【保存版】アマゾン編集者が投票で選んだ「世界の名著20選」

100 Books to Read in a Lifetime(生きてる間に読んでおきたい100冊の本)」は、アマゾン編集者が投票で選んだ「100冊」のリストだ。

私たちはこのリストが「人生」全てをカバーしているものにしたかった(子供に読ませてあげたい本が見つかりやすいはず)。そして、リストを見たときに宿題みたいに思ってほしくなかった。"We wanted the list to cover all stages of a life (which is why you'll find children's books in here), and we didn't want the list to feel like homework."by"100 Books To Read In a Lifetime," according to Amazon on boing boing

そんなアマゾン編集者の想いが詰まったリストには決して有名どころではない本も選ばれているようだ。実際にはどんな本があるんだろう?文化の違いもあり、アメリカとイギリスとでは異なる内容になっている模様だが・・・。

今回TABI LABOでは英・米の両アマゾンが選出した2つのリストに共通している20冊の名著をピックアップして紹介。

これこそ世界共通で読むべき最高のチョイスかも?

th_スクリーンショット 2014-09-25 19.26.49Photo by  gpointstudio


■01『チョコレート工場の秘密』by ロアルド・ダール■02『クマのプーさん』by A.A.ミルン■03『ハリー・ポッターと賢者の石』by J.K.ローリング■04『アンネの日記』by アンネ・フランク■05『アラバマ物語』by ハーパー・リー■06『キャッチ=22』by ジョーゼフ・ヘラー■07『グレート・ギャツビー』by スコット・フィッツジェラルド■08『高慢と偏見』by ジェイン・オースティン■09『妻を帽子とまちがえた男』by オリヴァー・サックス■10『真夜中の子供たち』by サルマン・ラシュディ■11『大いなる遺産』by チャールズ・ディケンズ■12『侍女の物語』by マーガレット・アトウッド■13『本泥棒』by マークース・ズーサック■14『ポイズンウッド・バイブル』by バーバラ・キングソルヴァー■15『シークレット・ヒストリー』by ドナ・タート■16『ラスベガス★71』by ハンター・S. トンプソン■17『一九八四年』by ジョージ・オーウェル■18『冷血』by トルーマン・カポーティ■19『ロリータ』by ウラジーミル・ナボコフ■20『ホーキング、宇宙を語る―ビッグバンからブラックホールまで』by スティーヴン・W. ホーキング

ぜひこのリストをあなたの「読書の秋」の参考に!

Source:Share 100 Books to Read in a Lifetime on amazon(US),Share 100 Books to Read in a Lifetime on amazon amazon(UK),"100 Books To Read In a Lifetime," according to Amazon on boing boing

.

関連する記事

読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
9月30日、「NASA」が宇宙から投票する方法を公開した。宇宙飛行士たちは、軍に従事する人やその家族と同様、不在者投票を申請する必要がある。そして、宇宙ス...
すでに日本でも完全に市民権を得た「プロジェクションマッピング」。駅や寺社、水族館などあらゆるものを活かした作品を多く目にしてきたが、さすがにこんなテーマは...
TABI LABO編集部スタッフが選んだとっておきの一冊、読んでもらいたい一冊を集めました。
見た目は靴下のようでいて、靴に劣らずタフで多機能。「Makuake」にて先行販売を開始したシューズ「Skinners2.0」。
「講談社」が運営する文芸ニュースサイト「TREE」にて、5月1日より著名作家による無料連載「Day to Day」がスタートした。
忙しい大人たちに少しでも「読書の時間」をつくってもらおうと、粋なディスペンサーがロンドンに設置されました。ボタンを押すと短編小説が書かれた紙が出てくるとい...
「The Spheres」と呼ばれるアマゾンのシアトルの新オフィスには、50カ国から集められた40,000以上の植物が生息しています。その中には、“滝”ま...
もしも、自分の親が書いた官能小説を発見したら、あなたはどうしますか? イギリスの映像作家Jamie Mortonさんは、こんな大胆な行動に……。
その佇まいは、大切な人から届いた手紙のようです。手紙というのは、書いた人の気持ちが込められたものであり、人を喜ばせる魔法の力を持っています。あの名作文学を...
こんな時代だからこそ紹介したい、イギリスの研究チームにより明らかになった「勤務時間とメンタルヘルスの関係」を示した研究結果。
誰もが知っている世界の名作。「いつか読まなきゃなぁ」と思いながらも、なかなか手が出ない…という人もきっと多いと思います。そんなみなさんに「Wrong Ha...
僕はカール・オーヴェ・クナウスゴールというノルウェーの作家が好きです。彼の自伝的小説『わが闘争』シリーズは世界的に人気があります。ところが!
米国の小説家スティーブン・キングが新しい小説を発表。発売を記念して公開された、本人が同作品の一部を読み聞かせる動画が話題となっている。今回発売された新刊の...
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
『The New York Times』の書評担当者たちが、毎年末に発表している「今年注目された100冊」。世界中の作品から、恩田陸氏、柳美里氏、村田沙耶...
「小学館文庫」の新レーベル「おいしい小説文庫」が6月5日からスタート。初代アンバサダーに女優/創作あーちすと・のんさんが就任!
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
毎年恒例となっているニュース雑誌「TIME」が選出する「世界で最も影響力のある100人」。今年は9月22日の発表が予定されているが、現在、ウェブ上では一般...
2021年2月2日に米「Amazon」が発表したのは、過去最高益を更新したという決算報告と、敏腕経営者として名高いCEOの退任という驚きのニュースだった。
クラフト作家のリアルでの活動の場が減少したこと、個人で運用しているECサービスへの集客は、情報の拡散が難しいという課題を解決するバーチャル展示会「VR作家...
「メルカリ」は、レジ袋有料化をまえに、通常は捨てられてしまうレジ袋にも付加価値を与えるべく「モノガタリ by mercari」に寄稿している伊坂幸太郎、吉...
ワシントン州に位置するキング郡の地方選挙にて、全米初となるスマートフォンを使った投票が実施。
ここに登場する絵は、すべてイラストレーター高田美穂子さんによって描かれた「挿絵」です。小説の主役は、言うまでもなく「物語」そのもの。けれど、こうして文芸誌...
大麻に関わる情報を地図を元に提供する「Weedmaps」、大麻版アマゾン「Leafy」、大麻ビジネス版セールスフォース「Baker」、大麻版UberEAT...
2021年秋(予定)、早稲田大学の早稲田キャンパス内に「早稲田大学国際文学館(通称:村上春樹ライブラリー)」が開館する。設計を担うのは隈研吾氏。
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...