ジャン・ヌーベルの最新建築がこれまた未来すぎる

「カタール国立博物館」や「ルーブル・アブダビ」を手掛けたフランス人建築家ジャン・ヌーベルが、10月27日にサウジアラビアのアルウラ砂漠の砂岩の丘に彫られる地下ホテル「Sharaan」のデザインを公開した。

このホテルは、サウジアラビアで最初に世界遺産に登録された古代都市・マダイン・サーハレの近くに建設される予定で、首都リヤドからは約1100km離れたところに位置する。

AlUla Jean Nouvel
© All renderings are courtesy of Atelier Jean Nouvel, 2020

ヌーベル氏は「アルウラ自体が博物館であり、古代から引き継がれているすべての文明の魅力を保持しなければいけない」との使命感を持ち、紀元前に栄えたナバテア文明からインスパイアされた、遺跡内に自然と溶け込むようなデザインに仕上げた。

ホテルにはゲストルーム40部屋3つのヴィラが設けられる予定で、リゾート全体としては、ホテル周辺にリトリートサミットセンターレストランなどを設ける。このリゾート開発を通じて地域経済への貢献を目指すそうだが、完成は2024年になる見通し。

デザインの力で自然の風景と完全に調和したホテルの誕生に期待だ。

© Jean Nouvel/Twitter
Top image: © All renderings are courtesy of Atelier Jean Nouvel, 2020
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

円盤のような丸い屋根が特徴的なカタール国立博物館の建物は、フランス人建築家ジャン・ヌーベルが手がけました。「ルーヴル・アブダビ」など数々の名の知れた建築物...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
観光促進、雇用創出、外国投資を目的に進められている、サウジアラビアの新プロジェクト「Amaala」。同国の北西の沿岸部に、新たなリゾートを建設するというもの。
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...