簡単にオフィスでできる「疲れない脳」をつくるためのルーティーン

休憩中や食事中、さらには就寝前まで仕事のことばかり考えている……こんなことをしていたら脳のパフォーマンスは一向に良くなりません。医学博士である石川善樹さん著の『疲れない脳をつくる生活習慣 働く人のためのマインドフルネス講座』に、疲れない脳をつくるための生活改善項目が掲載されていたのでご紹介します。オフィスで簡単にできるものばかりですので、ぜひ、トライしてみてください!

午前中から始めたい
ふたつの習慣。

F7f6e39872b8e48815369a943a1575ba7dc1c4f8

朝からはじめたいふたつの習慣があります。ひとつ目は「ドローイン・ウォーキング」で出社することです。通勤時に、背筋を伸ばして、お腹を引っ込めて歩くことをドローイン・ウォーキングと言います。まずは、自宅から駅まで、駅から会社までと、それぞれ、10~20分ほど歩くことを習慣化させましょう。

オフィスでは、自分の席に着いたら、姿勢と呼吸をととのえます。深い呼吸をして、背筋を伸ばします。ポイントは、吐く時間を長くすることです。鼻から5秒くらい吸ったら、10~15秒かけてゆっくりと吐きます(口からでも鼻からでもかまいません)。息をゆっくり長く吐くと、セロトニンの分泌が増えるので、ストレスがかるくなり、心がゆったりとほぐれていきます。わずか2~3分の深い呼吸だけでも、1日の仕事のパフォーマンスが大きく改善されます。

お昼ご飯は
こんなふうに選ぶ。

F8b6e073488f4d58846be22ec83e0a152ba57b84

ランチでは、野菜、果物、豆腐、海藻類など、低GIの食品を積極的に取り入れましょう。GIとは、グリセミック・インデックスの略で、食品に含まれる血糖値の上がりやすさを示す指標です。食べる順序も低GIの食品からにします。最初に食物繊維を食べると、糖質の吸収スピードをゆるやかにする効果があるので、血糖値が安定します。

コンビニでお弁当を買う方も多いと思われますが、組み合わせによっては、脳に与える影響も変わります。たとえば、「おにぎり2個+野菜ジュース」よりも、「おにぎり1個+サラダ+ゆで玉子1個+味噌汁」の方が栄養バランスとして優れています。

脂肪や糖分は、脳を興奮させやすいのですが、一方で、みそ汁などに含まれる旨味成分は、脳を落ち着かせる成分が含まれています。おにぎりとみそ汁だと脳が満足し、ほどよい状態で食事を終えやすくなります。

午後はリラックスしながら
仕事をしよう。

9f4c6fdb81134c2b70dcf60800340f00b97a78f9

午後も、午前中と同様、デスクで仕事を始めるときは、呼吸と姿勢をととのえることを習慣づけましょう。多くの仕事をこなした夕方は、脳の疲れも蓄積しています。午後一番に行うことでリフレッシュ効果は高まります。

午後のデスクワークは、長時間にわたって座りっぱなしになりがちです。水分補給することで、意図的にトイレに立つようにして、30分~1時間おきに、1回は立ち上がり歩く時間を確保しましょう。

ランチを食べてから15時ぐらいまでは、もっとも眠気を感じやすい時間帯です。眠いまま仕事を続けても、思考能力が低下しているため、高いパフォーマンスで仕事はできません。そこでおすすめしたいのが、仮眠の活用です。大手企業のグーグルでは、午後の仮眠を推奨しています。たとえば昼休みに、椅子に座ったまま楽な姿勢で目を閉じるだけでも、眠気を緩和する効果が期待できます。

ストレスを抱えることがあたり前のようになってしまった現代社会。仕事は毎日忙しく、自然とイライラは溜まり、気が付けばたくさん食べてしまう。そんな方も多いので...
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
「はあ。疲れたなあ。」毎日、何気なく、こんな言葉をつぶやいていませんか?以前と比べると、仕事環境、たとえば、パソコンのスペックや、インターネットの速度が上...
ただただ、ボーッとした時間を過ごす。これ近年の脳科学によると、とっても重要なことだそうですよ。
約5,000円から支援可能です。
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
茂木さんの著書『脳を使った休息術』(総合法令出版)は、そのタイトル通り、「いかに脳を休ませるか」について書かれた本。こちらは、今までとは少し趣向が違うこと...
週末につくり置きしておけば、どんなに疲れて帰ってきた夜も、極上のバスタイムが楽しめますよ!
ぼーっとしている時にこそ、アイディアが降ってくることが多いというのは、研究によっても明らかになっています。いい仕事をしたいのであれば、毎日少しでもぼーっと...
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
毎日を健康的に過ごすためには、体と同じように脳にも運動が必要です。ほんの数分だけでも頭の体操をしてみませんか?思考力と記憶力を意識的につかうことで、心を落...
どれだけ眠っても眠い、肩がこる、タバコをやめたい…。生活習慣に関する悩みの原因は、ほとんどがカラダに蓄積している「毒素」によるものだと言われています。そこ...
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
毎日、目の前の仕事をこなすことで精一杯になっていませんか?新しい発見やちょっとした喜びなど、刺激のある生活をしないと、脳にサボり癖がついてしまいます。ヤフ...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
スキルアップが大切なのはわかっているけど、目の前の仕事に忙殺される…いつかやろうと思っていても、人間は基本的にサボる生き物です。そのまま諦めて放置してはい...
アメリカ的感覚ではあるものの、女性ライターのRebecca Endicottさんが「Little Things」でまとめたのは、「これはマネしたい!」と思...
科学的に裏付けられた、より良い朝を迎えるための6つの簡単な方法を紹介。
仕事を一生懸命することは大切です。しかしそれだけでは、仕事のスキルは上がっても、思考力を成長させることは難しいでしょう。仕事をしつつも合間に脳を鍛えること...
「おきらくごくらく!」というセリフ。知っていますか? 25年以上たった今も影響力がある伝説の番組『ウゴウゴ・ルーガ』の生みの親である当時のチーフディレクタ...
誰でも、いつまでもはっきりとした意志を持って生活していたいですよね。どうすれば脳の働きを維持できるのでしょうか?ライターのMinda Zetlinさんは、...
マインドフルネスの定義は、「今この瞬間に、価値判断をすることなく、注意を向けること」。この根元にある概念は、日本人にも馴染みが深い「禅」に通ずるものがあり...
「脳トレ」が年末の流行語大賞にノミネートされたのが、ちょうど10年前。当時は、今ほどチョコレートと脳の“蜜月な関係”について、科学が触れることは少なかった...