「女らしさ」を感じることのできる水の中の世界

水の中で浮かべる安らかな表情。あまりにも気持ち良さそうで、こちらまで心地良い気分に。世の女性たちの隠れた「女らしさ」を表現するために、アーティストのReisha Perlmutterは、『WATER』シリーズを生み出しました。

彼女の描く、裸になって水中で何もかもさらけ出したような姿が、女性ならではの「やわらかさ」を感じさせるのです。

やさしい水の世界

3022b3c00f2266db9f426c09b7d09eafda13c784296dadd1cd0d9df6287a5f0e8bb93854f4c59dd3A5747626a80e37b11400d01520a82b842e59748eA1b11b9a85da5a6087331e27414264c215c19dc94fcd42ee99fdec934886abc82c579974f4034166041437bdc225c69e82c00b67afe0a0975c607293892a5aed037c3f712f649401c3ff7e84c6a4c37152ee96db831a657345fe84e8beaadde9df0a4b5cAcbcefce2c988eb05ead95659df7bb7c8adf0fd397b9965ceeb344c1a542b5ca29b2561d3be595214ab6ac8c22c53cd635662c20205b0af83b436f96

キラキラと輝く“やわらかな水の世界”。絵の中の女性たちだけではなく、フシギと私たちの心もやさしく包み込んでくれます。

カラダと水の境目をなくすように描かれた、ゆらゆらと揺れる光。Reishaは、この曖昧さを描くことで、人々のカラダと水が深く結びついていることを表現しているのかもしれません。

Eca331fd5f53eb4db6005cceca2e6a9203af142a
Licensed material used with permission by Reisha Perlmutter,
写真と見間違えるようなハイパーリアリスティックアートの中でも、これは水中を描いたもの。見ているだけで水の音が聞こえてきそう。作者名:Reisha Perl...
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
海と山と大地のエキスを包み込んだ、中国・青島の「水餃子」について。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
水や砂糖など、身近にある材料を使って描いた作品が注目を浴びているイギリス在中のAravis Dolmennaさん。どれも遊び心いっぱいで、絵本の中のような...
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
マグボトル「QUARTZ Bottle」には、水を浄化してくれる機能と、自動的に殺菌をしてくれる特徴があります。これがあれば、バクテリアとウイルスの多い水...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
水は人間にとって無くてはならないもの。「生命の源」と言われるなど、もっとも身近な存在のひとつと言えるでしょう。そんな水が、もし夢の中に出てきたら…一体どん...
砂漠のイメージが強くて、サボテンは水の多い場所では育たないと思っているなら、いますぐおすすめしたいのが水耕栽培。実は、水の中でもちゃんと育つのです。かわい...
「DewGood」を電源につなぎ、屋外に放置しておくだけで、1日に最大10ガロン(約40L)の水を作り出してくれるそう。仕組みは空気中の水蒸気を冷やすこと...
「水を知る旅に出よ」。そんな使命を受けて集った、東京で活躍するクリエイター5人。向かうは東京からはるか遠く離れた、九州・熊本だ。熊本・阿蘇に広がる世界有数...
先日、カルガリー大学に通っている246人のニコルさんたちが友だちになるという、ちょっと変わった出来事がありました。
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
僕は水中にいた。魚もいない、何もない水の中。それだけの世界だった。
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
いま世界のいたるところで深刻な「水不足」が問題になっています。米・カリフォルニア州では大規模な干ばつが続き、地下水や貯水池の水が干上がり、危機的な状況に。...
イタリア人画家Marco Grassiさんの描く油画は天才的。毛穴のひとつひとつ、髪の毛やしわの一本一本まで精密に描く様子は写真と見紛い、ゾッとするほど。...
もしも、どんなに汚れている水でも、すぐに飲料水に変えてしまう魔法のボトルがあったら…。アメリカに住むマイケル・プリチャードさんは、2004年スマトラ島沖地...
汚染された「水」が原因で命を落とす人がいる。蛇口さえ開けば、さも無限に水が流れ落ちるように新鮮で美味しい水が誰でも飲める国、日本。それが当たり前に思えてい...
そもそも、何をもって水出しなの?アイスコーヒーとの違いは?今さら聞けない水出しコーヒーをおさらいしながら、自宅でカンタンにつくれる3ステップを「Food5...