最初で最後?「東野圭吾の電子書籍」が特別解禁!

4月24日(金)、東野圭吾氏の作品が電子書籍として初めて配信される。

電子化されるのは、「KADOKAWA」「幻冬舎」「講談社」「光文社」「実業之日本社」「集英社」「文藝春秋」(50音順)から刊行されている7作。

すべてが「映画、またはドラマ化された映像化作品」かつ「累計100万部を突破している作品」で、その合計部数は1288万部にもおよぶ代表作ばかりだ。

これまで著書の電子化をしてこなかった氏だが、出版社7社の協力のもと、今回の取り組みが実現。電子書籍化は“最初で最後かもしれない”ともいわれている。

「外に出たい若者たちよ、もうしばらくご辛抱を!たまには読書でもいかがですか。新しい世界が開けるかもしれません。保証はできませんが」(東野氏)

読書には映像鑑賞とはまた違った良さ、おもしろさがある。この貴重な機会にぜひ!

【電子化作品一覧】
KADOKAWA『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(2012年)
幻冬舎『プラチナデータ』(2010年)
講談社『流星の絆』(2008年)
光文社『ダイイング・アイ』(2007年)
実業之日本社『疾風ロンド』(2013年)
集英社『白夜行』(1999年)
文藝春秋『容疑者Xの献身』(2005年)

©株式会社文藝春秋
Top image: © 株式会社文藝春秋
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事