「スマホから離れる=アフリカに木が増える」という優しい革命。

2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。

日本でも注目を浴びていて、App Storeのランキングで1位になっていたこともあるから、使ったことある、持ってるよ、という人も多いと思います。と言っても、ひと通りブームが過ぎてしまい、最近ではめっきり聞かなくなってしまっていたので、「なんだっけそれ?」という人のために、まずは簡単に説明を。

スマホから離れると、
アフリカに「木」が増えます。

まずは10分〜120分の間で、自分が「スマホを触らない」と決めた時間を設定します。最初に映し出されているのは、この小さな新芽。

今回は、60分で設定しました。スタートを押すと「Go back to your work!」とメッセージが。言語設定で日本語にも出来るので、「携帯見ないで、他のことをしな」「仕事をしなさい!」と、誘惑に負けそうになると喝が入ります(笑)。

設定した通り、1時間スマホに触れることなく達成すると、こんなふうに新芽から立派な木になるのです。そしてご褒美に、左上に表示されるコインをもらえるのです。

もし誘惑に負けて時間を達成する前に触ってしまうと、成長途中だった木が、一瞬にして枯れてしまうという悲しい状態に……。

これだけの機能だったら、ダウンロードして3日もすれば飽きてしまう人も多いと思うんです。育てるにしても、世話するたびに懐いてくれたり、おしゃべりできるようになる<わんこ育成ゲーム>のほうが癒されるし。

でも、タイトルの通り『Forest』はそれだけじゃない。

コインを2,500枚獲得すると、実際にインドやザンビア、アフリカ諸国へ送る「木」と交換できるのです。依存症や、歩きスマホの事故を防ぐ、自分のためだけではなくて、それが世界の誰かのためになる。

あらためて、シンプルだけど能率的なアイディアですよね。

画像では、全ユーザーから7,540本の木が植えられたと表示されているけれど、2017年11月現在では、なんと20万本を突破しています!

11月13日は、日本人が制定した
“世界への優しさを考える日”

何年も前にリリースされたアプリを、どうしてこのタイミングで紹介するのか?という答えがこれ。11月13日は、より親切で思いやりのある世界を築くことを目的としてつくられた、「世界親切デー」なんです。

365日のなかで、いつもより少しだけ他の人への優しさについて考えてみる。20年前、そんな1日をつくろうと世界に提案したのは、じつは日本人だった!大きなムーヴメントにするために、各国の団体に声を掛けることから始まり、今では30ヶ国以上が加盟している<World Kindness Movement>という組織になっています。

日本人が中心となって国際的に制定した「親切の日」に、いつもの生活空間にいながらも、なにか世界にできることってないのかな〜と考えてみたときに、浮かんできたのが『Forest』。

特別大それたことではなくて、<スマホ依存を防ぐため>というコンセプトのライトさもいい(笑)。自分のためであり、誰かのため。使うのは誰もが持っているスマホだし、10分で始められるんだもの。


App Store / Google Play

 

Licensed material used with permission by Forest,
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
2019年10月、ルワンダで史上初となる「完全アフリカ製」のスマホ「Mara Phone」がリリース。
スマホを持ち歩かずにSpotifyの音楽を楽しめるプレーヤー「Mighty」の販売が開始された。
「Air Throne」は、持ち運び便利なエアーソファ。最大のポイントは、空気を入れる手軽さ。内蔵されているマイクロポンプに、スマホを接続するだけ。たった...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
11月初旬、「アドビシステムズ」はスマートフォン向けカメラアプリ「Adobe Photoshop Camera」のリリースを発表した。
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
『スマホ依存症』って最近よく耳にしますが、常に持っていないと落ち着かない、1日に何時間も画面を見ている、などの症状は、多くの人に当てはまるものだと思います。
取っ手部分にスマホがカチッとくっつく「スマホ傘」。傘を使いながらスマホが操作できるほか、傘部分をバッグにしまえばハンズフリーのスマホスタンド、逆さに持てば...
フォトグラファーのヨシダナギさんがNAKEDとともにつくりだした空間は、彼女がアフリカで見た景色や人、動物を音や映像などで表現している。西武渋谷店A館で、...
「江崎グリコ株式会社」が期間限定でリリースしたスマートフォンアプリ「ポッキー花火!」は、AR技術を介してポッキーをスマホで読み込み、そこに花火を再現すると...
スマホを使ったことがある人なら、一度は落下させたことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目が、ちょっとヤボったいし、スタイリッシュじゃない。...
10月2日、SDGsを達成するためにさまざまな活動をおこなっている「The Global Goals」が、映画『トレインスポッティング』のモノローグを題材...
「アダストリア」より、取り外しができるヒートシステムを搭載し、37℃〜53℃の温度調整が可能なウェアラブル衣料「A-WARMER」が登場。
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
サンワサプライから、「ERD-M○○○○○LM/M/Wシリーズ」というデスクが発売されました。これ、スマホからでも高さをコントロールできるというのがポイン...
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
9月10日、「Polaroid Originals(ポラロイド・オリジナルズ)」が新作製品としてスマホ用プリンター「The Polaroid Lab」を販...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...