「Lightform」で簡単にプロジェクションマッピングができる

「Lightform」は、誰でも簡単にプロジェクションマッピングができるスキャナー。

プロジェクションマッピングしたい壁や物体に向けてプロジェクターからテストパターンを投影。スキャナーがそれを読みとって、投影先の凸凹を測定します。すると、専用ソフトウェアが投影したい映像を自動で凹凸に合わせてくれるのです。それをプロジェクターから投影すると対象物にピッタリハマる映像が映るというわけです。

これまでのプロジェクションマッピングは、投影先の面の傾きに合わせて変形した映像を自分で計算して作らなければなりませんでした。「Lightform」なら対象物の測定から映像をマッピングする計算まで全自動でできるから、とっても簡単。

イベントや大切な人へのサプライズなどに役立ちそう!

Top image: © 2018 Lightform
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
料理を注文してからのちょっとした合間に、こんな催しがあったら素敵ですよね。なんとテーブルをスクリーンにして映像を投影、アニメーションがスタートしちゃいます...
2015年からニューヨーク州で年に一度行われているイベント「LUMA」。目玉となっているのはプロジェクションマッピング。街の市役所や裁判所の建物に投影され...
プロジェクションマッピングといえば、「建築物」に映像を投影するのが一般的。たとえば、東京駅の事例「TOKYO STATION VISION」がわかりやすい...
光の線やドットをヌードモデルのカラダに投影し、それを作品として動画や写真に撮るフランス人フォトグラファー、Dani Olivierさん。彼が手掛ける作品は...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...