「女らしさ」を感じることのできる水の中の世界

水の中で浮かべる安らかな表情。あまりにも気持ち良さそうで、こちらまで心地良い気分に。世の女性たちの隠れた「女らしさ」を表現するために、アーティストのReisha Perlmutterは、『WATER』シリーズを生み出しました。

彼女の描く、裸になって水中で何もかもさらけ出したような姿が、女性ならではの「やわらかさ」を感じさせるのです。

やさしい水の世界

3022b3c00f2266db9f426c09b7d09eafda13c784296dadd1cd0d9df6287a5f0e8bb93854f4c59dd3A5747626a80e37b11400d01520a82b842e59748eA1b11b9a85da5a6087331e27414264c215c19dc94fcd42ee99fdec934886abc82c579974f4034166041437bdc225c69e82c00b67afe0a0975c607293892a5aed037c3f712f649401c3ff7e84c6a4c37152ee96db831a657345fe84e8beaadde9df0a4b5cAcbcefce2c988eb05ead95659df7bb7c8adf0fd397b9965ceeb344c1a542b5ca29b2561d3be595214ab6ac8c22c53cd635662c20205b0af83b436f96

キラキラと輝く“やわらかな水の世界”。絵の中の女性たちだけではなく、フシギと私たちの心もやさしく包み込んでくれます。

カラダと水の境目をなくすように描かれた、ゆらゆらと揺れる光。Reishaは、この曖昧さを描くことで、人々のカラダと水が深く結びついていることを表現しているのかもしれません。

Eca331fd5f53eb4db6005cceca2e6a9203af142a
Licensed material used with permission by Reisha Perlmutter,
写真と見間違えるようなハイパーリアリスティックアートの中でも、これは水中を描いたもの。見ているだけで水の音が聞こえてきそう。作者名:Reisha Perl...
水や砂糖など、身近にある材料を使って描いた作品が注目を浴びているイギリス在中のAravis Dolmennaさん。どれも遊び心いっぱいで、絵本の中のような...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
マグボトル「QUARTZ Bottle」には、水を浄化してくれる機能と、自動的に殺菌をしてくれる特徴があります。これがあれば、バクテリアとウイルスの多い水...
水は人間にとって無くてはならないもの。「生命の源」と言われるなど、もっとも身近な存在のひとつと言えるでしょう。そんな水が、もし夢の中に出てきたら…一体どん...
砂漠のイメージが強くて、サボテンは水の多い場所では育たないと思っているなら、いますぐおすすめしたいのが水耕栽培。実は、水の中でもちゃんと育つのです。かわい...
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
「水を知る旅に出よ」。そんな使命を受けて集った、東京で活躍するクリエイター5人。向かうは東京からはるか遠く離れた、九州・熊本だ。熊本・阿蘇に広がる世界有数...
「DewGood」を電源につなぎ、屋外に放置しておくだけで、1日に最大10ガロン(約40L)の水を作り出してくれるそう。仕組みは空気中の水蒸気を冷やすこと...
いま世界のいたるところで深刻な「水不足」が問題になっています。米・カリフォルニア州では大規模な干ばつが続き、地下水や貯水池の水が干上がり、危機的な状況に。...
もしも、どんなに汚れている水でも、すぐに飲料水に変えてしまう魔法のボトルがあったら…。アメリカに住むマイケル・プリチャードさんは、2004年スマトラ島沖地...
汚染された「水」が原因で命を落とす人がいる。蛇口さえ開けば、さも無限に水が流れ落ちるように新鮮で美味しい水が誰でも飲める国、日本。それが当たり前に思えてい...
イタリア人画家Marco Grassiさんの描く油画は天才的。毛穴のひとつひとつ、髪の毛やしわの一本一本まで精密に描く様子は写真と見紛い、ゾッとするほど。...
地中に埋め込まれた巨大な宝石!?と言われても信じちゃいそうなほど輝きが眩しいのがこの「銀水洞」。場所は沖縄本島と奄美大島の間、沖永良部島(おきのえらぶじま...
蛇口をひねれば水が出ることに慣れてしまっている私たちは、その循環を体感することなんてそうそうない。というより、その必要もなくなってきていると言えるかも。で...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
スティーブ・ジョブズもコレクションしたことでしられる川瀬巴水の版画。彼のすばらしい版画の裏には、挫折のたびに立ち上がり、版画に人生を捧げたたくましい生き様...
河口や浜辺に流れ着いた流木を見つけると、どうしても手にしたくなる。ほどよく朽ちかけ、丸みを帯びたその風合いは、年輪に変わる長い旅路を経た証。もしかしたら、...
「Warka Water(ワルカウォーター)」は、電気を使わずに大気中の霧や雨露を集めて飲み水を確保できる竹製の装置だ。設置や移動が簡単で、低コスト。しか...
通勤時に立ち寄るコンビニで、いつも購入している紅茶やジュース。これからは「水」に変えたほうがいいかもしれません。「Mic」に掲載された記事によると、水を飲...