「壊れても自ら再生する建築」。そんな壮大な挑戦が始まっていた。

ビジュアルを見れば、何かが爆発しているところにも思える作品。もしも、これが行った美術館に展示されていたら、それだけでも圧倒されてしまうかもしれません。だけど、建築の未来を変える可能性もあるらしいのです

“生きる”建築

27ad381995802420227aa5c8ebcc24476394b0cf
Image by Philip Beesley, Alex Willms / PBAI
2abdcba3d54ae32fb98df45cf18e989a69bbfd65
Image by Philip Beesley, Alex Willms / PBAI
E61fef31bad57377e2b2dc11e6e9e89e41ec2870
Image by Philip Beesley, Alex Willms / PBAI
C2968a2eb601be4bdb4e84cf87f3f54d912f4e79
Image by Philip Beesley, Alex Willms / PBAI
11d1a13fef175a358bac6eadf00a13cfca60bd26
Image by Philip Beesley, Alex Willms / PBAI

アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんの要素が盛り込まれたもの。

例えば、レーザーカットされたアクリルや、3Dプリンターで印刷されたライト、人工的に化学反応をさせた素材など。新たなテクノロジーをどんどん採用していくのが、彼のスタイルのようです。AIを使っているところもあるそう。

さらに、オーディエンスの動きに反応して、ライトが光り、音が鳴り、作品の一部が振動することも。

919814347760815527725a74c00113d9175fa13e
Image by Philip Beesley, Alex Willms / PBAI
3edd9ead7259b7b8d93d0b9def2158133f9f31bd
Image by Philip Beesley, Alex Willms / PBAI

そして、この作品に使用されているガラスは、“生きている”ものを表しているとのこと。コンセプトに止まることなく、一緒に組み込まれているオイルと化学物質が、自分で修復可能になるポテンシャルを生み出すのだとか。まさに、命ある生物のように。

つまり、何かの拍子に壁を傷つけてしまっても、勝手に直っているということが、未来ではありうるのかもしれません。

先日、東京大学の研究チームが「割れてもくっつくガラス」を開発したと話題になりましたが、建築に関しても同じ類のことができるようになるみたいです。いや、それ以上に、成長していくなんてことも、テクノロジーをもってすれば可能になるでしょう。

PhilipさんのHPにある言葉を知ると、今後の生活が楽しみになってきます。

Can architecture integrate living functions?

建築に“生きる”という機能を組み込むことができるのか?

Licensed material used with permission by Philip Beesley Architect Inc.
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
フランスのブルゴーニュ地方にあるゲドロン城。いかにも古そうな感じですが、実はこれ、昔からあるものではなく、1997年から建造を開始したもの。6年後の202...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
東京都品川区には、企業が運営する希少な商品や、ちょっと変わったものが並ぶミュージアムがあります。「建築倉庫ミュージアム」「自転車文化センター」「ソニー歴史...
建築コミュニティをネットサーフィンしていると、あっという間に時間が過ぎる。Googleマップで新しい場所を探しては、現地へ足を運んで撮るーー。と、ドイツ人...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
わたしたちの心は、いつも不安定で、混乱していて、壊れやすい。カラフルにすることもできるし、暗闇に引き寄せられちゃうこともある。Charlotte West...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
「再生利用可能エネルギー」という言葉自体はよく見かけるようになりました。が、まだまだ有効活用しているよ、という人は少ないですよね。でも、世界的には着実にそ...
まるで、ホログラムで虚空に映し出されたかのような幻想的な建物。そこに実体がないように錯覚してしまいますが、これはすべて、ワイヤーで組み立てられているのだそ...
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
プログラマやエンジニア、建築家など、さまざまなスペシャリストで構成されたウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」。アート・サイエンス・テクノロジーの境界線...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...