ライブペイント・プロジェクションマッピング・音楽「透明回線」

プロジェクションマッピングと聞いても、もう目新しさは感じなくなりました。けれど、それを応用した演出は次々と使われ始めているようです。

大阪に「透明回線」というチームがいます。彼らは、ライブペイントで描いたグラフィックに、映像・音楽を掛けあわせる集団。

映像は、ドローイングと同じく、作品を描いたり、空間を演出したりするための一つの手法として使われるようになりました。まるでキラカードみたいだな、なんて個人的な話はさておき。作品画像をいくつか紹介します。

この部分的な映像演出を見て思い出すのは、ダイハツ・トーテム。傾斜のあるステージに波の映像を投影して、まるでそこにビーチがあるかのように見せたシーンがありました。砂浜には、動物に扮した演者が寝転がっていたり、傾斜を下ったところには船が置かれたり。

打ち寄せる波の映像が使われたのは、会場全体ではなくほんの一部。ストーリーは舞台上にある人・モノ・音など、全体のバランスによって構成されています。

3人の中でも、その思いは同じだそう。ライブペイント・プロジェクションマッピング・音楽、どれも演出の一つ。よりインタラクティブな体験ができるように、Kinectのような声や動きをキャプチャーする機能や、立体音響、VRの活用を視野に入れていますが、最新テクノロジーにはこだわっていないとコメント。「透明回線」はその実験をするための場だそうです。

2016年8月には、和歌山白浜で一週間にわたって、大きいサイズのライブペイントやプロジェクションマッピングショーがあるとのこと。年末は、大阪心斎橋「digmeout ART & DINER」で個展を予定。また、新しい表現に出会えるかもしれませんね。楽しみ!

Licensed material used with permission by 透明回線
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
2015年からニューヨーク州で年に一度行われているイベント「LUMA」。目玉となっているのはプロジェクションマッピング。街の市役所や裁判所の建物に投影され...
7月10日から12日にかけて、アメリカ・ミズーリ州セントルイスとテネシー州ナッシュビル、インディアナ州インディアナポリスにて、ドライブインライブが開催され...
世界でもっとも華やかなボディペイントを決める国際大会「The World Bodypainting Festival」が、6月の終わりから7月にかけて開催...
LGBT先進国ともいわれるタイから、ジェンダーレスなアパレルブランドが日本に初上陸。その独特なストリートウェアのビジュアルが20〜30代を惹きつけて止まな...
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
あらゆるものを透明にできる光線をオーストリアのウィーン工科大学が開発し、コンピュータシミュレーションを成功させた。光線を当てたものの性質を変え、光を屈折さ...
「POSCA」を使ってゴッホの代表作「星月夜」をマスクに描くオンラインイベント「POSCAペイントパーティー」が10月3日に開催される。
和紙のような、プラスチックのような、布のような……。すべての合間をとったようなこの素材の正体は、なんと革。これは世界初の半透明な牛革でつくられたコレクショ...
7月19日(日)19:00より「ニュージーランド政府観光局」の公式Twitterにて、世界で最も美しい星空保護区テカポ湖からの「星空ライブ中継」を実施。
ナイトクラブ向けファッションブランド「Industrial Strange」がオーストリアの広告会社とタッグを組んで手掛けた刺激的なPRが話題。
2013年に立ち上げられたデンマークの音楽プロジェクト「AquaSonic」。5人のパフォーマーがそれぞれ水槽の中に身を沈めて演奏します。
野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。Science alertの記事による...
ライブ配信型の音楽フェス「BLOCK.FESTIVAL(ブロック フェスティバル)」が始動。Vol.0が本日20:00〜24:00にて「LINE LIVE...
4月17日の21:00〜、YouTubeにて「オンラインプラネタリウム」がライブ配信。出張プラネタリウムなど宇宙にまつわるイベント・サービスを手がける「ア...
多くの人に環境意識を高めてもらうために、世界自然保護基金(WWF)が新たなキャンペーン企画をはじめました。
近年じわじわと増えつつある、グミ系お菓子のヴィーガン化。なんと、かの有名なお菓子メーカー「Jelly Belly」もヴィーガン対応商品の発売を開始!
「USEDを拡張する進化型古着屋“森”」が月額5000円(税込)で“服を永く着るため”のサブスプリクションサービスを今月12日(火)からスタート。
弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再...
去る2月11日に閉幕した第67回さっぽろ雪まつり。多くの作品が人々を楽しませたなか、特に注目を集めたのが、「Hokkaido Shinkansen-Sup...
すでに日本でも完全に市民権を得た「プロジェクションマッピング」。駅や寺社、水族館などあらゆるものを活かした作品を多く目にしてきたが、さすがにこんなテーマは...
とあるギャラリーに飾られた、いくつかの絵画。その中に猿を描いた作品があります。すると突然、額の裏から“こびと”が出現。それに気づいた猿が急に動き出し、彼ら...
2020年4月18日(土)、新型コロナウイルスと戦う人々を支援するためのライブイベント「One World: Together at Home」がオンライ...
音楽フェスや各種企業プロジェクトなどに自身の作品提供を行っているDaniel Popperさん。スチールや木材、ロープ、トイレットペーパーの芯などを使って...