アイデアがスゴい!世界初「水に浮く牧場」

「水上◯◯」と聞いて、何を思い浮かべますか?今や、水上レストランやホテルに行ったことがある人は少なくないかもしれません。リゾート地などにもありますしね。でも、水上の牧場となるとどうでしょう!?

今オランダのロッテルダムでは、なんと“水に浮く”牧場が建設されているのです。「Designboom」で発案のキッカケが紹介されていますが、創設者のMinke van Wingerdenさんが2012年にNYへ行った時、ハリケーン・サンディの被害を目の当たりにしたことから始まったそうです。当時、物品配達は遅れ、食料を手に入れることが困難だったといいます。

でも、この牧場なら自然災害の時でも地元住民の力になってくれそう。

3階建てになっているこの牧場。1階はミルクなどの乳製品を造る場所、2階は牛の収容場所、3階は肥料を育てる場所となる予定。これなら、万が一の災害時でも、食料の確保がしやすいですよね。しかも、ハリケーンがきても倒れないよう設計されているとのこと。

以下に紹介するInstagramの埋め込み画像は現在の建設の様子。その下は完成イメージです。完成したらどんな感じになるのか、今から楽しみです!

© 2018 Floating Farm Rotterdam
Top image: © Beladon
他の記事を見る
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
国際的な港湾都市、オランダ・ロッテルダムに建設予定の次世代型風車「Dutch Windowheel」。何やらモダンな現代建築というより、どこかアート作品の...
ロッテルダム中央駅前広場に登場した、急勾配の斜面。これからX Gamesが始まろうというのではありません。もちろん、人工ゲレンデでもなし。足場を組み上げた...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
自分は20歳若い!ということで、69歳のオランダ人男性Emile Ratelbandさんが「49歳」を正式な年齢と認めるようにと訴訟を起こしました。
都市計画からプロダクトデザインまで、幅広い分野で活躍しているUNStudio。彼らが、アムステルダムからフランクフルトまでを53分で走行する“ハイパールー...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
オランダのある牛が、今、SNSで注目を浴びています。彼女を助けるためにたくさんの人が協力し、約660万円が寄付されたとのこと。いったい、なぜなんでしょう?
「Food52」のMeghan Shepherdさんがインタビューしたのは、銀行員というキャリアを手放し、牧場で新たな人生をスタートさせた29歳の女性・K...
半世紀以上アムステルダムで愛され続けているファストフードチェーン「FEBO」のコロッケ(クロケット)。自販機がズラリと並ぶ店舗で販売されていて、購入は小銭...
3年かけてノアの方舟を再現した男性を知っているでしょうか。神はノアに「堕落した人類を滅ぼす」と密告し、方舟をつくれと命じたーーなんて物語のようにお告げがあ...
現地時間9月11日、オランダ・ロッテルダム。この日行われたフェイエノールト対デンハーグの一戦には、上位対決という意味合いの他にもう一つの注目ポイントがあっ...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。