よい子のみなさん、これは水じゃなくて「透明なコーヒー」です

今やサードウェーブも完全に凪(なぎ)のごとくおさまり、「コーヒーのある日常」だけがやんわりと、ごく当たり前に定着した感がある。そんな折、第4波とはまったくく意味合いが違うトンデモないものが現れた。

スロバキアのコーヒーギークが研究に研究を重ねて(多分)たどり着いた、ツッコミどころ満載のコーヒーがこちら。

ちょっと、なんで透明なのよ!?

これ、正真正銘のコーヒー
…だそうです。

1fb54cc49ad9960476b1d237482dac1e3bd523e1

ブラックではなく「透明」。何度そう言われたって違和感だらけ。ミネラルウォーターですよ、誰が見ても。これで本当にコーヒーの味がするかは、正直飲んでみないことには分からない。

でも、どうやらカフェインを含んだ正真正銘のそれらしい。良質なアラビカ種の豆と水でつくられていて、その味わいは苦味の少ない“水出し”に近いものなんだとか。

それにしても、気になるのは「なぜに透明?」の一点。摩訶不思議な世界初(最初で最後かも?)の透明コーヒー「CLR CFF」の開発者デイビッドとアダム兄弟は、決して冗談のつもりで色を抜いたわけではないらしい。その着眼点がまたオモシロかった。

好きだからこそ許せない、
カフェインと歯のアノ問題

大のコーヒーラバーを公言するこの2人、日々がぶ飲みするコーヒーにより、歯が黄ばんでいくのが気になって仕方なかったんだそう。赤ワインに含まれるポリフェノール同様、コーヒーにも色素沈着を起こしやすい「タンニン」が含まれている。

歯の汚れを気にすることなく、マグカップをあおりたい。けれど、歯磨き粉のようにタンニンを落とすためのギアは数あれど、沈着しないコーヒーそのものがないことに疑問を抱いたそう。いやいや、そんなものあるわけない。だったらもう「自分たちでつくるしかない」と一念発起し、開発がスタート。

てっきり白い歯を守るための"ケア"に注目するかと思いきや、彼らの情熱はまさかのコーヒーから色を抜いてしまうという常識破りの解決策(驚)。好きが転じて…ということだろうけど、そもそもこれコーヒーって呼んでいいの?

すでにイギリス、アメリカでは販売がスタート、世界各地で物議をかもしているようだ。この衝撃を伝えるには、やっぱりあの芥川賞作品のタイトルを拝借するっきゃないでしょ。限りなく透明に近い“ブリュー”

Licensed material used with permission by Clear Coffee sro.
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
ブッダは悟りを開く前に、数年にわたり生死の境を行き来するような苦行を続け、その後、苦行のみでは悟りを得ることができないということを理解したそう。苦行の一つ...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
そもそも、何をもって水出しなの?アイスコーヒーとの違いは?今さら聞けない水出しコーヒーをおさらいしながら、自宅でカンタンにつくれる3ステップを「Food5...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
あらゆるものを透明にできる光線をオーストリアのウィーン工科大学が開発し、コンピュータシミュレーションを成功させた。光線を当てたものの性質を変え、光を屈折さ...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
宅飲み、家飲み派の人がとても増えているみたいですね。確かに、終電の時間や酔い具合を気にせず楽しめるし、気心の知れた人とまったり過ごす時間は、特別なもの。そ...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ローストする時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうな予感がします。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。