「スマホから離れる=アフリカに木が増える」という優しい革命。

2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。

日本でも注目を浴びていて、App Storeのランキングで1位になっていたこともあるから、使ったことある、持ってるよ、という人も多いと思います。と言っても、ひと通りブームが過ぎてしまい、最近ではめっきり聞かなくなってしまっていたので、「なんだっけそれ?」という人のために、まずは簡単に説明を。

スマホから離れると、
アフリカに「木」が増えます。

まずは10分〜120分の間で、自分が「スマホを触らない」と決めた時間を設定します。最初に映し出されているのは、この小さな新芽。

今回は、60分で設定しました。スタートを押すと「Go back to your work!」とメッセージが。言語設定で日本語にも出来るので、「携帯見ないで、他のことをしな」「仕事をしなさい!」と、誘惑に負けそうになると喝が入ります(笑)。

1ca93c48b53e1ff4074f51e630f2116dcbdcc2f4

設定した通り、1時間スマホに触れることなく達成すると、こんなふうに新芽から立派な木になるのです。そしてご褒美に、左上に表示されるコインをもらえるのです。

Ab8d6df55da93d3f0853b3051dd62a4517c0b801

もし誘惑に負けて時間を達成する前に触ってしまうと、成長途中だった木が、一瞬にして枯れてしまうという悲しい状態に……。

18b4195ed263246ecc2741feac94ad8ad75f8c92

これだけの機能だったら、ダウンロードして3日もすれば飽きてしまう人も多いと思うんです。育てるにしても、世話するたびに懐いてくれたり、おしゃべりできるようになる<わんこ育成ゲーム>のほうが癒されるし。

でも、タイトルの通り『Forest』はそれだけじゃない。

コインを2,500枚獲得すると、実際にインドやザンビア、アフリカ諸国へ送る「木」と交換できるのです。依存症や、歩きスマホの事故を防ぐ、自分のためだけではなくて、それが世界の誰かのためになる。

あらためて、シンプルだけど能率的なアイディアですよね。

5de8785439ad05f7a6d5fd261b7ec746b6056726

画像では、全ユーザーから7,540本の木が植えられたと表示されているけれど、2017年11月現在では、なんと20万本を突破しています!

11月13日は、日本人が制定した
“世界への優しさを考える日”

C2b6d16f7aa7aac9129ee5f61fd464b2d5fd0a40

何年も前にリリースされたアプリを、どうしてこのタイミングで紹介するのか?という答えがこれ。11月13日は、より親切で思いやりのある世界を築くことを目的としてつくられた、「世界親切デー」なんです。

365日のなかで、いつもより少しだけ他の人への優しさについて考えてみる。20年前、そんな1日をつくろうと世界に提案したのは、じつは日本人だった!大きなムーヴメントにするために、各国の団体に声を掛けることから始まり、今では30ヶ国以上が加盟している<World Kindness Movement>という組織になっています。

日本人が中心となって国際的に制定した「親切の日」に、いつもの生活空間にいながらも、なにか世界にできることってないのかな〜と考えてみたときに、浮かんできたのが『Forest』。

特別大それたことではなくて、<スマホ依存を防ぐため>というコンセプトのライトさもいい(笑)。自分のためであり、誰かのため。使うのは誰もが持っているスマホだし、10分で始められるんだもの。


App Store / Google Play

 

Licensed material used with permission by Forest,
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
『スマホ依存症』って最近よく耳にしますが、常に持っていないと落ち着かない、1日に何時間も画面を見ている、などの症状は、多くの人に当てはまるものだと思います。
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
平成の終わりとともに迎えた、平成ポップカルチャーを支えた5人の解散。「終わり」というものを、きっといろんな人が、様々なかたちで意識した。
スマホを使ったことがある人なら、一度は落下させたことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目が、ちょっとヤボったいし、スタイリッシュじゃない。...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
Pornhubへの流入が、通常時に比べて21%も増えた時間帯があったのだとか。
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
クロアチアの“海底ワイナリー”「Edivo Vina」。普段は一般公開されていませんが、今なら期間限定で行くことができます。11月まで!
たった1日。スマホを触らずにいるとどうなるのか。ライターのBlair Thillが具体的に自身の体験を記録しました。内容は、電池切れになったときに起きるよ...
新しいiPhoneシリーズに搭載された「感圧タッチ(Force Touch)」機能には、まだ見ぬ可能性が潜んでいたようです。なんと、画面の上に置いたモノの...
現在、世界の人口は約72億人。そのうちの約60億人が持っているとも言われるケータイ電話。水洗トイレを使っている人が45億人であることを考えると、爆発的な普...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
特徴は、スマホの背面に貼るシールタイプというところ。これまでのスマホスタンドは、専用の台に置いて使う式かバンガーリングで支える式のモノだったので、新しいデ...
スマホのサイズが大きくなってからはバンガーリングや、チェーン付きケースのように、+αで工夫するアイテムも増えているけれど、YANKO DESIGNの「スマ...
タカラトミーが12月に発売したプリンタおもちゃ「プリントス」は、電池もアプリも不要で、スマホに写った画像をその場でチェキ化可能な衝撃商品。味のある仕上がり...