「夢の国」でついにアルコールが解禁に

会員制レストラン『クラブ33』を除いては、パーク内でアルコールを禁止している東京ディズニーランド。それはカリフォルニアでも同じこと。ただ、それは今だけの話です。

2019年から、同年にオープンが予定されている『スター・ウォーズ』をテーマにした新エリア「Star Wars: Galazy Edge」でアルコールが提供されることになるそうです。

日本では東京ディズニーシー内でアルコールは提供されているため、ピンとこない人もいるかもしれません。でも、約60年間守り続けてきた“掟”を変えようとしてるんですから大きなことです。

大人でもディズニーファンは多いからな〜。

Top image: © iStock.com/Anchiy
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
再現度の高さには目を見張るものがあります。照明も日中と夜間で変えるなど、徹底的にリアルを追求。
8月にアメリカで販売が開始された「アンハイザー・ブッシュ・インベブ」の「Natural Light Seltzer」が話題になっている。商品名の一部にもあ...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
韓国・ソウルの市議会の行政自治委員会は、ソウルに住む10代のすべての少女に生理用ナプキンを無償で支給することを盛り込んだ条例を可決した。
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
アメリカ・カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドの敷地内に、新しくブルワリーがオープンするようです。
今年、カリフォルニアとフロリダでオープンする、『スター・ウォーズ』をテーマにしたエリア「Star Wars: Galaxy's Edge」。ここに誕生予定...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
9月11日、アメリカ最大の州であるカリフォルニアで「サーカスでの野生動物の使用を禁止する法案」が可決され話題となっている。サーカスでの動物使用禁止の流れは...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
差別に関してはアメリカで最も厳しい州のひとつ、カリフォルニア。現在、自然な髪型に対する差別行為を法律で禁止にしようとしています。 例えば、アフリカ系アメ...
世界に数多いるディズニーランドファンの中でも抜きん出ているのがJeff Reitzさん。彼は、2011年の大晦日からカリフォルニア州アナハイムのディズニー...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
ストリートカルチャーの4大要素としても知られるグラフィティアートに特化した美術館「Museum of Graffiti」がフロリダ州マイアミに誕生!
最終章のブルーレイ&DVDリリースを記念して「ゲーム・オブ・スローンズ展」が12月13日~25日の13日間「渋谷ロフト」で開催。
元大統領だとは考えられないエピソードで、ビックリ!
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
アイルランド国内で初めての「ノンアルコール・パブ」がオープン。その名も「Virgin Mary」。アルコール0%のビールやワインを飲めるとはいえ、全てのメ...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。