今月号のイタリア版「VOGUE」が写真を使用しない理由とは?

世界的な権威を持つファッション雑誌イタリア版『VOGUE』は、2020年最初に刊行する1月号において「写真を使用しない」という驚きの発表をした。

ファッション雑誌といえば、モデルが服を着用した美しい写真でページが埋められるのが普通。しかし、この号では、写真の代わりにさまざまなイラストレーターが実在のモデルが服を着用している姿を絵で表現するという。ちなみに、日本からもキャラクターデザインに定評のあるデザイナー・天野喜孝氏が参加。

©2020 NEW STANDARD

この前代未聞の決断の背景にあるのは、ファッション雑誌を刊行するという行為が環境破壊に大きく加担してしまっているという事実。こだわりを持って撮られている写真は、さまざまな場所へ多くの移動を繰り返し、多くのゴミも排出しているため、地球環境に深刻なダメージを与えることにつながっているというのだ。

そんななか、可能な限り移動や荷物の発送を抑えて制作されたという今号。内容もファッション業界における「持続可能性」がテーマになっており、大きく節約された予算は、去年11月ヴェネツィアで起こった洪水被害復興に役立てられるという。

世界的なアーティスト7名が手がけた特別な表紙は、公式インスタグラムでも公開されているのでチェックしてみてほしい。

©2020 NEW STANDARD
©2020 NEW STANDARD
Top image: © 2020 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

世界的ファッション雑誌『Vogue』のイタリア版は“真っ白な表紙”の4月号を発表した。異例となる老舗雑誌の決断に注目が集まっている。
メキシコ版とイギリス版の『VOGUE12月号』に「第三の性」のモデルが起用され話題となっている。モデルを務めたEstrella Vazque氏は、メキシコ...
1988年からアメリカ版『VOGUE』の編集長を務め、ファッション業界を牽引してきたアナ・ウィンターが、オンライン学習プラットフォーム「MasterCla...
サステイナブルな商品を販売し、社会課題やその解決策を発信するべく「サステナブル・ファッション・サークル」が発足。「プレオーガニックコットン」を用いたオリジ...
NASA、ジェット推進研究所、南カリフォルニア大学、ハイデラバード大学らの共同研究チームが、ISSで採取されたサンプルから4種の菌株を分離した結果、そのう...
「Teen Vogue」は自宅待機中の学生のために「バーチャルプロム2020」の開催を決定。5/16に「Zoom」で開催予定。
格好良さ、機能性ありき。そのうえで環境に配慮されているサステイナブルなファッションブランドを3つピックアップ。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
渋谷PARCOが3月25日(木)~4月5日(月)の期間、“サステイナブル”をテーマに全館企画「FASHION CAMPAIGN “CYCLE”」を開催。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
ロサンゼルス・ノースハリウッドにカラフルなプレハブが立ち並ぶエリアが誕生。施設には合計で39戸の建物が用意され、1部屋で2人が生活できるようになっているという。
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
「セシール」のメンズファッションブランド「メンズセシール」よりサステイナブルなリバーシブルジャケットが登場。気分に合わせてスタイルが変えられるほか、はっ水...
カメラメーカー「キヤノン」と北欧を拠点にするPR会社「Uncle Grey Copenhagen」が不正な写真の使用や誤用を防ぐことを目的とした写真データ...
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「警視庁警備部災害対策課」が2018年10月に公開した「マスクでメガネが曇らない方法」が、今、海外で話題となっている。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
先日「スタジオジブリ」の公式Twitterに投稿された、「ピクサー」から宮崎駿監督宛てに贈られたという、愛の込もったメッセージボードが話題を集めている。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
住所非公開、完全会員制。アイソレーションタンク、メディテーションルーム、クリエイティブラウンジを併設した新時代のリトリートラウンジ「UNBORN」がオンラ...