「壊れても自ら再生する建築」。そんな壮大な挑戦が始まっていた。

ビジュアルを見れば、何かが爆発しているところにも思える作品。もしも、これが行った美術館に展示されていたら、それだけでも圧倒されてしまうかもしれません。だけど、建築の未来を変える可能性もあるらしいのです

“生きる”建築

Image by Philip Beesley, Alex Willms / PBAI
Image by Philip Beesley, Alex Willms / PBAI
Image by Philip Beesley, Alex Willms / PBAI
Image by Philip Beesley, Alex Willms / PBAI
Image by Philip Beesley, Alex Willms / PBAI

アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんの要素が盛り込まれたもの。

例えば、レーザーカットされたアクリルや、3Dプリンターで印刷されたライト、人工的に化学反応をさせた素材など。新たなテクノロジーをどんどん採用していくのが、彼のスタイルのようです。AIを使っているところもあるそう。

さらに、オーディエンスの動きに反応して、ライトが光り、音が鳴り、作品の一部が振動することも。

Image by Philip Beesley, Alex Willms / PBAI
Image by Philip Beesley, Alex Willms / PBAI

そして、この作品に使用されているガラスは、“生きている”ものを表しているとのこと。コンセプトに止まることなく、一緒に組み込まれているオイルと化学物質が、自分で修復可能になるポテンシャルを生み出すのだとか。まさに、命ある生物のように。

つまり、何かの拍子に壁を傷つけてしまっても、勝手に直っているということが、未来ではありうるのかもしれません。

先日、東京大学の研究チームが「割れてもくっつくガラス」を開発したと話題になりましたが、建築に関しても同じ類のことができるようになるみたいです。いや、それ以上に、成長していくなんてことも、テクノロジーをもってすれば可能になるでしょう。

PhilipさんのHPにある言葉を知ると、今後の生活が楽しみになってきます。

Can architecture integrate living functions?

建築に“生きる”という機能を組み込むことができるのか?

Licensed material used with permission by Philip Beesley Architect Inc.
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
デンマークの建築事務所「Henning Larsen」は、“建物すべてが木造で建てられた街”を構想中だ。
南アフリカでも、トレンド感のあるコンテナアパートが建設されました。デザインを手がけたのは、ニューヨークとナポリを主な拠点とする建築事務所「LOT-EK」。...
精神科医・奥田弘美先生曰く、ストレス解消にもおすすめだというクラゲ鑑賞。7月9日にリニューアルオープンする「サンシャイン水族館」の「海月空感(くらげくうか...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
7月4日より「ベストウェスタンレンブラントホテル東京町田」内に期間限定&テイクアウト・デリバリー限定の「ドムドムハンバーガー」がオープン。
フランスのブルゴーニュ地方にあるゲドロン城。いかにも古そうな感じですが、実はこれ、昔からあるものではなく、1997年から建造を開始したもの。6年後の202...
東京五輪期間中、駐日フィンランド大使館の敷地内に「メッツァパビリオン」が登場。
来年2月20日〜24日、「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」をコンセプトに掲げるアート×テクノロジーのイベント「...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
「SHIBUYA CAST.」の3周年を記念し、建築デザイン事務所「noiz」が手がけた垂直版のスマートシティ構想を視覚化した「SHIBUYA HYPER...
6月29日、米「カリフォルニア大学」のロサンゼルス校の研究チームが、アメリカ手話(ASL)を読み取り、リアルタイムで音声変換するデバイスを開発したと発表。...
東京都品川区には、企業が運営する希少な商品や、ちょっと変わったものが並ぶミュージアムがあります。「建築倉庫ミュージアム」「自転車文化センター」「ソニー歴史...
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
わたしたちの心は、いつも不安定で、混乱していて、壊れやすい。カラフルにすることもできるし、暗闇に引き寄せられちゃうこともある。Charlotte West...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...