【世界初】アマゾンの熱帯雨林でプロジェクションマッピング

すでに日本でも完全に市民権を得た「プロジェクションマッピング」。駅や寺社、水族館などあらゆるものを活かした作品を多く目にしてきたが、さすがにこんなテーマは初めて。

ITを積極的に活用する
「スルイ族」

アマゾンの熱帯雨林に投影されるのは、ブラジル北西部に暮らす先住民「スルイ族」の顔。フランスの写真家兼アーティストPhilippe Echarouxが首長から依頼を受けて制作したもので、「アマゾンの木を切り倒すことは、スルイ族を滅ぼすことと同義」というメッセージが込められている。

ところで、もしかするとアマゾンの先住民とプロジェクションマッピングとの組み合わせに、どこか違和感を覚えた人もいるかもしれない。

「Google for Nonprofits」によると、スルイ族は1969年に初めて外部の人間と接触。文明との出会いは疫病や森林破壊のきっかけにもなってしまったが、後々彼らの文化保存を支援することに。熱帯雨林の保護や生活様式を保つ手段として「Google Earth」を用いるなど、ITを積極的に活用している部族なのだとか。

Licensed material used with permission by pays-imaginaire.fr
andmore
他の記事を見る
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
2015年からニューヨーク州で年に一度行われているイベント「LUMA」。目玉となっているのはプロジェクションマッピング。街の市役所や裁判所の建物に投影され...
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
これまで、当然のように移動手段だと考えられていた乗り物に、新たな価値を与える。近頃、そんな取り組みが増えてきた気がします。たとえば、新幹線。「現美新幹線」...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
身体や心に溜まった毒を排出でき、その人に必要な「ビジョン」を見せてくれる。アヤワスカは地球上でもっとも強力なスピリチュアルドリンクだろう。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
高さ20メートルもあるこの“木”、コットンを手で編んでつくられたもの。ブラジル出身のアーティストErnesto Neto氏によるインスタレーションです。初...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
「Hilton London Bankside」に誕生した、ヴィーガンの人のためのスイートルーム。ヘッドボードやクッション、椅子にはパイナップルの葉の繊維...
和紙のような、プラスチックのような、布のような……。すべての合間をとったようなこの素材の正体は、なんと革。これは世界初の半透明な牛革でつくられたコレクショ...
このプロジェクトの大きな目玉となるのは、佐賀の歴史と地理を語る上で欠かすことのできない、佐賀県がもつふたつの海「有明の海と玄海」をモチーフにした夜景プロジ...
上の画像を見てほしい。クルマのカギと一緒に、キーホルダーにライターのようなものがついている。
ロシアのあるクリエイティブ・エージェンシーが、世界で初めてとなる試み「ストリートミュージシャン専門の音楽レーベル」を立ち上げました。
とあるギャラリーに飾られた、いくつかの絵画。その中に猿を描いた作品があります。すると突然、額の裏から“こびと”が出現。それに気づいた猿が急に動き出し、彼ら...
現在、英プレミアリーグの強豪トッテナム・ホットスパーFCが建設中の新スタジアムについてです。