目にダメージを与える「10の癖」、結構やっててヒヤッ……。

家ではテレビ。電車ではスマホ。職場ではパソコン。

このように四六時中、スクリーンを見つめている生活は、この時代に多くの人が抱えている問題。

慣れてしまっているかもしれませんが、こんなに稼働させていたら、眼球疲労は溜まるばかりです。せめて“こんな癖”をなおしてくことで、目をいたわってあげましょう、と提案するのは「Little Things」のKate Taylorさん。

これがまた、日常的にやっていることばかり…!若い頃は気にかけなくても大丈夫だとケアを怠ってしまいがちですが、目と歯は、本当に大事にしすぎて損はありません。

6524253092446208

ドイツの眼科医Augenklinik Stralsundさんのこのセリフを聞くと、目の大切さを改めて実感します。

「瞳は体の最も美しい部位であると同時に、とても重要な感覚器官です。それに、私たちが何かに対して『印象』を抱くとき、4/5は視覚が決定づけているんです」

目のためになおすべき「悪い癖」は、以下のとおり。

01.
目をこする

5657867055005696

そろそろ花粉も飛んできて、目が痒くなりますよね。たまにこするくらいならいいんです。ただし、強くこすりすぎたり、頻繁にこすってしまうと、ずっと残ってしまう傷をつくってしまう恐れがあるとヴィジョン・アイ研究所も実証しています。

こすりすぎは、目の繊細な血管を破り、指の細菌を目に移し、血流を崩し、最終的には神経障害につながることも。さらには、角膜が薄れる可能性もあるそうなので、要注意です。

02.
画面を見ている時間が長い

画面からなかなか離れられないのが、現代。でも、可能な限りその時間を短くしてあげるのが、目にとっては一番嬉しいこと。

サンディエゴの『Clearview Eye & Laser』CenterのFeldman医師は、1日3時間以上パソコンの画面と向き合っている人は、全員コンピューター・ビジョン・シンドロームを抱えている、とOphthalmology Timesに話します。

せめて画面の明るさを調整したり、20分ごとに目を休めて、目をいたわってあげましょう。

03.
タバコを吸う

5170027489656832

タバコは、体全体に被害を及ぼすもの。目ももちろん被害を受けるうちのひとつです。

眼科学のアメリカン・アカデミーの言い分はこれ。

タバコを吸う人は、目の真ん中の層、《ブドウ膜》に危険をさらす《ブドウ膜炎》にかかる可能性が2倍にも跳ね上がります。さらには喫煙者は、網膜にダメージを与え、失明してしまう《糖尿病性網膜症にさらされる》リスクも高いそう。

喫煙者は、こういうリスクがあることもお忘れなく。

04.
ビタミンを摂らない

総合的に健康でいるためには、健康的な食が欠かせません。

「人参は目にいい」なんて聞いたことありませんか?これはWebMD曰く、目の健康にいいとされるビタミンAが豊富に含まれているからだそう。

さらにはビタミンAのみならず、CやEも目にいいそうですよ。長期スパンで目を守っていきたいのなら、これらは十分に摂取しておきましょう。

05.
目の保護を怠る

私たちの目は、非常に繊細な器官だからこそ、ちゃんと守ってあげないといけません。

たとえば、泳いでいるとき、熱い油で調理をしているとき、芝生を刈っているとき、化学薬品や尖ったものを扱っているとき…このようなときは、十分に目を保護してあげましょう。

06.
古いコンタクトレンズを使い回す

6534643289423872

コンタクトレンズの種類がなんであろうと、処方箋に記された時間を超えての使用は控えましょう。

アリゾナ・レチナール・スペシャリストによると、規定の時間を超えて使用していると痛みが生じたり、視界がぼやけたり、充血したり、血管が必要以上に膨らんでしまったり、目の角膜潰瘍が生じたり…とリスクがたくさん。

規定の時間を迎えたら外すことで、これらの症状を防ぎましょう。

07.
サングラスをかけない

太陽を直視しちゃいけないことは、すでにご存知でしょう。でも、実際夏に目に気を使ってサングラスを使用する人って、あまり多くないように思います。

太陽のUV光線を浴びすぎてしまうと、白内障やガンになる恐れがある、とアメリカン・アカデミー眼科学は忠告します。

長時間外出する際には、サングラスの着用して目を守ってあげましょう。

08.
古いアイコスメを使用する

あんなにとんがったものを、目に近づけるなんて"危険"としか思えませんが、女性である限り、完全には避けて通れない道。

メイク自体にはそこまで問題ないそう。ただし、古い化粧品を使うのはタブー。

ロチェスター大学のメディカルセンター曰く、アイコスメで失明した人もいるそうですよ。まつげにつけるマスカラなんかは、ときを経て菌をかき集めてしまうため、古ければ古いほど汚いということを忘れないで。

09.
眼科の定期検診を受けない

6594929329438720

そもそも眼科に行ったことがない人も多いのでは?

たしかに特に問題がない限り、眼科に行く必要なんてないと思ってしまいますよね。ですが、どんな体の部位とも同じように、やっぱり定期検診を受けて損はなしです。

検診頻度は、年齢によって異なるでしょう。 Prevent Blindness(失明を防ぐ協会)は、65歳以下なら2〜4年に1回、65歳以上なら1〜2年に1回を推奨しています。

10.
すぐ目薬に頼ってしまう

ドライアイや充血には目薬が効きますが、そればかりに頼っているのも良いとは言えません。使いすぎは体内吸収につながるため目に悪い、とClinical Ophthalmologyが発行する調査にも記しています。

どんな目薬を使用していようと、片目に点滴するのは1回までに抑えるのが基本です。それ以上必要な場合は、一度眼科に行って診てもらいましょう。

Licensed material used with permission by Litte Things

【TABI LABOのsarahahができました◎】

・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと

などなど、匿名でポチっと受付中です。こちらからどうぞ

明日からでも、やめましょう。
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
性別や年齢を問わず、私たちを悩ませるもののひとつ「薄毛」。遺伝的な要素ももちろんあるだろう。でも、それ以上に日常生活には、髪の毛へ大きな負担となっている習...
米造形作家による作品です。
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
NYのライフスタイルを中心に情報を発信する「Elite Daily」のライターZara Barrie氏は、30歳を目前にしてさまざまな悪習慣とサヨナラする...
消化器内視鏡専門医の著者・平島徹朗さんは、生きていくうえで大切にしなければならない「生活習慣」をおそろ坂にしている人が多いことを指摘します。健康への意識が...
いつまでも綺麗で滑らかなデコルテで勝負したいものです。保湿ケアやマッサージももちろんの事、実は、睡眠の体勢によって肌へのストレスが変わるもののようです。そ...
自分を変えるためにもいい習慣を身につけたいと思うのに、なかなか身につかない。そう思っているあなた。それはもしかすると悪い習慣が邪魔をしているのかもしれませ...
自分に自信がある人たちは、一体どこがどう違うのか?10の習慣として紹介されているので、さっそくチェックしてみましょう。「I Heart Intellige...
煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
「仕事をサクサク終わらせるのは難しい」。そう思うかもしれませんが、じつは悪い習慣を断ち、良い習慣を身につけることで、意外と簡単に身につけられるケースも多い...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
成功に近づくためには、毎日の習慣が大切です。「Inc.com」のライターNicholas Coleさんは、充実した毎日にするために「今すぐやめるべき12の...
幸せとは、毎日の小さな習慣によって大きく左右されるものです。いま、もしもあなたが幸福感を得られていないとしたら、それはひょっとしたら悪習慣が生活の一部にな...
余裕を持って朝を過ごし、仕事にもプライベートにも取り組みたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさんのアイデアは、カンタンにできちゃ...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
「毎日歯磨きやケアをしているから、虫歯にはならない!」確かにそうかもしれません。でも、それが間違った方法だったら…?歯学博士である滝澤聡明さんの著書『顎が...
朝起きる、歯磨きをする、ごはんを食べる、着替える、仕事へ行く。毎日決まったスケジュールでやっていることはたくさんあります。これ、習慣化していたら考えずにす...
何が自分を不幸にするのかを知ることが、幸せな生活を送るための第一歩。「Power of Positivity」のこの記事には、そうした内容がまとめられてい...
「European Journal of Social Psychology」が「習慣を断つにはどれくらいの期間が必要なのか」について96人を対象に12週...
アメリカ的感覚ではあるものの、女性ライターのRebecca Endicottさんが「Little Things」でまとめたのは、「これはマネしたい!」と思...
本当に優しいのかどうかは、あえて「していない」習慣から見てみよう。蚊帳の外の人を無視する、他人の時間を無駄にする、自分の意見を押し通す等は、本当の優しい人...