いまアメリカで話題のお酒といえば「Natural Light Seltzer」

健康志向の人たちの間でハードセルツァー(アルコール入りの炭酸水)が人気のアメリカで、新たに発売されたお酒が話題になっている。

そのお酒とは、8月に大手酒類メーカー「アンハイザー・ブッシュ・インベブ(以下:ABインベブ)」から誕生した「Natural Light Seltzer」。

商品名の一部にもあるSeltzer(セルツァー)とは、日本語に訳すと「炭酸水」という意味。セルツァーにアルコールがミックスされたハードセルツァーが、この話題のドリンクだ。

ただ、他社から販売されている商品に比べ、Natural Light Seltzerは、カロリー、アルコール度数ともにやや高め。その代わり、学生でも気軽に購入できるよう価格は抑えられている。

今回の新商品発売をきっかけに、ABインベブがハードセルツァーの分野でシェア拡大を狙っているのは確実だが、ヘルシーブームが続くアメリカでどこまで支持を集められるのか今後の動きに注目したい。

Top image: © Natural Light
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
クラフトビール、シードル、スピリッツに続く、いま注目のお酒「ミード(Mead)」について。
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
コロナ禍で余剰になったビールや、世界初となるタガメで作ったクラフトジン、ペットボトル入り生ビールなど、2020年に発売された注目のアルコール飲料を5つ紹介...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
「HELLY HANSEN」より、海から山までマルチパーパスに使える防水透湿ウェアが登場。
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
香川県の特産品「和三盆」をつくるときに出てきた糖蜜を蒸留してできた「ラム酒」。
10月1日「日本酒の日」に、オンラインで全国一斉に乾杯をするイベント「全国一斉 日本酒で乾杯!2020」」が実施される。
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
熊本の老舗酒蔵「美少年酒造」の大吟醸酒をそのまま配合した除菌アルコールハンドスプレー「Mistgram60」が今月20日(金)から発売。
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...