朝のルーティンを見直すことが、生活を変える第一歩。

いくら早く寝ても、睡眠アプリを使っても、ベッドから抜け出すことが辛い…。あなたがもしこのタイプだとしたら、「効率的な朝を送ろう!」なんて頭ごなしに勧められても、おそらく「何をバカなことを…アハハ」と笑い飛ばして終わるでしょう。

では、起きるのを億劫に感じてしまうのは、あなたの朝に「ルーティン」が欠けているから、と知ったらどう?

これは、「Inc.」の人気ライターNicolas Coleの主張。とある質問を自分に投げかけることで、夜型の人だって朝の迎え方に変化が起きるかも。

毎朝のルーティンは
この3要素

4999647210766336

たいていの人にとって、朝はこの3つの基本点な要素で成り立っているはずです。

1. 癖付いている行動パターン

たとえば歯を磨くことやシャワーを浴びること。それから今日の服を決めることなど。

2. 朝食

朝食はあなたの生活を特徴づけます。その日のスケジュールの忙しさから、どれだけ健康体であるかも、朝食のとり方を見れば一目瞭然。

3. 情報収集

朝起きたらすぐに音楽をつけるタイプですか?それともシリアルを食べているときはTVを見る派?あなたが起床して真っ先に頭に入れる情報は何でしょう?

人は朝のルーティンを考えるとき、“なぜ”その行動に出るかなんて、意外と考えていないもの。「起きて、シャワーを浴びて、服を着て、スムージー作って、家を出よう」。これが紛れもない朝のルーティンだと思うあなたには、もう一度考えてみていただきたい。なぜなら、動機を持たないルーティンは、本当の意味での「朝のルーティン」ではないから。

そもそもルーティンを生活に組み込むのは、やらないといけないからではなく、繰り返し取り組むことで自分を理想の状態へと近づけていくためなのです。

大事なのは、
“なぜ”そうしているか

6363398916800512

たとえば、あなたが毎朝7時にアラームをセットしている場合。なぜその時間に起きるのかを問いかけてみましょう。

そうすることで理想の睡眠時間がとれるから。この時間はあなたにとって早いですか?それとも遅いですか?遅いと知っていながらも、なかなかベッドから出られないのは、遅くまで働いていたせい?わざわざ早くに目を覚ますのは、早めに仕事を終えたいと思っているからかもしれません。

朝食はスムージーと決めているのなら「なぜスムージー?」と、今一度、自分に問いかけてみましょう。選んでいる具材は「ブレンダーに入るサイズのもの」に絞っていますか?それとも「エナジーチャージができるもの」を選べていますか?ある理想の生活スタイルを目指すため、或いはゴールありきで、あえてスムージーを選んでいるのかもしれません。

朝目覚めてすぐに音楽をつけているのなら、それにも「なぜ?」という質問を。気持ちを入れ替えるためですか?オフィスに行くのが嫌だからでしょうか?一度じっくり考えてみましょう。静かに朝食を食べたり、卵を焼いている間にPodcastを流しておくのもたまにはいいかもしれませんよ。

毎朝、たったひとつ。
自分への問いかけ

4927352979062784

理由や動機を持たない行動を組み合わせただけでは、ルーティンとは呼べません。そのため、とにかく「なぜそうするか」を自分に問いかけてみるところから始めましょう。

真の朝のルーティンは、毎日取り組むごとに何かしら効果が見える行動を選ぶのが◎。理想の考え方や行動を日々ちょっとづつ癖づけていくための「ルーティン」ですからね。

たとえば体力をつけることがゴールなら、そうするために何が必要かを考えて一歩づつそれに近づく方法を考えてみましょう。これこそが、意図のあるルーティンです。

残念なことに「真の朝のルーティン」に従える人は、そう多くはいません。ルーティンと言うよりは「決まったやり方を持っている」と言ったほうが正確かもしれません。

朝目覚める。なんとか体を動かそうとする。仕事へ行く。帰宅する。何かする。そうしてまた寝る……そうする意図は何ですか?目指す先はどこですか?

明日アラームをセットする前に、朝の過ごし方に考えを巡らし、まずは自分自身にこの問いかけから始めてみるのはどうでしょう。

「私は“なぜ”これをしているのだろうか?」

Licensed material used with permission byNicolas Cole
一日の始まりを自分らしいルーティンでスタートさせる、朝の習慣。
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
余裕を持って朝を過ごし、仕事にもプライベートにも取り組みたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさんのアイデアは、カンタンにできちゃ...
科学的に裏付けられた、より良い朝を迎えるための6つの簡単な方法を紹介。
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
早起きをすれば、時間をもっと有効活用できることくらい。寝坊しがちな、私だってわかってるんです。それでもベッドから抜け出せない…。毎晩、明日こそは早起きをと...
まだ2018年ははじまったばかり。何か新しいことをはじめたいと思っている人は、この習慣を取り入れてみては?
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
世界各国の空港の中でもテンション上がるのがここ! KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。まず向かうべきは『Heineken bar(...
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...
朝は、ゆっくり頭を起こして静かに過ごしたい。できればもうちょっと布団の中にいたい…と思いがちですが、朝の過ごし方でその日の生産性が大きく変わってくるかもし...
エンジンがなかなかかかりにくい月曜日にやりがちが、実は仕事の効率を下げていると、ビジネスメディアの「Inc.com」が紹介しています。あなたの月曜日の朝の...
今年こそ朝型人間になる!2017年の目標は早寝早起き!なんて抱負を立ててみたけど、年越しや正月ボケで、むしろ生活リズムは最悪…。そんなあなたに教えたいのは...
朝時間の過ごし方については、さまざまなところで言及されています。ここで取りあげたいのは「bembu」という美容健康情報を発信しているメディアに掲載された「...
1日のうちで最も余裕がない時間帯といえば?「朝」と答える人は多いはず。出勤がギリギリになる時間まで寝て、パタパタと身なりを整えて、朝ごはんは食べずに家を飛...
むつかしい本も、読めるようになった今だから。
『スマホ依存症』って最近よく耳にしますが、常に持っていないと落ち着かない、1日に何時間も画面を見ている、などの症状は、多くの人に当てはまるものだと思います。
ちょっと大胆な発言になってしまうのだけれど、「朝のセックス」ってどうしてあんなに気持ちいいんだろう?大好きな人が目を覚ました時に、隣にいるって本当に幸せ。...
ワークライフバランスという言葉が出てくる時点で、あなたは完璧を追求しすぎていると主張するのは「The School of Life」。多くのことに手を出す...
どれだけ些細なことでも、だれかの優しさに触れると、心はほっこりとするもの。そんな日々の小さなしあわせに気づくのも大事なことですが、自分からそのしあわせを作...
朝起きるのがつらいと悩んでいませんか。朝が苦手な人にとって早起きはつらいものですが、生活習慣を変えていくだけで、スムーズに起きやすくなります。すぐに生活に...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...