アイデアがスゴい!世界初「水に浮く牧場」

「水上◯◯」と聞いて、何を思い浮かべますか?今や、水上レストランやホテルに行ったことがある人は少なくないかもしれません。リゾート地などにもありますしね。でも、水上の牧場となるとどうでしょう!?

今オランダのロッテルダムでは、なんと“水に浮く”牧場が建設されているのです。「Designboom」で発案のキッカケが紹介されていますが、創設者のMinke van Wingerdenさんが2012年にNYへ行った時、ハリケーン・サンディの被害を目の当たりにしたことから始まったそうです。当時、物品配達は遅れ、食料を手に入れることが困難だったといいます。

でも、この牧場なら自然災害の時でも地元住民の力になってくれそう。

3階建てになっているこの牧場。1階はミルクなどの乳製品を造る場所、2階は牛の収容場所、3階は肥料を育てる場所となる予定。これなら、万が一の災害時でも、食料の確保がしやすいですよね。しかも、ハリケーンがきても倒れないよう設計されているとのこと。

以下に紹介するInstagramの埋め込み画像は現在の建設の様子。その下は完成イメージです。完成したらどんな感じになるのか、今から楽しみです!

© 2018 Floating Farm Rotterdam
46273512918220805703677662724096
Top image: © Beladon
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
国際的な港湾都市、オランダ・ロッテルダムに建設予定の次世代型風車「Dutch Windowheel」。何やらモダンな現代建築というより、どこかアート作品の...
ロッテルダム中央駅前広場に登場した、急勾配の斜面。これからX Gamesが始まろうというのではありません。もちろん、人工ゲレンデでもなし。足場を組み上げた...
これは、アメリカとニュージーランドのメディアが報じていた珍事件。思わぬ方向に展開しちゃいました。
自慢の一張羅を着るおじいちゃん。お気に入りのアクセサリーを身につけるおばあちゃん。シニア向けクラブ「The Posh Club」に参加している人たちは、年...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
「Food52」のMeghan Shepherdさんがインタビューしたのは、銀行員というキャリアを手放し、牧場で新たな人生をスタートさせた29歳の女性・K...
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
オランダのある牛が、今、SNSで注目を浴びています。彼女を助けるためにたくさんの人が協力し、約660万円が寄付されたとのこと。いったい、なぜなんでしょう?
3年かけてノアの方舟を再現した男性を知っているでしょうか。神はノアに「堕落した人類を滅ぼす」と密告し、方舟をつくれと命じたーーなんて物語のようにお告げがあ...
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
現地時間9月11日、オランダ・ロッテルダム。この日行われたフェイエノールト対デンハーグの一戦には、上位対決という意味合いの他にもう一つの注目ポイントがあっ...
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
和紙のような、プラスチックのような、布のような……。すべての合間をとったようなこの素材の正体は、なんと革。これは世界初の半透明な牛革でつくられたコレクショ...
設計は安藤忠雄。美術館か邸宅?なんて思っていたら、実はこれ“馬の邸宅”。そう、牧場なんです。しかも、所有者はトムフォード。安藤忠雄が牧場をデザインしていた...
シンプルで機能的で、管理的な反面、どこか殺風景に映るケアホームが、ほんのちょっとのアイデアで表情豊かに生まれ変わる。オランダから始まり、欧州で注目されつつ...
現在、英プレミアリーグの強豪トッテナム・ホットスパーFCが建設中の新スタジアムについてです。
意外にも世界的な都市部の近くにある水に浮く小屋。ロシアのモスクワの近くにある。電気も水もすべて自然でまかない、都市部での生活の疲労をデトックスできる。
上の画像を見てほしい。クルマのカギと一緒に、キーホルダーにライターのようなものがついている。