ニュージーランドではCAも「タトゥー解禁」の時代に

ニュージーランド航空は、CA(客室乗務員)の「タトゥー(入れ墨)」を認める方針を発表。9月から新しい働き方のルールを実施します。

人目に触れる箇所に入れることを「禁止」としていた、これまでのルールを変更しての解禁。顧客や従業員に対する数ヵ月間の意識調査を経て、決断に至りました。また、タトゥーが先住民族「マオリ」の固有の文化であることや、ニュージーランド国内では5人に1人がタトゥーを入れているという背景も踏まえ、「多様性を認める」という方向へ舵を取ります。

顧客だけでなく、働き手も多様化する航空業界。CAに「化粧をする義務の廃止」を認めた、イギリスのヴァージン・アトランティック航空に続く新しい動きがはじまっています。

Top image: © iStock.com/PeopleImages
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
モスクワのタトゥー・アーティスト、Roman Melnicovさんによる、緻密で美しい煙のタトゥー。
ラジオ・ニュージーランドが作成したニュージーランドの地図。いくつもの星マークが表示されていて、クリックするとその土地にゆかりの曲のタイトルと短い紹介文がで...
Gong Greemさんが手がけるタトゥーは、細いラインと淡い色使いが特徴的。まるで色鉛筆で描いたスケッチのように見えるそれは、ピンタレストを中心に世界中...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Tennisの『Runner』です。
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
ニュージーランドの都市オークランドへ行く機会があれば絶対に足を運んで欲しいアイスクリーム屋「GIAPO」。ここ、創作アイスクリームで有名なんです。店のIn...
ヴァージン・クルーゼズ(Virgin Voyages)がタトゥーにフィーチャーしたクルーズを出港させるようです。ちなみに業界初のサービス!
韓国をベースに活動するタトゥーアーティストZzizzi Boyさん。Instagramのプロフィール画像は、『魔女の宅急便』に登場する黒猫ジジ。縁がありそ...
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
一筆書きをタトゥーにトレースする、Mo Ganji。動物や人の顔など様々なものを対象にした画を彫り、これまで数々のメディアに取り上げられるなど、知名度を上...
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
MambotattooerさんのInstagramに載っている作品は、ポップなものばかり。
アメリカ・ポートランドを拠点にしている彫り師Kayla Newellさんによる作品です。昼と夜でデザインが変わるのがポイントです。
ニュージーランド政府観光局は、全ての世界地図にニュージーランドを掲載することを推進するキャンペーン「#getNZonthemap」の第2弾となる動画を公開...
月額定額制でおトクにランチが食べられる「always LUNCH」と、同じく月額定額制でドリンクが飲める「always DRINK」が、今週12月2日から...
腸内環境を整えるために必要なステップを飛ばし、ダイレクトに腸に働きかける「善玉菌の進化系」ともいうべきサプリメント「発酵マメ子」は、「腸活をしても結果を感...
ニュージーランド航空の機内安全ビデオの新作。今回のビデオには地元のミュージシャンが出演し、ラップを披露。アップテンポなノリにつられてついつい最後まで見ちゃ...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
ニュージーランド議会は、家庭内暴力(DV)の被害者に対して年10日間の有給休暇の取得を認める法案を可決。被害者は新居を探すためなどの時間とお金が必要だとい...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
ド派手なタトゥーを全身にびっしりと入れた子どもたちが、ニュージーランドを中心に急増しているそう。一体なんで…。もう気づいた人も多いかもしれない。これは、エ...