6回も食べるのが大変だとしても、その日あなたが必要な代謝やエネルギーを高めてくれる。

Licensed material used with permission by Elite Daily
目の前のタスクに必死になり、帰宅後はクタクタ。そのままベッドに横たわり、つい寝てしまう…。もしも、ただただ忙殺されているとしたら、この記事をヒントに「忙し...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
前回、・ITを使った業務の効率化で働く時間を減らすこと ・どんなことでもビジネスにできるビジネス脳を持つことで「好き」を仕事にすることができるようになると...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
あなたが一番仕事に集中できる時間は何時頃だと思いますか?ここで紹介するのは「起きてから3時間が、一番効率良く仕事ができる」という話。一度は聞いたことがある...
ビジネスパーソンにとって、応用力がある人になることは、ひとつの重要な要素です。事業変革パートナーの安澤武郎さん著『ひとつ上の思考力』では「法則を見出せるよ...
仕事をしながら、ついついやってしまうスマホのチェック。実は、その行動が脳にダメージを与えているというのです。しかも、男性の場合、影響はより深刻。この記事を...
自分の「幸福度」を高める、働き方。
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
もうすぐやってくるGW。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、いつもとはちがうGWの過ごし方。今年はこっそりキャリアアップして...
手に負えないほどの作業量に追われていると、どれだけ熱を持っている仕事だとしても余裕を失ってしまうもの。そんなときは無駄を減らし、最優先のものを先に片付けて...
プレイングマネジャーのビジネス・コミュニケーションで大切なのは、たった5秒の日常会話。自著『プレイングマネジャーの教科書 結果を出すためのビジネス・コミュ...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?