熱帯雨林発の「リーフレザー」の魅力とは?

ブラジルのデザインスタジオ「Furf」が、約5年をかけたスツールやベンチ。その特徴は座面の素材“リーフレザー”にある。

リーフレザーは、ブラジルの熱帯雨林で専用に栽培された葉を材料にしており、質感などは動物の皮革とほとんど変わらない。染色も可能だそうだが、写真でみる限り、そのままでも十分でも魅力的だ。有機的な葉脈の柄などは、自然素材ならではの味わいがある。

くわえて、エコな側面もある。製造過程では二酸化炭素を排出するものの、材料の葉自体を栽培している点で補填されているという。カーボンオフセットのような考え方で作られているのだ。

Top image: © 2019 Ricardo Perini
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
すでに日本でも完全に市民権を得た「プロジェクションマッピング」。駅や寺社、水族館などあらゆるものを活かした作品を多く目にしてきたが、さすがにこんなテーマは...
その外観を見ているだけで、ワクワクするような冒険が始まる気がします。この山と出会えたら、『インディー・ジョーンズ』の映画を観た時のように、目を輝かせてしま...
「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かびます。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
「Airbnb」はバレンタインデーに向けて、イタリアのヴェローナにあるジュリエットの家「カーサジュリエット」に宿泊できる特別なプランを発表した。滞在中は専...