【保存版】アマゾン編集者が投票で選んだ「世界の名著20選」

100 Books to Read in a Lifetime(生きてる間に読んでおきたい100冊の本)」は、アマゾン編集者が投票で選んだ「100冊」のリストだ。

私たちはこのリストが「人生」全てをカバーしているものにしたかった(子供に読ませてあげたい本が見つかりやすいはず)。そして、リストを見たときに宿題みたいに思ってほしくなかった。"We wanted the list to cover all stages of a life (which is why you'll find children's books in here), and we didn't want the list to feel like homework."by"100 Books To Read In a Lifetime," according to Amazon on boing boing

そんなアマゾン編集者の想いが詰まったリストには決して有名どころではない本も選ばれているようだ。実際にはどんな本があるんだろう?文化の違いもあり、アメリカとイギリスとでは異なる内容になっている模様だが・・・。

今回TABI LABOでは英・米の両アマゾンが選出した2つのリストに共通している20冊の名著をピックアップして紹介。

これこそ世界共通で読むべき最高のチョイスかも?

th_スクリーンショット 2014-09-25 19.26.49Photo by  gpointstudio


■01『チョコレート工場の秘密』by ロアルド・ダール■02『クマのプーさん』by A.A.ミルン■03『ハリー・ポッターと賢者の石』by J.K.ローリング■04『アンネの日記』by アンネ・フランク■05『アラバマ物語』by ハーパー・リー■06『キャッチ=22』by ジョーゼフ・ヘラー■07『グレート・ギャツビー』by スコット・フィッツジェラルド■08『高慢と偏見』by ジェイン・オースティン■09『妻を帽子とまちがえた男』by オリヴァー・サックス■10『真夜中の子供たち』by サルマン・ラシュディ■11『大いなる遺産』by チャールズ・ディケンズ■12『侍女の物語』by マーガレット・アトウッド■13『本泥棒』by マークース・ズーサック■14『ポイズンウッド・バイブル』by バーバラ・キングソルヴァー■15『シークレット・ヒストリー』by ドナ・タート■16『ラスベガス★71』by ハンター・S. トンプソン■17『一九八四年』by ジョージ・オーウェル■18『冷血』by トルーマン・カポーティ■19『ロリータ』by ウラジーミル・ナボコフ■20『ホーキング、宇宙を語る―ビッグバンからブラックホールまで』by スティーヴン・W. ホーキング

ぜひこのリストをあなたの「読書の秋」の参考に!

Source:Share 100 Books to Read in a Lifetime on amazon(US),Share 100 Books to Read in a Lifetime on amazon amazon(UK),"100 Books To Read In a Lifetime," according to Amazon on boing boing

.

読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
すでに日本でも完全に市民権を得た「プロジェクションマッピング」。駅や寺社、水族館などあらゆるものを活かした作品を多く目にしてきたが、さすがにこんなテーマは...
その佇まいは、大切な人から届いた手紙のようです。手紙というのは、書いた人の気持ちが込められたものであり、人を喜ばせる魔法の力を持っています。あの名作文学を...
「The Spheres」と呼ばれるアマゾンのシアトルの新オフィスには、50カ国から集められた40,000以上の植物が生息しています。その中には、“滝”ま...
誰もが知っている世界の名作。「いつか読まなきゃなぁ」と思いながらも、なかなか手が出ない…という人もきっと多いと思います。そんなみなさんに「Wrong Ha...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
ここに登場する絵は、すべてイラストレーター高田美穂子さんによって描かれた「挿絵」です。小説の主役は、言うまでもなく「物語」そのもの。けれど、こうして文芸誌...
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
NYを走る地下鉄に出現したのは、図書館風にデコレーションされたラッピング車両。移動中も無料Wi-Fiに接続すれば、図書館の本をバーチャルで閲覧することがで...
食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもな...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
Ashley Fernは、NYのライフスタイル情報を発信するメディア「Elite Daily」の編集者として活躍する女性。ここでは、彼女が20代に向けて書...
新進気鋭の四人組ロックバンドOKAMOTO’S。彼らがリリースした六枚目のアルバム『OPERA』に対し、その世界観を同名の小説で表現する異色のプロモーショ...
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
ロサンゼルスで新たに始まったこのサービスは、スマホを使って質問に答えていくだけでOK。各議員のスピーチや態度、財政、貢献度などなど様々なデータを参照してア...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
「〇〇の秋」と呼ばれるように、久々に何かを再開したり、新しいことに手を出してみるのにちょうどいいタイミング。ライターのChanel Vargasさんが推す...
誰にだって心のよりどころとしている音楽や映画がひとつはあるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週は話題のバンド、「ねこね...