とある駅前に登場した「急勾配の階段」が向かう先は、なんと・・・

ロッテルダム中央駅前広場に登場した、急勾配の斜面。これからX Gamesが始まろうというのではありません。もちろん、人工ゲレンデでもなし。足場を組み上げただけの「階段」なんです、これ。

手すりにしがみつきながら、おそるおそる人々が足を進めるその先は……。

地上29メートル、180段
「復興」へ続く階段

地上29メートル、長さ57メートル、階数180段の真っ白い階段が、一直線に伸びる先は、デパートやオフィスが入る駅前の商業複合施設「Groot Handelsgebouw」の屋上でした。

オランダ第二の都市ロッテルダムは、近代的な高層ビルが立ち並ぶモダンな町並みで知られています。アムステルダムやユトレヒト、ハーグなどからこの地を訪れると、整備された都市ぶりに、ちょっとした違和感を抱くはず。

これは、第二次世界大戦の折、ドイツ・ナチスの空爆によりロッテルダム中心部が壊滅的打撃を受け、戦後新たな都市計画のもと今日の再開発が実施されてきた背景があるからなんです。

空爆によって焼け野原となったロッテルダムに、復興の狼煙(のろし)が上がったのが、階段がかけられたGroot Handelsgebouwです。1953年に建設された戦後初の大型建築物であり、復興の象徴としてのランドマーク。

あれから75年目を迎えた2016年5月、ロッテルダム中央駅改修工事にも携わったデザイン事務所「MVRDV」は、このハシゴのインスタレーションを1ヶ月間限定で設置しました。

伝統と革新をつなぐ階段

階段と反対方向に伸びる三角屋根が、約9年間の改修工事期間を経て新装された、ロッテルダム中央駅。歴史的建造物と現代的なアイコンをつなぎ合わせた階段に、観光客だけでなく多くの市民が市内を一望するGroot Handelsgebouwに登り、節目の年を祝う1ヶ月になった、とMVRDVの共同創設者のひとりWiny Massは公式サイトにコメントを添えています。

都市の復興とネクストステップを同時に体感させるためのプロジェクトは、6月12日をもって終了。駅前から足場は撤去されています。

Licensed material used with permission by MVRDV
Photo by Ossip van Duivenbode
他の記事を見る
船尾修さん。アジア・アフリカでドキュメンタリー作品を撮り続けている写真家。彼は撮影でフィリピン・ルソン島の世界遺産に登録されている棚田に訪れた時、そこがか...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
オランダのロッテルダムに世界初の水上牧場Floating Farm Rotterdamが登場予定。まだ建設中ですが、これ、完成したら凄いことになりそう……!
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
国際的な港湾都市、オランダ・ロッテルダムに建設予定の次世代型風車「Dutch Windowheel」。何やらモダンな現代建築というより、どこかアート作品の...
今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな料理を食べられますか?
「iBot」は、大きな2つの車輪が縦並びにトランスフォームする電動車イス。動画を見てみましょう。そのほか、階段を登れるところが大きな車輪と優秀なバランス調...
「HotTug」は、オランダで開発された観光用の湯船式ボート。飲み物片手に運河をセイリングし、街中をまわれる次世代ツールだ。すでに個人向けに販売が開始され...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
半世紀以上アムステルダムで愛され続けているファストフードチェーン「FEBO」のコロッケ(クロケット)。自販機がズラリと並ぶ店舗で販売されていて、購入は小銭...
人気、実力共にフランスを代表する監督になったフランソワ・オゾン。最新作『婚約者の友人』は「嘘」について描かれた映画だ。第一次世界大戦後のフランスとドイツを...
「まほろ駅前多田便利軒」は、三浦しをんの小説。第135回目の直木賞受賞作品だ。
コペンハーゲンから約10キロのところにある街ビズオウア。ここに人工島をつくるという大規模なプロジェクトが考案されています。自然か開発、それともそこに住む人...
マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した新しい素材は、日本の折り紙からヒントを得た「aeroMorph」。布や紙、プラスチックなどのベースに菱形模様を...
001 大陸:南米002 国名:チリ003 都市名:バルパライソ004 日付:2012.5.5「この美しさ、まるでヨーロッパ」About the City...
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
Googleとインド政府が協力して開発したアプリが、現在、実用化に向けてデリーで試験導入中。なんでもこのアプリを使いこなせば、急にもよおしたとしても、慌て...