「夢の国」でついにアルコールが解禁に

会員制レストラン『クラブ33』を除いては、パーク内でアルコールを禁止している東京ディズニーランド。それはカリフォルニアでも同じこと。ただ、それは今だけの話です。

2019年から、同年にオープンが予定されている『スター・ウォーズ』をテーマにした新エリア「Star Wars: Galazy Edge」でアルコールが提供されることになるそうです。

日本では東京ディズニーシー内でアルコールは提供されているため、ピンとこない人もいるかもしれません。でも、約60年間守り続けてきた“掟”を変えようとしてるんですから大きなことです。

大人でもディズニーファンは多いからな〜。

Top image: © iStock.com/Anchiy
他の記事を見る
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
再現度の高さには目を見張るものがあります。照明も日中と夜間で変えるなど、徹底的にリアルを追求。
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
アメリカ・カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドの敷地内に、新しくブルワリーがオープンするようです。
世界に数多いるディズニーランドファンの中でも抜きん出ているのがJeff Reitzさん。彼は、2011年の大晦日からカリフォルニア州アナハイムのディズニー...
元大統領だとは考えられないエピソードで、ビックリ!
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコの地方検事局は、マリファナの合法化の動きを受けて、それに関係する犯罪歴を消去すると発表しました。その決断の裏には...
1953年にイラストレーターのハーブ・ライマンと一緒に描いたというマップ。6月25日に、「Van Eaton Art GALLERIES」のオークションで...
毎年11月になると話題となる「ボジョレー・ヌーボー」の解禁日。毎年、解禁日がどう決められているか知っていますか?また、ボジョレー・ヌーボーは他のワインとは...
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...