睡眠サイクル、年齢から考える「睡眠時間最適ライフ」とは?

疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な社会人には欠かせないものですよね。

そんな睡眠のコツは、眠りに関わる、あるサイクルを意識すること。忙しくて睡眠時間がとれない時や、寝ても怠さがとれない時に、そのサイクルから必要な睡眠時間を割り出せば、ぐっすり熟睡も夢ではありません。

では、いったいどのようなコツが隠されているのでしょうか。そのサイクルと、知っておくべき睡眠時間最適ライフをご紹介いたします。

忙しくて眠るヒマがない時に!少なくとも必要な睡眠時間とは?

眠りのリズムには、脳を休ませる“ノンレム睡眠”と身体を休ませる“レム睡眠”の2種類があります。このふたつが、90分サイクルで繰り返されることで、たまった疲れをリセットしていきます。特に、最初の3時間は、眠りのゴールデンタイムと言われる、ノンレム睡眠の割合が多い時間。この時、成長ホルモンの分泌が活性化し、カラダのあらゆる場所をメンテナンスしてくれるのです。

忙しくて寝る時間が確保できなくても、最低でも3時間眠れば、脳と身体が休まる“健康的な睡眠時間”と言えるのです。

90分サイクルを活用して、睡眠時間を最適にしよう

さて、入眠後3時間を過ぎたあたりから、徐々に“レム睡眠”の割合が増えていきます。すると、身体は休んでいますが、脳は起きているのでスッキリと目覚めやすいそう。寝起きの悪さや、寝てもとれない怠さに悩んでいる方には、理想の睡眠と言えるのでは? このレム睡眠の状態は、90分サイクルを活用すれば、簡単に知ることができます。

では、とるべき睡眠時間はどれくらいかと言うと、まずは入眠から4時間30分後(90分×3)です。次が、6時間後(90分×4)、7時間30分後(90分×5)が目安となります。

このサイクルを狙って起きれば、自分にあった理想の睡眠時間もバッチリ!ただ、年齢や性別によって、90分サイクルにも個人差があるので、起床時間の前後15分~30分で調整してみて下さいね。

年齢によって変わっていく、睡眠時間最適ライフ

Daydreaming Girl

睡眠サイクルを意識することも大切ですが、年齢によっても最適な睡眠時間には違いがあります。例えば、18時間近く眠る新生児期や、12~14時間の睡眠が必要とされる幼児期(~3歳)を見れば、寝る子は育つと言われるのも頷けます。そして、最低でも10時間眠ったほうが良いといわれる学童期を経て、成人以降は、7~9時間が最適とされています。

ところが、30歳をすぎると、睡眠を促すメラトニンの分泌が減少し、寝つきが悪く、さらに夜中に目が覚めてしまうことも。そこで、こだわってほしいのが「睡眠の質」です。

まず見直すべきは、温度や湿度、音、そして明るさなどの環境です。中でも、眠りを促すメラトニンの分泌を止めてしまう、光には要注意。これから眠ろうという時には、蛍光灯から間接照明に切り換え、パソコンやスマホの使用も控えて、メラトニンの分泌を邪魔しないようにしましょう。このような生活改善が、大人の睡眠最適時間を、質のよいものに保つ秘訣なのです。

仕事やプライベートに忙しいからこそ、自分にあった睡眠時間や、質のよい眠りをとって、一日を楽しく過ごしたいもの。そんな毎日のためにも、ぜひ睡眠時間最適ライフを意識してみましょう。楽しい生活はもちろん、眠れない、起きられないといった睡眠ストレスも改善できそうですね!

本記事では推奨されている最適な睡眠時間を専門家インタビューを通して紹介しています。最適な睡眠時間を確保できない場合のリスクや自分にとってのベストな時間を探...
目覚めるタイミングはレム睡眠中が良いとされていますが、それはなぜなのでしょうか?本記事ではそんな疑問を解決できるよう、レム睡眠とノンレム睡眠の仕組みについ...
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
本記事では、睡眠不足が招く健康リスクを専門家にインタビューをし、わかりやすくまとめています。放っておく危険性のほか、睡眠不足の原因や効果的な改善方法につい...
米イリノイ州スプリングフィールドの教育委員会は、リモート授業であってもパジャマで授業を受けることを禁止し、登校時と同じ格好をするよう学生に求めている。
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
世界の成功者たちの睡眠時間をご紹介。あなたの成功への近道になるかも。
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
「IKEA(イケア)」がバンコク発のファッションブランド「Greyhound Original」とコラボし、限定コレクション「SAMMANKOPPLA/サ...
健康にも美容にも、仕事効率にだって大事だと言われる「睡眠」。では実際、どのくらい寝るのがベストなのだろうか?そんなかねてからの疑問をスッキリさせてくれるよ...
ショートスリーパーになって、仕事やプライベートの時間を増やしたいと考える人も少なくないでしょう。本記事ではショートスリーパーになる方法やリスクについて睡眠...
睡眠時無呼吸症候群をチェックするために、「Go2Sleep」は開発されました。指輪型のデバイスをつければ、ありとあらゆるデータを集めて、分析してくれるそうです。
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
「THE CONVERSATION」によると、シドニー大学の准教授Chin Moi Chow氏が、正しい睡眠をとるための方法を科学的にまとめたとのこと。私...
1食3ドルほどとお財布にも優しく、シンプルだけどバランスのいい食事は、思うように外出できないお年寄りから人気が高いとか。
北海道オホーツク海の「流氷」と富山県の雪を採取し、真夏の東京や関東圏で活用・設置することで大気や体感温度がどのくらい下がり冷却効果が見込めるかを測定をする...
中国のある研究では、睡眠時間が精子の減少に関係しているという結果を出しました。そんな中、働く時間の長い日本人の睡眠不足は、必ずしも少子化とは無関係とは言え...
『スタンフォード式 最高の睡眠』の著者・西野精治が開発した脳眠枕「BRAIN SLEEP PILLOW(ブレインスリープピロー)」が先週8日(金)より販売開始。
本記事ではロングスリーパーの原因や睡眠時間を短くする方法について専門家にインタビューを行いわかりやすく紹介しています。他の人よりも睡眠時間が長いことにお悩...
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...
睡眠不足は体に悪いといわれているが、果たして睡眠過多はどうなのだろうか?最新の研究では、8時間以上の睡眠は健康を損なう可能性があるという。一体どういうこと...
心拍数の年齢差に着目し、聞く人の年齢に合わせて作曲したスリーピングミュージック「ねむりの音色 nenone(ねのね)」が、2019年11月25日に公開され...