「草刈り機 VS 大鎌」の草刈り対決!圧倒的すぎる大鎌のパフォーマンスに一同騒然・・・

信じられない対決の様子を撮影した動画がある。それは、まるでお伽話にでも出てきそうな大鎌とエンジンで動く草刈機の草刈り対決!

手で草を刈るより、草刈り機の方が当然早いでしょう…と思いきや、まさかの大鎌の活躍が半端ではない。この動画、必見だ。

スタート時、まだ草刈り機は余裕をかましている。しかし、大鎌のスピードは一向に衰えることがなかった…。

バッサバッサと刈っていく。

85singo_スクリーンショット 2015-06-27 23.58.20

「ふんっ」

85singo_スクリーンショット 2015-06-27 23.59.27

85singo_スクリーンショット 2015-06-27 23.59.00

「ふんっ!」

85singo_スクリーンショット 2015-06-27 23.59.49

85singo_スクリーンショット 2015-06-28 0.01.01

「どりゃっ!」

85singo_スクリーンショット 2015-06-28 0.05.44

ご覧のとおり、草刈り機はまったく大鎌に追いつけていない!それもそのはず。この大鎌を操る男性は、試合の行われた「ウェストカントリー大鎌フェスティバル」の目玉イベントである大鎌選手権の王者として、長きにわたり君臨しているSimon Damant氏なのである。

そもそも、なんでこんな大会が存在するのかと驚く人もいるだろう。しかしこれ、至ってマジメな農業用の大鎌の祭典なのだ。イギリスやアイルランドには大鎌協会という団体があり、昔ながらの大鎌は草刈り機のような騒音もなく、ゆっくりと楽しみながら草刈りが出来るとあって根強い人気を誇っている。

一見すると簡単そうにやってのけているようにも見えるが、これが意外と難しいのだそう。チャンピオンDamant氏だからこそ成せる驚異的なスピードなのだ!

日本で一般的に見られる、片手サイズの鎌とはだいぶ雰囲気が違い、まるで死神のようでさえある。が、その実力は本物。動画の圧倒的なパフォーマンスを目の当たりにすると、なんだか一度やってみたくなる!?

Licensed material used with permission by Jukin Video

大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
ヘナタトゥーアーティストAzra Khamissaさんが肌を染める作品はラインやドットによるデザイン。曼荼羅とは違う味があるのが魅力です。
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
エチオピアのファッションブランド「MAFI MAFI」の洋服は、伝統的な生地や製法が使われていますが、従来のアフリカファッションのイメージに比べるとカジュ...
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
音楽フェスや各種企業プロジェクトなどに自身の作品提供を行っているDaniel Popperさん。スチールや木材、ロープ、トイレットペーパーの芯などを使って...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
カンボジアでは、20数年にも及んだ内戦とその後の混乱により、たくさんの人が傷つき、文化や財産が失われました。伝統的な絹織物も、そのひとつ。カンボジアのNG...
インドのEDMフェス「Magnetic Fields Festival」の開催地は、ラジャスタン州にある宮殿。2013年にスタートしたこのフェス。宮殿での...
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
2020年12月29日、中国のIT企業に勤めていた23歳の女性が急死しました。毎日のように続いていた長い残業のせいで。この不幸なニュースは一気に同国で話題...
ブルガリアの山中にある小さな村で開催される「Meadows In The Mountains」は、数日かけて開催される音楽フェスでありながら、ヨガやアーユ...
兵庫県西播磨の伝統工芸「藍染、草木染め」を施したジャパンメイドのエコラップが登場。
インド南部バンガロールで夜通し行われる「Fireflies Festival of Music」。この音楽フェスの一番の特長となるもの、それは「ホタル」。...
1000年以上も前から続く伝統的なタトゥーを引き継ぐのは、カリンガ州にあるブスカラン村に住むWhang Odさん。100歳になる世界最年長の彫り師であり、...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
「STANLEY」が「WIND AND SEA」とコラボレーション。
およそ2000年前、ヴェスピオス火山の噴火で灰に埋もれてしまった南イタリア・ポンペイのとある遺跡。その遺跡は2019年に一部が掘り起こされ、約2年かけて全...
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。NIKE、のがちゃんねる、ブスの美ボディメイクのYouTubeアカウントから配信されている無料...
驚異的なパフォーマンスにはビックリで、アクロバティックな演奏がスゴい!
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
インド政府は国内およそ7000の駅構内におけるプラスチックカップの提供を中止し、代わりに焼き物の「クルハド」を用いることを発表した。
スリランカ最南端の町マタラの海岸線。水平線の向こう、足早に落ちていく太陽が、とき色に空を染めている。浅瀬に突き立てた棒の上で男たちは、指先に伝わるかすかな...