「文化であり生きかたそのもの」ヒップホップを徹底保存するミュージアム

マイク一本と刻むビート、溢れ出る語彙力で対戦相手を煽り、多くの聴衆を魅了する──。現在、音楽業界を席巻する一大ムーヴメント。欧米のみならず、日本でも若者世代を中心に、“日本語ラップ”が再熱しています。

国境を超えて進化を遂げてきたヒップホップ。では、私たちはどれくらいヒップホップの発祥や歴史について理解しているのでしょうか?

この度、ヒップホップの歴史や伝説などをめぐる大規模な博物館が、ニューヨーク市ブロンクス地区に建設される予定だとか。

ヒップホップ文化の“メッカ”

E36035ccaf5e84f25aefde5ebcff4877fcaacd10

現地時間9月22日、ニューヨーク市議会が発表したのは、ヒップホップ発祥の地ブロンクス地区の河岸埋立地に建設される複合施設にできる『Universal Hip Hop Museum』の草案。完成予定は2022年で、約300億円以上の投資される一大プロジェクトだとか。

博物館のミッションは至ってシンプル。それはヒップホップ文化を保存し、世界中のオーディエンスに教育の場をつくること。ミュージアムの会長でもあり、初の商業的に成功したラッパーとして有名なKurtis Blowは今回のミュージアム建設への意欲を語ります。

「ヒップホップ文化を存続するために最も重要なプロジェクトとなるだろう。この新しい文化施設が、NYCやブロンクス地区を訪れる人たちの新しい観光地にもなることも楽しみ。ヒップホップシーンの“メッカ”となり、私や他のレジェンドたちの伝説も常設されるのはとても光栄なこと」

Google社などのIT関連の企業とパートナーシップを組み、 VRを利用し、ヒップホップの歴史にタイムスリップできるような体験をするサービスも展示される予定。

世界を魅了する
ヒップホップ

094405b68597ceeb1a770d6fcaea8888c446914f

ヒップホップの勢いが世界的に増しているのは周知の事実。人気絶頂のラッパー、ケンドリック・ラマーは、今年5月発売のアルバム『DAMN.』から5曲も人気ストリーミング曲トップ50に入るという快挙を達成。その人気を証明しています。

新しい音楽の分配としてストリーミング配信は今のブームに貢献しているという見方も。柔軟性が求められるヒップホップ文化にストリーミング配信の方法がマッチするということもあり、ヒップホップがメインストリームジャンルへと駆け上がったのかもしれません。

アジアもヒップホップブーム。日本のみならず、韓国、中国、インドネシアなどでも広がり、英語と母国語を巧みに使うパフォーマンスに魅了される若い世代が増加中。また、アジア人ラッパーたちの欧米への流入も顕著。アメリカで始まった音楽が、逆輸入として進化し、大きく受け入れられているのかもしれません。

ブームの背景にみるヒップホップの紀元や哲学。それをどこまで理解しているのか。ミュージアム建設により、それを体感できる場ができたのは、いちファンとしても嬉しい限りです。

Licensed material used with permission by The Universal Hip Hop Museum, (Facebook), (Twitter),
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」が重版決定!著者にお話を聞いた。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
バイオメトリック認証は、MLBの試合が行われる一部の球場でも採用されるようです。
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」の重版が決定!著者にお話を聞いた。
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。気になるあの人のラック&リコメンド盤3枚をご紹介していきます。
ビースティ・ボーイズを代表する1曲といえば、『サボタージュ(Sabotage)』。今でもジャンルを超えて、様々なアーティストやバンドにカバーされているほど...
こんなにクールな卒論、聞いたことない。小説や詩集、脚本など、様々な創作品を論文として提出できるという、ハーバードの英文学科。ここに所属する学生Obasi ...
この日は、2015年5月4日に亡くなったヒップホップミュージシャン、D.LことDEV LARGEの1周忌を記念して、彼と縁の深かった友人や知人、音楽ファン...
スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...
蛍光グリーンのブルゾンに、作業用の保護メガネ、胸元にはゴールドのブリンブリン。どこからどう見てもラッパー風情のこの男(Ian Solomon-Kawall...
ニュージーランドの東側、オークランドからフェリーで35分ほど行った先に、自然豊かなワイヘキ島があります。ビーチとブドウ園に囲まれたのどかな場所。そこで暮ら...
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
舞台は“どん底”と言われるロサンゼルス郊外の街イングルウッド。ヒップホップの全盛期とされる「90年代」が好きすぎる現代のオタク少年マルコムは、ある時イケて...
Yung Lenoxが絵を描き始めたのは5歳から。6歳にしてニューヨークで最初の展示を成功させ、8歳までに1000枚以上のプリントを売った。彼を追ったドキ...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
ヒップホップやスケーターカルチャーとリンクした、少しルーズな服装を好む人々にとっては心外な法律である。いわゆる「腰パン」が、アメリカの一部地域で違法となっ...
これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
世の中にあるのは、敷居が高くてアカデミックなミュージアムばかりではありません。世界各地に、目を疑いたくなるような「ナゼ?ナニ?」を収集、展示したヘンテコな...
10月22日(日)から、東京・渋谷で実に1ヵ月にわたって「RED BULL MUSIC FESTIVAL 2017」が開催される。まだその全貌は明らかにさ...
■Twerk Dance(トゥワークダンス)とはアメリカで今大流行しているtwerk(トゥワーク)ダンスをご存知だろうか。足を大きく広げ腰を低く落とし、音...