本気で残業を減らすなら、この「10の切り替え」が大事

ここ数年、いたるところで目にするようになった「生産性」っていう言葉。「生産性を上げるには?」「優秀なあの人はなぜ生産性が高いのか」なんていう記事を読んだとき、その瞬間はすごく納得できるんだけど、結局自分は残業続きの毎日だったり…。

ここでは、「Elite Daily」にまとめられた、仕事のパフォーマンスを上げて残業を減らす「10の方法」を紹介します。一気にではなく、ひとつずつ始めてみるというにはいかがでしょうか?

01.
大切なのは「退社前」

Bc56c4744d6c43dabffdc3cba98cd10caf6a42ed

仕事の早い人は「想像力」があります。また、それを達成させるコミット力も兼ね備えています。彼らに共通することは、退社前に翌日のイメージをしてから会社をあとにすること。

スケジュールの確認だけでなく、翌日の成功イメージまですることで頭が整理され、スムーズに仕事を終わらせられるのです。

02.
朝のスタートを
少しだけ早く

多くの成功者が「朝型」であることは、すでに周知の事実でしょう。朝のうちにその日のやることを組み立てることが大切。

03.
クライアントや上司にも
「NO」

できないことを軽々しく引き受けないこと。しっかりと相手に伝えることも重要です。ときには、上司やお客さんに対しても「NO」と言える姿勢を。

04.
服装にこだわりすぎない

7a0ba7508f37033d0d1f8779e306aa141beb413e

これは、仕事以外の決断の数をできるだけ減らすため。エネルギー消費を抑えることが、仕事に集中できる環境をつくるのです。

05.
「運動の習慣化」は
10分でもOK

運動が脳の活性化、ストレス発散、体力作りに欠かせないのは誰もが知っているところ。なかなか実践するのが難しいという人は、朝の10分エクササイズから始めてみては?

06.
朝のレモンウォーターで
脳を目覚めさせる

現代人は、気付かずに脱水症状になっていることが多いといいます。水分補給は脳の回転にはかかせないものです。とくに起きがけの1杯の水は、自律神経を整え、脳を目覚めさせ、身体を整える効果があります。またビタミンの欠如も、集中力の低下やイライラ、疲労感などに影響します。

朝のオススメは、レモンウォーターなどです。

07.
1時間で次へ。
タスクごとに時間を区切る

F0804d7c9a9c52cfca46b66425b367aee7ad04ed

たとえば長引くことの多い会議は終了時間を決めて、それ以上は続けない。つい「終わるまで」と曖昧になりがちですが、多くのタスクを効率よく進めるためには、時間を区切るスケジュール管理が不可欠なのです。

08.
ポジティブな人と
一緒に仕事する

どうせできない、とネガティブな考えを持つ人と一緒にいると、やる気が低下し、生産性を下げてしまうことになります。まずはその習慣を見直しましょう。

09.
難しい仕事は午前中に

負担の大きい仕事ほど、一番パワーがある「朝」から取り組みましょう。スケジュールを立てる際には、この順序を間違えないようにしたいもの。午前中が勝負です。

10.
忙しいからと
休憩を拒否してはいけない

21ae1e101b9fc8085824fe6e2f84ceab3bcd48d5

休憩の時間を惜しんではいけません。適度な休憩を取ったほうが脳がリフレッシュされ、ずっと効率的に仕事できます。たまには外を眺めて深呼吸しましょう。今までにない素敵なアイデアが浮かんでくるかもしれません。

Licensed material used with permission by Elite Daily
生産性を高めるために早起きして仕事したことがある人は多いと思う。それを継続できたかどうかはさておき。もともと、早起きが得意な人であればいい。ではそうでない...
自分の「幸福度」を高める、働き方。
長い残業、続く会議、にもかかわらず、低い生産性…。そんな働き方の改革が叫ばれて久しい日本ですが、まだまだ徹底されているとは言い難い状況です。世界的には、短...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
たくさんのことをいっぺんにやろうとし、優先順位はぐちゃぐちゃ。しまいには時間がかかるタスクが最後まで残っていて、残業するハメに...。そんな効率の悪い働き...
前回、・ITを使った業務の効率化で働く時間を減らすこと ・どんなことでもビジネスにできるビジネス脳を持つことで「好き」を仕事にすることができるようになると...
忙しいだけの人なら、たくさんいます。本当に大変なのは「生産的であること」。考えてみてください。生産性の高い人はテキパキと仕事をこなし、To-doリストを消...
「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...
目の前のタスクに必死になり、帰宅後はクタクタ。そのままベッドに横たわり、つい寝てしまう…。もしも、ただただ忙殺されているとしたら、この記事をヒントに「忙し...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
働く場所に縛られない「リモートワーク」は、企業側の心配をよそに、とても効率的だという研究結果があるそうです。「mental floss」の記事によれば、社...
過労は生産性も落ち、ミスも増える上に健康にもわるいというのはよく耳にする話。労働時間を増やしたからって生産性が上がるわけではないという話自体、200年も前...
私たちは、しばしば物事を前に進んでいないのにも関わらず、全力で車輪を回すことだけに労力を割いている時があります。ライターJustin Gammillの表現...
もしもあなたの上司が「クリエイティブに、かつ生産性を上げるんだ!」と無理難題を押し付けてきたら、この話を投げかけるといいかもしれません。あなたを援護射撃し...
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
職場における生産性の向上は、社会人にとって大きな課題のひとつ。「気づけばもう夕方なのに、まったく仕事が終わっていない…」と途方に暮れるような日もあるのでは...
「仕事をサクサク終わらせるのは難しい」。そう思うかもしれませんが、じつは悪い習慣を断ち、良い習慣を身につけることで、意外と簡単に身につけられるケースも多い...