「コーヒー」で良質な睡眠をとる「睡眠カフェ」がリニューアル!

「ネスレ」が昨年末まで東京・大井町で運営していた「ネスカフェ 睡眠カフェ」が全面リニューアル!拠点を原宿に移し、3月24日(水)より営業を開始した。

15分程度の短い仮眠のまえにコーヒーを飲むことで、ちょうど起きた頃にカフェインが効き、スッキリした状態で起きることができるという仮眠スタイル「コーヒーナップ」をはじめ、良質な仮眠や睡眠のスタイルを提案してきたこのお店。

今回のリニューアルでは、以前のコンセプトはそのままに、より総合的に睡眠について学び、体験できる施設へと進化。

ネスカフェ 睡眠カフェの内装イメージ
©ネスレ日本 株式会社

睡眠の質に着目して開発された食事の提供や、良質な睡眠を支えるガジェットの体験、ハイレゾ音源の自然音など、あらゆる面から良質な睡眠に向けてアプローチしてくれる。

店内環境も、ほかの利用客との接触や人目を気にせず、ゆっくりと過ごせる半個室ブースを4席用意するほか、予約時にはレザーリクライニングチェア、またはソファの選択が可能だったりと、快適に眠れる設備がしっかり完備されている。

なお、コーヒーは、アイスの場合は「ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め ボトルコーヒー」を、ホットの場合は「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」で淹れた「ネスカフェ ゴールドブレンド」が提供されるとのこと。

コーヒーの飲み分けから、フードスリープテックアイテムの体験を通じ、健やかな生活に欠かすことのできない睡眠について考えるきっかけをくれるこの施設。

詳細情報は公式サイトでチェック。

ネスカフェ 睡眠カフェで食べられる「グリルステーキとゴロッと野菜のサラダ」
©ネスレ日本 株式会社
ネスカフェ 睡眠カフェで体験可能な「フィリップス」の「SmartSleep ウェイクアップ ライト」
©ネスレ日本 株式会社
Top image: © ネスレ日本株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事