タリバンに破壊された遺跡を、プロジェクションマッピングが甦らせた!

2001年、イスラム原理主義組織タリバンによって、アフガニスタンのバーミヤン渓谷にある、2つの大仏像が破壊されました。「偶像崇拝禁止のイスラム法に反する」と、およそ1,500年前の6世紀に作られた石仏が一瞬のうちに爆破。その光景はたびたびニュースで報道され、世界中に衝撃を与えました。

破壊されてから10年以上、そのままにされてきた大仏が、プロジェクションマッピングの技術によって再現された動画を、ニュースメディア「AJ+」が紹介しています。
2015年6月6日と7日の2日間、巨大なプロジェクターを用いておよそ8時間にわたり、闇夜のバーミヤン渓谷に仏陀の姿を再現投影されました。

スクリーンショット 2015-07-22 16.15.14

今回の3Dプロジェクションマッピングを手掛けたのは、中国人のドキュメンタリー映像作家、Zhang Xinyu氏とLiang Hong氏のふたり。

スクリーンショット 2015-07-22 16.15.46

スクリーンショット 2015-07-22 16.16.00

地元の人々は、この歴史的瞬間に歌や踊りで喜びを表現したと、中国中央テレビ「CCTV News Content」が伝えます。興奮の様子は、バーミヤンに暮らす男性Javadさんへのインタビューからも推測できます。

「これは我々にとって、非常に意味のある瞬間だ。タリバン政権下に破壊された我々の歴史そのものが甦ったのだから。無くなったものが戻ってくる訳ではないけれど、我々の精神が失われた訳じゃないんだ」

スクリーンショット 2015-07-22 16.16.25

砂岩を掘り出して制作された、東西(約38mと約55m)2体の大仏は、かつて世界最大級を誇り、バーミヤン渓谷を訪れる仏教徒の巡礼の地として文化的アイコンの象徴でもあったようです。制作当初は全身金箔で化粧され、金色の輝きを放っていたという説も。ちなみに2003年7月、バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群は、ユネスコの世界文化遺産として登録されています。

写真や映像資料から3D再現する技術は、今日、考古学の分野で広く応用されています。文化遺跡のかつての風貌を忠実に再現することで、スケール感や当時の様子まで知ることが可能となりました。

 Reference:CCTV News Content
Licensed material used with permission by AJ+

2001年3月、衝撃的なニュース映像が世界中を駆け巡りました。アフガニスタンのバーミヤン大仏像が無残にも破壊されたのです。今なお、シリアやイラクでも古代遺...
 その遺跡は突如として現れる。イスラエルの隣国、ヨルダンにあるペトラ遺跡。ペトラとは、ギリシャ語で崖を意味する。この遺跡は、映画『インディ・ジョーンズ ...
“廃虚の女王”として名高い『摩耶観光ホテル』、通称:マヤカンに合法で近づけると話題の「摩耶山・マヤ遺跡ガイドウォーク」。摩耶山の歴史と信仰の跡、そしてかつ...
ほんのわずか数年前まで、世界をまわるバックパッカーにとって、シリアは中東で欠くことのできない国でした。レバノン→シリア→ヨルダン→イスラエルという定番ルー...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
「ストレス発散」といえば。ショッピング?美味しいもの?いやいや、それで満足できる?モスクワ発の「Destroyery」は、お金を払って鈍器で好きなだけセッ...
次にいきたい旅行先はどこですか?もし決めかねているならば、エチオピアがオススメです。「Quartz」によると、エチオピアが世界で最もいきたい場所に選ばれた...
世界自然保護基金<WWF>が打ち出した新しいコレクションは、全面に工事現場や、自然を破壊する情景の写真が使われている。環境を守りたいと思うからこそ、生み出...
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
ここで紹介するのは、一見なんの変哲もないUSBスティック。が、これをパソコンに接続すると…。接続した途端、パソコンが壊れる!?USBポートに挿しこむだけで...
2015年10月25日、エジプト考古庁が新しいプロジェクト「ScanPyramids」を始動すると発表した。世界各国の最新技術を活用して、ピラミッドを傷つ...
すでに日本でも完全に市民権を得た「プロジェクションマッピング」。駅や寺社、水族館などあらゆるものを活かした作品を多く目にしてきたが、さすがにこんなテーマは...
その名も「The Break Room」。2016年4月、メルボルンにオープン予定のこの部屋は、安全にモノを破壊するために用意された場所だ。一体、なんのた...
『キャドバリー』の「デイリーミルク」。
2017年10月、シリアの観光ビザがおりたChristian Lindgrenさんは、10日間だけ同国で旅をしました。行った先は、ダマスカス、アレッポ、ホ...
小野美由紀さんはカナダの大学への留学後、沢木耕太郎さんの自伝小説「深夜特急」に憧れて沿って世界一周に出ました。小野さんの「深夜特急」との出会い、そして旅に...
仕事がうまくいかない。恋人にフラレてしまった。生きていれば、良くないことが一つや二つ、起きてくるもんだ。そして悪いことって大抵重なって起こる。それでも僕た...
2014年に世界遺産に登録された「富岡製糸場と絹産業遺跡群」をわかりやすくご紹介。