「わが家にいるようだ」老人ホームに革新をもたらした、ほんの少しのアイデア

シンプルで機能的で、管理的な反面、どこか殺風景に映るケアホームが、ほんのちょっとのアイデアで表情豊かに生まれ変わる。オランダから始まり、欧州で注目されつつあるプロジェクトを紹介します。デザインの力が認知症を患う人々の心を動かす、とってもステキな事例です。

入居部屋を“懐かしのわが家”に
ドアをドアで装飾する。

アムステルダムを拠点に活動を続ける団体「true doors」は、認知症ケアホームの内装を手掛けてきました。彼らがとくにこだわるのは、入居者たちの部屋のドア。 

そもそもすべて一律の見た目は、もしかしたら施設側(ケアをする側)の都合なのかもしれない。けれど、認知症を患っている入居者たちは、実際どの部屋も同じに見えて、自分の部屋が分からなくなってしまう。そんなトラブルが日常的に起こっているんだそう。

そこで、true doorsが考えたのが、無機質で単色のドアを、それぞれの住人の個性を表すものに変えること。施設のドアを本物のドアに取り替えてしまおうというもの。

でも、扉ごと新調するのは大掛かり。そこで、さまざまなデザインが施され、同サイズに合わせたドアのステッカーを上から張り合わせる、という手法にしたそうです。つまりは、デコレーションする訳です。

 

パリ、アルデシュ(南仏の県)、アムステルダム、ストックホルム、タリン(エストニアの首都)。各国の個性豊かなドアの表情を引き伸ばし、貼り付ける。たったこれだけのアイデアですが、利用者たちは自分の部屋に迷わずたどり着けるようになり、施設での生活にも彩りが増したと大喜び。

なぜって?彼らが選んだステッカーは、実際に施設に入所する前、彼らが住んでいた家のものだから。

昔の思い出が昨日のことのように蘇ってくるの。まるで自分の家にいるみたい。温かくて居心地のいい、懐かしのわが家よ。── Ms.Roodenburg

懐かしいなあ。キュラソー島にあるウチのドアは本当に美しくてね。娘が貼ってくれたんだけど、これで私がホームシックになるんじゃないかって心配しているよ。── Mr.Rojas

このアートプロジェクトの成功により、true doorsの活動はオランダで広く知れ渡るように。その功績が讃えられ、2014年には「MSD Care Award」を受賞。小さなプロジェクトは、いま社会貢献活動としてヨーロッパ各国からも注目されるまでになりました。

記憶の扉も開ける
想いでのドアたち

ところで、このアートプロジェクトがなぜ「true door」と名付けられたと思います?

認知症を患ったおじいちゃん、おばあちゃんたちのドアが以前、自分たちの住んでいた家とそっくりのものに変わる。すると、彼らは昔の想いで話を楽しそうに語り始めるんだそう。

心に大切に留めておいた記憶のドアを開ける手伝いも、もしかしたら、この生まれ変わったドアが担っているのかもしれない。そんな意味合いから、こう呼ばれるようになった。とってもステキな話ですよね。

Licensed material used with permission by Lifelong Inspiration Initiative
他の記事を見る
2人の高齢者が老人ホームを抜け出し、このイベント会場に向かうところで警察に保護されていたそうです。
どこか画一的なイメージを持っていた老人ホーム。でも、海外に目を向けると、こうした発想があることに驚かずにはいられません。舞台は、オハイオ州の老人ホーム「T...
とくに家庭で飼われている猫に多いのですが、妊娠して出産をしたとしても、親猫が育児を放棄してしまうことがあります。その理由はさまざまですが、母親に捨てられて...
おばあちゃんと孫ほど年齢差のあるこのふたり、ちょっとびっくりするような共通点があります。じつは、同じ老人ホームに「住んで」いるんです。 「老人ホーム」と聞...
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
「Wizarding World Holiday at Changi's」は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル内で開催されています。
いま話題となっている『ホーム・アローン』✕「Googleアシスタント」の動画。大人になったケビンが、Googleアシスタントで泥棒を追い返す様子が描かれて...
これは傑作、と思わず繰り返して見てしまいました。わずか1ヶ月あまりで1,100万回再生されたショートムービーを紹介します。セリフは一切ありませんが、ぜひ動...
“ホームパーティで気兼ねなく1本スグ空けちゃえ!”系 ワイン。大人数でワイワイと楽しむのが正解。お値段は1,000円台前半。
厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。こ...
シチリア島にある数十件の家が売りに出されています。しかも、たったの約1ユーロ。ただ、自ら家を改装する必要があるなど条件はあるようで。特にヨーロッパ圏内の外...
認知症を発症させた母親との日々。それを赤裸々にYouTubeで発信しているのは、息子のJoeyさん。「Mother and Son's Journey w...
手の平に収まる程度のキューブ、小さなカメラに、薄いひし形のデバイス・・・実はこれ、世界最小クラスのIoTホームセキュリティシステム『Cube(キューブ)』...
オランダのロッテルダムに世界初の水上牧場Floating Farm Rotterdamが登場予定。まだ建設中ですが、これ、完成したら凄いことになりそう……!
画家でもありフォトグラファーでもあるTony Lucianiさんは、母Eliaさんの写真を撮り続けます。そのきっかけは、「認知症」が関係していました。
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土か...
アムステルダムといえば、ヨーロッパ有数のトラム網が整備された街。最近、そんな市民の足にある変化が起きているのだそう。実は車内に、「ワニのステッカー」が登場...
2014年世界保健機関(WHO)が発表した男女別の平均寿命ランキングで、スイスは男性2位、女性3位の結果。欧州でも、少子高齢化が進む国のひとつです。高齢者...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
アイロンプリントのノリで、手持ちのウェアをカスタマイズできる。
「クリエイティブでイノベーティブな発想とは、生まれ持った特性ではない」そう書いているのは、心理学業界で精神の成熟度を測れる指標として知られている「EQ(心...