ニュージーランドではCAも「タトゥー解禁」の時代に

ニュージーランド航空は、CA(客室乗務員)の「タトゥー(入れ墨)」を認める方針を発表。9月から新しい働き方のルールを実施します。

人目に触れる箇所に入れることを「禁止」としていた、これまでのルールを変更しての解禁。顧客や従業員に対する数ヵ月間の意識調査を経て、決断に至りました。また、タトゥーが先住民族「マオリ」の固有の文化であることや、ニュージーランド国内では5人に1人がタトゥーを入れているという背景も踏まえ、「多様性を認める」という方向へ舵を取ります。

顧客だけでなく、働き手も多様化する航空業界。CAに「化粧をする義務の廃止」を認めた、イギリスのヴァージン・アトランティック航空に続く新しい動きがはじまっています。

Top image: © iStock.com/PeopleImages
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
モスクワのタトゥー・アーティスト、Roman Melnicovさんによる、緻密で美しい煙のタトゥー。
ラジオ・ニュージーランドが作成したニュージーランドの地図。いくつもの星マークが表示されていて、クリックするとその土地にゆかりの曲のタイトルと短い紹介文がで...
Gong Greemさんが手がけるタトゥーは、細いラインと淡い色使いが特徴的。まるで色鉛筆で描いたスケッチのように見えるそれは、ピンタレストを中心に世界中...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...