自分にとって心地のいい環境にとどまるべきか、抜け出すべきか。「3つの質問」

「コンフォートゾーン」。つまり、自分にとって居心地の良い環境を意味する言葉ですが、勇気を出してそこから抜け出すべきだ、という記事をよく見かけます。現状の自分を変える、という意味でとても広義に使われます。

確かにそれも、キャリアを一歩先に進める上では重要なことですが、いつどんな状況でもコンフォートゾーンから抜け出すことが正解なのでしょうか?

D97a357d50fae376e52427267de60c3c8a088441

たとえば、新しいステージに挑戦するにしても、適切なタイミングというものがあります。ハーバードビジネスレビューの教授、Andy Molinsky氏によると、コンフォートゾーンにいることが正しいのか、もしくはただ守りに入っているだけなのか、を自分自身にしっかりと問いかけることが大切だといいます。

「準備できてる?」

まず、会議の場で発言する自分の姿を想像してみてください。コンフォートゾーンを突き破るためには、その発言を裏付けるデータはあるのか、他人の意見を真似していないか、いきなり重大な場で発言しようとしていないか、などをチェックしてみましょう。

その場で言葉を探しているようではダメです。行き当たりばったりではなく、まずは少人数のミーティングなどから練習をすることが大切になります。

「本当に興味ある?」

たとえば、あるスピーチを聞いて質問をするとき。一度こう考えてみましょう。「それは、本当に自分が聞きたいことなのか?」。

あなたがそのスピーチに関する研究をしていたり、興味があるなら問題はありません。ですが、その内容についてあまり知らないのに質問するのは、あまり好ましくありません。

ここでアドバイスしたいのは「興味がないこと」は便利な言い訳になる、ということ。あまり詳しくないことを無理に質問するぐらいなら「興味がない」とはっきり言ってもいいのです。

「タイミングは合ってる?」

たとえば、あなたが何か事業を始めたいと思ったとき。十分な時間の余裕がなかったり、宣伝するためのスキルが足りなければ、それはまだふさわしいタイミングではないのかもしれません。まずは、それを達成するためのスキルを身に付け、準備をしてから始めましょう。

居心地がいいのは、悪いことじゃない

今の場所(ポジション)が「一番居心地がいい」と思うこと自体は、決して悪いことではありません。そして、勇気を出してコンフォートゾーンを抜け出すことだけが、常に正しい選択というわけでもありません。上の3つの質問を自分自身に投げかけて、それでも本当に抜け出すべきだと思ったときこそ、コンフォートゾーンから抜け出せばいいのです。

Licensed material used with permission by Harvard business review・Andy Molinsky
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。フツーのキャリアから始...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
成功をしている人たちは失敗ばかりしている、全知全能であって、天性のリーダーシップがあるなど、は誤解であり、そのように信じていることが、自分の成功の機会へ遠...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
ビジネスの場面でここぞという時に役立つのは、何と言っても「自信」ですよね。せっかくならば、絶対に揺らぐことがない強い自信をつけましょう。この8つの事を習慣...
ビジネスソリューションを生み出すアイデアに長け、これまで多くのビジネスリーダーにアドバイスをしてきたGordon Tredgold。長年のキャリアのなかで...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...
あるチームを“Fortune 100”に導いた経験もあるGordon Tredgold氏は、成功への秘訣を「Inc.」で紹介しています。意識をすれば、自分...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
一世代で成功を掴んだ億万長者はみんなエリート、と思いがちですが、実はみんな成績優秀ではなく、中間層や貧困層が出身が多いそう。それは、努力することと苦労や困...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
もしもあなたの上司が「クリエイティブに、かつ生産性を上げるんだ!」と無理難題を押し付けてきたら、この話を投げかけるといいかもしれません。あなたを援護射撃し...
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
世の中は1%の大成功者と99%の凡人たちで構成されている。とはいえ、肩を落とすことはない。自分の「特性」とおかれた「環境」を理解できれば、間違いなく成功で...
ビジネスリーダーや先駆者たちの情熱を代弁し、これまでにのべ250社以上の従業員育成マニュアルをゴーストライターとして書き上げ、自らも50冊以上のビジネス書...
出会ったばかりの人なのに、相手にすぐ覚えてもらえる人っていますよね?それってビジネスシーンだとかなり得。次に会った時も、声をかけられやすいですしね。という...
アメリカで広がる大麻合法化の流れをうけて、前回はその税金の使われ方やテクノロジー業界の大麻ビジネスについて紹介した。今回は、急増する大麻サービスに触れつつ...