「草刈り機 VS 大鎌」の草刈り対決!圧倒的すぎる大鎌のパフォーマンスに一同騒然・・・

信じられない対決の様子を撮影した動画がある。それは、まるでお伽話にでも出てきそうな大鎌とエンジンで動く草刈機の草刈り対決!

手で草を刈るより、草刈り機の方が当然早いでしょう…と思いきや、まさかの大鎌の活躍が半端ではない。この動画、必見だ。

スタート時、まだ草刈り機は余裕をかましている。しかし、大鎌のスピードは一向に衰えることがなかった…。

バッサバッサと刈っていく。

85singo_スクリーンショット 2015-06-27 23.58.20

「ふんっ」

85singo_スクリーンショット 2015-06-27 23.59.27

85singo_スクリーンショット 2015-06-27 23.59.00

「ふんっ!」

85singo_スクリーンショット 2015-06-27 23.59.49

85singo_スクリーンショット 2015-06-28 0.01.01

「どりゃっ!」

85singo_スクリーンショット 2015-06-28 0.05.44

ご覧のとおり、草刈り機はまったく大鎌に追いつけていない!それもそのはず。この大鎌を操る男性は、試合の行われた「ウェストカントリー大鎌フェスティバル」の目玉イベントである大鎌選手権の王者として、長きにわたり君臨しているSimon Damant氏なのである。

そもそも、なんでこんな大会が存在するのかと驚く人もいるだろう。しかしこれ、至ってマジメな農業用の大鎌の祭典なのだ。イギリスやアイルランドには大鎌協会という団体があり、昔ながらの大鎌は草刈り機のような騒音もなく、ゆっくりと楽しみながら草刈りが出来るとあって根強い人気を誇っている。

一見すると簡単そうにやってのけているようにも見えるが、これが意外と難しいのだそう。チャンピオンDamant氏だからこそ成せる驚異的なスピードなのだ!

日本で一般的に見られる、片手サイズの鎌とはだいぶ雰囲気が違い、まるで死神のようでさえある。が、その実力は本物。動画の圧倒的なパフォーマンスを目の当たりにすると、なんだか一度やってみたくなる!?

Licensed material used with permission by Jukin Video

大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
カンボジアでは、20数年にも及んだ内戦とその後の混乱により、たくさんの人が傷つき、文化や財産が失われました。伝統的な絹織物も、そのひとつ。カンボジアのNG...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
1000年以上も前から続く伝統的なタトゥーを引き継ぐのは、カリンガ州にあるブスカラン村に住むWhang Odさん。100歳になる世界最年長の彫り師であり、...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。
スリランカ最南端の町マタラの海岸線。水平線の向こう、足早に落ちていく太陽が、とき色に空を染めている。浅瀬に突き立てた棒の上で男たちは、指先に伝わるかすかな...
「伝統文化の継承が危惧されている」、近年はそんな話をよく耳にする。要因はさまざまだろうが、この記事のテーマとなる「鬼瓦」は、生活様式が多様化したことの影響...
エンターテイメント大国のアメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
エチオピア・ナミビア・ケニア・インド・中国の部族を探し求めて旅をする写真家のTerri Gold。彼女は、現代に残った「ごくわずかな伝統」を目にしてきた。...
モロッカン陶器ができるまで幾何学模様の組み合わせでできたゼリージュや鮮やかな色……日本でも人気の高いモロッカン陶器。フェスは陶器の代表的な産地だ。「フェス...
明日は失敗できないプレゼンが、大事な試験が控えている…。ガツンと気合を入れておきたい前日の夜は、にんにくをベースにしたスープ「チェスネチュカ」はいかでしょ...
映画『ゴッドファーザー』で毒殺の小道具に使われるなど、ストーリーの要所でカギを握るのが、このシチリア伝統菓子「カンノーロ」。夏のデザートとして最高ですよ。
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
堀田昌意さんのインタビューの後編では、農業にのめり込んだきっかけ、堀田さんが考える農家のあり方、そして今後どのように発展、成長していきたいかなどをお聞きし...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
私の中で刺青イコール怖い人のイメージがある。だけど、アーティストのFabio Vialeの彫刻は、刺青は日本の誇れる伝統芸術であることに気づかせてくれた。...
アメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、伝統工芸品分野で異例の1400万円の調達に成功した「Haori Cup」を紹介。軽くて...
伝統工芸の技術をいかし、竹で作った「Hazang」は、控えめだけれどモダンなデザインで、お部屋の内装を問わず、いい音を届けてくれます。スマートフォンやタブ...
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...
農業ブームなんて言葉もありましたが、いまだに「大変そう」「汚れそう」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、そういったイメージを覆して「...
集団行動がパフォーマンス?と思う人も多いかも知れません。が、YouTubeでは毎年話題!文字通り集団で行動することを指しますが、厳しい訓練のもと、針の穴に...