クリエイティブな人が「9時17時」の環境だと成功できない理由

安定感のある、午前9時から夕方17時までの仕事。多くの人は、時間に余裕ができるし、安定していて将来に備えられるという理由で選ぶかもしれませんが、もっと自由に働きたいクリエイティブなタイプの人や、リスクも計算しながら挑戦していきたい起業家タイプの人には、あまりオススメできません。

なぜクリエイティブな人は、こういった安定型の仕事に向いていないのか?その理由を「Elite Daily」のライター、Brian Lawrenceさんの記事からご紹介します。

01.
決まりごとが苦手

クリエイティブな人たちは、誰かに決められた順序で行動しなければいけない環境がこの上なく苦手です。

なぜなら彼らは、たくさんのパズルのピースの中から、自分の人生に合ったものを選び、当てはめていくのが好きだから。そして、そのパズルが完成しないことさえも彼らは楽しんでいるのです。

02.
柔軟性がないことは
とてもストレス

時間やリソースの使い方を自由に決められないのは、クリエイティブな人にとってかなりのストレスです。本来、彼らに与えるべきは大まかな内容と期限と予算だけ。

そうすれば、きっと素晴らしい仕事や作品を生み出し、たとえば、クライアントから手直しの指示がこないよう、様々な別案も提出してくれるでしょう。

03.
つねに
マイペースで働きたい

定時で仕事を終えるように強要すると、いつしか彼らは爆発するでしょう。なぜなら、クリエイティブな仕事に終わりはないから。そもそも、期限をきっちり決めることも無理な話。

彼らはクライアントの希望を聞く前から、自分が思い描くスケジュールを提案してくれますが、それを拒否すると別の仕事に移行してしまうので注意が必要。

04.
なにより、自主性を好む

クリエイティブな人は、仕事の責任を一任してほしいと思っています。できるだけ監視することなく、必要な条件を伝え、それを実現する自由を彼らに与えましょう。助けが必要なときは、ちゃんと伝えてくれるか、自分で調べて解決するので信じるようにしましょう。

この手の人の集中力を妨げるのは、逆効果です。余計な時間がかかるだけでなく、クオリティが下がることだって考えられます。そうなると、誰も得をしないのです。

05.
一度火がつくとすごいけど
モチベーションが持続しない

彼らのモチベーションは、一日も持ちません。実際のところ、他の人もそんなに持続することはないのですが、大半の人はやりたくない仕事でも成し遂げようと努力はしてくれるでしょう。

彼らの場合、興味が湧くまでは仕事に着手しませんが、一度火がつくと真正面から取り組もうと自分を奮い立たせるのが特徴的。だからこそ彼らは、どのタイミングでモチベーションが上がるか、やる気を高めるために何をすべきか、自分自身を熟知しているのです。

06.
ルーティーンに
意味を感じない

日々、同じ物事をやり続けると、クリエイティブな人は徐々に病んでいきます。日々の生活を時間のブロックとして見ている彼らは、ミーティングに出席したり、自分に有益な仕事だけ終わらせていくを好みます。

これだけを見ると「クリエイティブな人は、仕事が自分の好みにフィットしなくなると、責任を放棄する」と思うかもしれません。でも、現実はまったく逆。彼らは非常に意志が強いので、何かを一度決意すると、それはきっちり最後までやり遂げます。

07.
非従来型の仕事がしたい

一般的な企業は、クリエイティブな人を長く雇用できないでしょう。なぜなら彼らの強みを十分に生かせない環境に不満を感じてしまうから。そう思い立ってしまったら、彼らは躊躇なく新しい環境で働こうとするでしょう。だから、もし仮採用の期間が終了する前に仕事を辞めたとしても、決して驚かないでください。

腰を据えて集中力をキープさせるために、彼らは自律性を保ちながら成長できる仕事を求めています。

つまり、従来のフルタイム職がフィットする見込みはほとんどないのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
才能に溢れ、枠にとらわれずに生きるクリエイティブな人。とても魅力的な彼らですが、こと恋愛となるとなかなか大変。何を考えているのかわからず、振り回されること...
感受性が高い人は、周囲の環境に影響されやすい面があるも、その分人の気持ちを理解できたり誠実な面もあると、ライターのAmy Morinさんは述べています。長...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
ブランドロゴは、企業にとって重要な役割を担っている。一目で人々に認識させるだけではなく、企業理念や社会的な存在意義を伝えるための象徴だから。けど、膨大なイ...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
ぼーっとしている時にこそ、アイディアが降ってくることが多いというのは、研究によっても明らかになっています。いい仕事をしたいのであれば、毎日少しでもぼーっと...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
「I Heart Intelligence」において、ライターのEevee G氏が、クリエイティブな人の19の特徴について書いています。人とは違った視点で...
あなたの身近にも、心配性で考えすぎの人はいますよね?こちらがどれだけポジティブな言葉をかけても、まったく効果なし。時には、イライラしてしまうこともあるでし...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
生産性を高めるために早起きして仕事したことがある人は多いと思う。それを継続できたかどうかはさておき。もともと、早起きが得意な人であればいい。ではそうでない...
大人になり社会へ出ると、クリエイティブ力を求められる場面が増える気がする。新しい商品開発やイベントの企画、プライベートでも結婚式の2次会やプレゼントの準備...
あなたの周りにもきっといる、クリエイティブで斬新なアイデアをどんどん生み出す人。彼らのように仕事をするためには、キレのある頭脳と集中力が必要ですが、それ以...
もしもあなたの上司が「クリエイティブに、かつ生産性を上げるんだ!」と無理難題を押し付けてきたら、この話を投げかけるといいかもしれません。あなたを援護射撃し...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
今なお色褪せることなく、成功を追い求める人のハートを動かす力強いメッセージ。歴史にその名を残してきた偉人たちは、一生のうちにどんな言葉を残してきたのでしょ...
上司からの侮辱、同僚からのプレッシャー。これらが過度になると「有害な職場環境」が生まれます。ライターMarcel Shwantesの記事を読むと、どれだけ...
「ジェスチャー」は、なにかを伝えるために使われることが多いですが、一方で自分の気持ちを盛り上げたり、元気を出したり、ストレスを和らげたりする効果もあると言...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
仕事でもプライベートでも、身の周りで起こるさまざまなことを細かく分析して、考えを巡らすのは心配性な人の特徴です。どこまでも深く考えてしまうため不安を感じて...
「おきらくごくらく!」というセリフ。知っていますか? 25年以上たった今も影響力がある伝説の番組『ウゴウゴ・ルーガ』の生みの親である当時のチーフディレクタ...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...