JR中央線高架下を利用したコーヒーフェスティバル

今も喫茶店文化が根付く中央線沿線。

その路線駅の一つであるJR東小金井駅高架下にある「コミュニティステーション東小金井」では、11月16日(土)〜17日(日)の2日間、この地域の魅力的なコーヒーとお店の情報発信、そして事業者の販売機会の創出による中央線沿線の価値向上を目指したイベント「中央線コーヒーフェスティバル 2019 Autumn」が開かれる。

今回は最大22店舗が出店し、中央線沿線を中心とした地域の個性豊かなコーヒーの飲み比べができたり、焼き菓子やフードの提供、音楽ステージの開催もあるという。(飲み比べチケットは5枚セット税込1,000円。または4枚とオリジナルマグカップのセットで税込2,000円。一杯からの提供もあり)

「株式会社 JR中央ラインモール」では、中央線の沿線価値向上を目指し、三鷹駅~立川駅間において「緑×人×街つながる」をコンセプトとした「中央ラインモールプロジェクト」を推進している。今回のコーヒーフェスもその一環として、同社と「東日本旅客鉄道株式会社」が主催するものだ。

2020年春には、JR東小金井駅~武蔵小金井駅間の高架下に、学生向け賃貸住宅「Chuo Line House KOGANEI」が完成予定で、ますます盛り上がる高架下。

もう「高架下=飲み屋街」のイメージは古いのかも?

©2019 株式会社 JR中央ラインモール
©2019 株式会社 JR中央ラインモール

中央線コーヒーフェスティバル 2019 Autumn

【公式ホームページ】http://chuo-coffee.com/

Top image: © iStock.com/CSA-Archive
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2020年春、JR中央線東小金井駅~武蔵小金井駅間の高架下に、学生向け賃貸住宅「Chuo Line House KOGANEI」ができる。部屋はいくつかの...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...