【保存版】はじめての金沢。必ず訪れたいスポット4選

加賀百万石の歴史と現代の文化が調和している街、「金沢」。 兼六園や金沢城公園、ひがし茶屋街といった歴史的建造物など、城下町の情緒あふれる街並みがとても美しい街です。

金箔を使った伝統工芸や、和菓子などのおみやげも多く、食べ物がおいしいのもおすすめ。北陸新幹線も開通してさらにアクセスしやすくなった金沢の魅力をご紹介します。

金沢のシンボルでもある「金沢駅」

sectionImage_1_1-1

東京から北陸新幹線で2時間半。アクセスの中心となる「金沢駅」は、アメリカの旅行雑誌「トラベル・レジャー」で「もっとも美しい駅」のひとつに選ばれた駅です。東広場には金沢を訪れる人に差し出す雨傘をイメージし、おもてなしの心を表したガラスのドーム「もてなしドーム」があります。

緩やかな局面を描いた屋根は金沢の伝統芸能である能楽加賀宝生の「鼓が門」柱がモチーフとなっています。このほかにも、駅ホームの柱には金箔を使用したり、待合室には九谷焼や輪島塗といった陶芸を壁に飾ったりと、伝統工芸を紹介している場所がたくさんあるので、ぜひ探してみてくださいね。

金沢の茶屋文化に触れられる
「ひがし茶屋街」

sectionImage_2_1-1

金沢駅からバスで15分ほどの場所にあるひがし茶屋街は、「ひがし茶屋」として有名な茶屋町創設時から明治初期の建築が残る、重要伝統的建造物群保存地区。 石川県の伝統工芸品や九谷焼などの器、金箔のお化粧品などおみやげにぴったりなお店も立ち並んでいます。

ごはん処や町屋カフェもあります。中には昔の姿のままのお茶屋もあり、見学もすることができます。夜になると、お昼とはまた違い、昔ながらの茶屋街の風情を取り戻している姿は必見です。

sectionImage_2_2
(1820年に建てられたお茶屋さん)

その、主計町茶屋街(かずえまちちゃやがい)や、西には「にし茶屋街」もあり、それぞれ雰囲気がちがうので、ぜひ訪れてみましょう。

sectionImage_3_2

金沢市民の台所
「近江町市場」で
旬の味のおかいもの

「近江町市場」は、新鮮な魚や旬の野菜がずらりと並ぶ、活気に満ちた市場です。 この時期ですと、加賀野菜の金時草、加賀れんこん、もう少し寒くなるとカニ、甘えび、のどぐろがおすすめです。

新鮮な海鮮どんぶりを食べるのもおすすめですが、商店街にある炉端焼きやお魚屋さんなどでは、新鮮な魚介を食べ歩きもできるものでおすすめです。特に、市場ならではの甘エビコロッケや、生カキ、殻ごと焼いた焼き立ての熱々あわびは絶品です。

sectionImage_4_2(新鮮なズワイガニは動いていることもしばしば。甘い身がぎっしりつまっている)

一度は訪れてみたい「兼六園」

sectionImage_5_1-1

日本三名園のひとつとして知られる「兼六園」。長い年月をかけて完成させた大名庭園は、金沢ならではの伝統美と自然にあふれています。庭園の面積は11ヘクタール、東京ドーム2.4個分に相当する大きさです。

兼六園では、春はお花見、夏には緑がおいしげり、秋は紅葉で赤く染まり、冬は雪化粧と、四季折々で様々な表情を見せるのも魅力です。夜にはライトアップされ、無料開園されるイベントもあります。

sectionImage23_6_1(雪害から樹木を守るためにされる「雪吊り」)

今年は、12月31日~1月3日が無料開園、2016年1月29日〜31日、2月3日〜14日にはライトアップが実施されます。園内にはお茶屋さんもあるので、お抹茶やお団子を食べながらひと息つくのもおすすめです。

近くには、金沢城公園、現代アートを楽しめる21世紀美術館、ショッピングを楽しむ香林坊や片町などたくさんあります。
金沢から少し離れると、能登や加賀など温泉も楽しむこともできますので、訪れてみてはいかがですか。ぜひ、金沢の街をのんびりと旅してみませんか。

コンテンツ提供元:ことりっぷ

ことりっぷ

働く女性が週末に行く、小さな旅を提案する旅行ガイドブック「co(小さい)+Trip(旅)ことりっぷ」のWEBマガジン。日常や旅に関する、ガイドブックでは伝えきれない情報をお届けします。co-trip.jp/

鎖国の間も日本で唯一、海外に港が開かれ、さまざまな人や文化が行き交った長崎。その文化交流の中でも、日本の「和」、中国の「華」、オランダの「蘭」が交わって表...
静岡おでん、名古屋みそおでんなどがあるが、日本で一番贅沢でおいしいおでんは「金沢おでん」かも。漁解禁で今しか食べられないおでんダネ「カニ面」は、贅沢の極み...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
旅行で金沢に出掛けたときに、ふらりと立ち寄った本屋。たまたま手に取った雑誌が金沢の工芸について特集をしていたから購入し、記事を参考にしながら旅行を続けた。...
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...