この秘密、知ったら最後。目が離せない。

芸術家の腕というのは時々、本当に何かに取り憑かれ、得体の知れない力を得ているような感じがする。

夏目漱石の短編小説『夢十夜』でも、運慶が彫刻を掘る様子が「土の中から石を掘り出すかのように」、「その通りに埋まっているものを掘り出しているまで」と描写されるシーンがある。彼らの手には迷いがない。

どうしてこんな話をしているのかというと、この作品が本当に「神がかっている」からだ。髪をかきあげる女性の背中には、空洞。初めは、3Dに見えるタトゥーか何かかと思ったのだけれど、それ以上にすごいものだった。

全部、手作業で描いてます。

そう、なんと背中の空洞のみならず、この女性までもがキャンバスに描かれた油絵。

ここで2枚前のアップの画像をもう1回見て欲しい。全部筆で書かれているなんて、とても信じられないでしょう?

この凄まじい絵画の作者は、イタリアの画家Marco Grassiさん。毛穴の一つひとつ、髪の毛やしわの1本1本まで精密に描き出すまさに神業の持ち主なのだ。

ぜひとも、
拡大してみてくれ給え。

その昔、絵画が神様や理想美のみを描いていた時代、お腹のたるんだ写実的な裸婦などを描くと、笑いの的にされたこともあったそう。でもこれは、体温や匂い、息づかいさえ感じそうなほどリアルな人間の肌、肌、肌。

じっと見つめるとゾクゾクしてきそうなほどリアルなこの絵に、Instagramでは「天才だ」「絵だなんて信じられない」「素晴らしい」「気味が悪いくらいだ」と世界中からあらゆる言語で驚きの声が寄せられている。

日本では昔、あまりにリアルな「写真」の登場に驚いた人々が「写真を撮ると魂を取られる」などと言ったそうだけど、そう言いたくなるのもわかるほど、まるで本当に命があるかのような、生きた人間を閉じ込めでもしたような作品だ。

完璧じゃないなら、やり直しちゃえ。グッバイ!

そんなキャプションとともに、精密な絵を豪快に消していく動画も。この生々しい絵は、まさに作者の情熱と魂を込めて描かれているものと言えるのだろう。

もっと作品を見たい人は、ぜひInstagramへ。

Licensed material used with permission by Marco Grassi
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
去年の秋に開催されて反響をうけた「平成が終わルンです」の写真展が、この夏カムバック。今回は、平成最後の日となる4月30を撮影した写真が展示され、写真集も出...
秘密っていう言葉、なんて魅力的なんでしょう。のぞいてみたくなるし、聞きたくなってしまいます。でもね、それが大好きな人の“秘密”だったとしたら…。トップモデ...
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
50年以上に渡ってカメラを握り続けてきた、アメリカのベテラン写真家Charles H. Traub。長いキャリアでも氏の傑作と呼ばれる作品を紹介します。4...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
アメリカ・ジョージア州に住むEleanor Davisさんは、Google検索ページのイラストも手がけたことがあるイラストレーター。ある日Facebook...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
写真の一部だけが永遠に動く「シネマトグラフ」。これを料理写真に用いると……快感でしかない。
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
突然ですが、目のいい人たちに視力0.1の人たちがどのような世界を見ているかを紹介したいと思います。南アフリカのアーティストが表現する「近視の世界」これらは...
先日、イタリア北西部のチンクエ・テッレではサンダルを履いてハイキングをすることが禁止となりました。
企画で、「最後に携帯でなにを検索した?」という質問を100人に投げかけた「CUT」。料理のつくり方や知らない言葉を検索していた人もいれば、個人の隠れた悩み...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...