世界初「認知症ワクチン」が誕生。インフルエンザのように予防接種可能に!?

厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。

これまで、日本のみならず世界中で治療薬の研究開発が進むなか、オーストラリアとアメリカの共同研究チームがブレイクスルーとなる新薬を開発した、と大きな話題を呼んでいる。

認知症治療薬に
新時代の幕開けか?

2084975f9be0b9efe555790be6b74e83a6fd4f53

発症の原因によって細かく分類されている認知症。なかでも半数近い人がアルツハイマー型認知症を患っている。今回の新薬も、このアルツハイマー型(以下、認知症と記す)に有効なワクチンだ。

米政府から多額の資金援助を受けてカリフォルニア大学分子医学研究所と、フリンダース大学(南オーストラリア)の研究チームが共同開発した「認知症ワクチン」が、なぜここまで注目されているのか?

それこそが、今回のワクチンの肝。これまで進行を遅らせる薬はあれど、認知症を予防する(ないしはできる)薬は皆無だったから

現在、日本でも使用されている認知症治療薬は4種類。どれも発症後に投与され、あくまで「進行を遅らせる」ことに主眼をおいたもの。ところが、研究チームが開発した新薬は、認知症になる前に予防薬として投与できる。ここに大きな意味がある。

50歳以上は予防接種が可能
初期段階なら回復も期待

6a3e786342a5524d3aafa22f3af1e552bbbcce04

年齢が50歳以上の健常者であれば、インフルエンザのように予防接種を受けることができる。さらに、認知症初期段階の人であれば、ワクチン投与で症状の回復も見込めるそう。

フリンダース大学のNikolai ­Petrovsky医学教授によると、脳内のアミロイドベーターとタウ、2種類のタンパク質の蓄積によって引き起こされる認知症の症状から、このワクチンはそれらを分解させる働きかけをするものだそう。

­Petrovsky教授は、臨床実験に成功した上での前提ながら、この先3年から5年以内には、これらのワクチンが実際に医療現場で十分に活用される見込みがあることを「The Australian」に語っている。

また、高齢者予備軍として50歳以上の人であれば、だれでもインフルエンザと等しく、認知症の予防接種を受けることができるそうだ。しかも、驚くことに認知症初期段階の人であれば、このワクチン投与で症状の回復も見込めるという。

薬で認知症を治す日は近い?

アメリカ政府は、このPetrovsky教授の研究を含めた認知症治療薬の開発に、2016年だけで10億ドル(約1,000億円)以上を投資している、と「ABC News」は報じた。

国際アルツハイマー病協会(Alzheimer’s Disease International、ADI)が発表した報告書によると、世界では毎年新たに約990万人が認知症を患い、2010年の推定値と比較して約30%高い数値だという。新薬への需要は非常に高く、ワクチン製品化へのプロセスを是が非でも速めたい米政府の意気込みを感じる。

いまも、世界中で治療薬開発に向けたさまざまな研究開発が行われている。しかし、結実するまでの道のりは果てしない。認知症の研究が進んでいるアメリカにおいて、過去20年で101もの新治療薬が開発に失敗した、という事実もある(米国研究製薬工業協会)。

今回の予防ワクチンが身を結ぶか。そこに世界が大きく注目している。

注射嫌いには朗報。インフルエンザ予防ができる『皮膚パッチ式』のワクチンが開発されました。0.03インチの極細の針が100本含まれた"microneedle...
認知症を発症させた母親との日々。それを赤裸々にYouTubeで発信しているのは、息子のJoeyさん。「Mother and Son's Journey w...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
人々の命を守るワクチン。しかし、すべての国でその重要性が認識されているわけではない。アフガニスタンもそのひとつ。乳児死亡率が世界でも特に高いこの国では、そ...
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
画家でもありフォトグラファーでもあるTony Lucianiさんは、母Eliaさんの写真を撮り続けます。そのきっかけは、「認知症」が関係していました。
2016年2月某日。インフルエンザが流行しているポーランドの首都・ワルシャワに、とある看板が出現しました。コレ、一体なんだと思いますか?実はこの看板、赤外...
2014年世界保健機関(WHO)が発表した男女別の平均寿命ランキングで、スイスは男性2位、女性3位の結果。欧州でも、少子高齢化が進む国のひとつです。高齢者...
コーヒー、紅茶、緑茶を“ショットグラス”で楽しむ。 世界初のオーガニックカフェインチャージバーcaffeineholic〒103-0002 東京都中央区日...
この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土か...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
予防接種などの注射器が必要な場合に、針を使うことなく薬物を投与してくれる「Portal Instruments」。必要な時間はたったの0.4秒なんだとか。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
狭い車の中で熱唱する、このイギリス人親子。カーステレオのボリュームをひねり、大音量で歌い続けるのには、ある訳がありました。この車中カラオケは、「父の記憶」...
認知症の一種である「アルツハイマー病」は、記憶や思考力が徐々に失われ、最終的には日常生活に必要な作業すら困難になっていく病気。私たちが忘れられない瞬間、忘...
WHO(世界保健機関)は、キューバがHIVと梅毒の母子感染を“撲滅した”と発表した。これは世界初の事例となる。具体的には、10万人の出生数に対して、感染者...
上の画像を見てほしい。クルマのカギと一緒に、キーホルダーにライターのようなものがついている。
和紙のような、プラスチックのような、布のような……。すべての合間をとったようなこの素材の正体は、なんと革。これは世界初の半透明な牛革でつくられたコレクショ...
男性が、世界で初めて妊娠・出産したとニュースになったのは、2008年のこと。もともと女性として生まれてきたけれど、大人になってから自分は女性に惹かれている...
オーストラリアのByron Bayで、世界で初めて完全にソーラー発電のみで走る電車の運行が開始されている。電車の屋根にはソーラーパネルが取り付けられ、ソー...
シンプルで機能的で、管理的な反面、どこか殺風景に映るケアホームが、ほんのちょっとのアイデアで表情豊かに生まれ変わる。オランダから始まり、欧州で注目されつつ...