早く仕事を終えると起こる、4つのイイこと。(研究結果)

おはようございます。週末はどうでした?ゆっくり楽しめましたか?

楽しかったぶん仕事が憂鬱になったり、「早く家に帰りたい」という気持ちが高まりやすい月曜日の朝。だからこそ、“効率”を重視した働き方をいつも以上に意識して、休み明けのモチベーションアップと、タイムマネジメント力を高めるチャンスだと思うんです。

そこで、労働時間を減らすだけで、どれだけいいことがあるかまとめてみました。「帰りたい」という気持ちを、ポジティブに活かしましょう!

労働時間を減らすことを
おすすめする4つの理由

01.
人生の満足感があがる

労働時間が少ない人の方が「心に余裕があり、人生に満足している」ということは、マサチューセッツ大学の研究によって明らかになっています。ドイツでは世論調査を行い、1日のなかで人は何に最も幸福を感じているかを分析したところ、1位が「心を許せる人がいること」で、そのあとに「人とのコミュニケーション」や「リラックス」している時間。下位が「仕事」、「通勤」でした。

早く仕事が終われば、そのぶん好きなことに当てられる時間が増えるため、お出かけをしたり、新しい人との出会いがあることで視野も広がります。同時に、仕事に対しての向上心もUPするでしょう。

02.
家庭が円満になる

労働している時間と、家庭での時間。これは、切っても切れない関係と言えるでしょう。残業が減り早く家に帰ることができれば、育児のサポートや、家事を手伝う男性も増えるはず。短時間労働の国は、男女平等な社会構造であることが多いのです。

03.
温暖化対策に繋がる

もし世界的に「短時間労働週間」を実行することができれば、なんと今世紀に排出されるCO2の半分を削減することが出来ると言われています。

そもそも、温暖化問題がここまで深刻になってしまったのは、石炭や石油などの化石燃料を利用することによってエネルギーを大量に消費し、文明を発展させてきた代償。経済成長に伴って放出されるCO2(二酸化炭素)などの温室効果ガスが地球を暖め、今日の地球温暖化問題を引き起こすこととなっています。

開発教育協会の発表より

そして『Nature』で発表された研究によると、エネルギーと食料、水に関する分析をした結果、環境問題によって産業に規制がかかっても、今なら経済成長は維持できることを明らかにしています。

04.
事故の確率が下がる

当然ですが、連勤や長時間の労働は交通事故の確率を高めます。チェルノブイリの事故など、大きな事件の裏には「過度な労働によるケアレスミスが関係している」と言われています。また、IDEAS.TED.COMによると、過去10年間で問題を起こし倒産した会社は、残業時間が著しく長かった傾向にあるそう。

PCでの作業などは特に、長時間小さな画面を見つめていることで視野が狭くなったり、疲れで視界が霞むこともあるため、必然的に事故を引き起こしやすい状態になるのです。

今の時代は、
8時間じゃなくて“6時間”労働!

そもそも「1日8時間、週に40時間労働」が効果的と言われていたのは、1世紀も前の話で、産業革命時代に考え出されたもの。工場で働く人たちの肉体労働の時間を短くすることが目的で、科学に基づいているわけではないのです。今の時代は肉体労働がベーシックというわけでもなく、当時とは全く環境が違います。

スウェーデンなどの欧州ではすでに、6時間労働を徹底させたことで従業員の病欠が減ったり、利益とともに向上心もアップしたという成功例がいくつもあります。その代表例がヨーテボリにある、トヨタ・サービスセンターだと言われていて、13年前に「6時間勤務」にシフトしていたのです。

すぐに労働時間を変更するのは難しいかもしれないけれど、残業をせずに“効率化”を目指す気持ちを高めていきましょう!それだけでもきっと、変わることがあるはずです。

オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
目の前のタスクに必死になり、帰宅後はクタクタ。そのままベッドに横たわり、つい寝てしまう…。もしも、ただただ忙殺されているとしたら、この記事をヒントに「忙し...
グローバル経済の時代、「働き方」も目まぐるしい変化を遂げている。ブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの労働までもが国境を越えるようになった。この先も、自...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
あなたが一番仕事に集中できる時間は何時頃だと思いますか?ここで紹介するのは「起きてから3時間が、一番効率良く仕事ができる」という話。一度は聞いたことがある...
「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
4月20日に発売されたばかりの『人生やらなくていいリスト』の著者である四角大輔さんは、元大手レコード会社勤務のアーティストプロデューサー。本書では、彼のサ...
おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知られている。OECDのデータによると、20...
日々、超多忙そうな弁護士という職種。彼らならばこその仕事の効率化。考えさせられます。
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
働く場所に縛られない「リモートワーク」は、企業側の心配をよそに、とても効率的だという研究結果があるそうです。「mental floss」の記事によれば、社...
「実際は3時間しか集中して働いてない」なんて言われたら、毎日残業している人は、異論を唱えたくもなるかもしれません。でも逆に8時間ずっと集中して仕事だけをし...
口には出さないけれど、「生理は仕事に影響する」と感じている女性は多数いるのだと伝えているオーストラリアの調査がある。その割合は、1,000人以上の女性に対...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...