【アメリカ】ワクチン接種後に受けられるサービスが続々登場!

新型コロナウイルスに対抗するワクチンの接種が、今、世界中で進行している。

とくにアメリカはすでに累計接種回数が2億回を上回り、世界のなかでもワクチン接種の対応が進んでいる国だ。

そんなアメリカでは、14のブランドがワクチン接種後にゲットできる無料商品サービスなどを提供。その一覧がこちら。

1. Krispy Kreme/1日1個、定番の「オリジナル・グレーズド」を無償提供など。

 

2. Budweiser/「I Got Vaccinated」のステッカーを持ったor注射の絆創膏を見せたセルフィーをサイトにアップした最初の1万人に5ドル分のクーポン券を提供など。

 

3. Samuel Adams/ステッカーや絆創膏の見えるセルフィーをInstagramかTwitterにアップした最初の1万人に7ドル分のキャッシュがアプリ内で支払われるなど。

 

4. Drop/ステッカーを持ったセルフィーか実際にワクチンを接種しているところをInstagramにアップしてギフトカードと交換できるアプリ内ポイントを提供など。

 

5. Staples/ワクチンカードを無料でラミネート加工など。

 

6. Office Depot/ワクチンカードを無料でラミネート加工など。

 

7. OfficeMax/ワクチンカードを無料でラミネート加工など。

 

8. So Good So You/プロバイオティクスのジュースの無料クーポン券を提供など。

 

9. Nathan's Famous/ワクチン接種をした日に店舗に訪れるとホットドッグを無料で提供など。

 

10. Junior's/ワクチンカードの提示でミニチーズケーキを無料で提供など。

 

11. Cincinnati Reds/ワクチンカードを窓口に持っていくことで、座席「View Level」のチケットが10ドルで購入できるなど。

 

12. Super Duper Burgers/ワクチン接種会場が写ったセルフィーをSNSにアップし、店舗で見せれば無料でフライドポテトを提供など。

 

13. Up-Down Arcade Bar/ワクチン接種から3週間以内に店舗に訪れたら、無料の商品券を提供など。

 

14. The Greenhouse of Walled Lake/ワクチンカードか証明書を見せることで無料ジョイントとカンナビス製造工場「UBaked」までの無料送迎バスを提供など。

これらの施策に賛否はあるようだが、ポストコロナのどことなく暗い世間の雰囲気を少しでも明るいものにしたいという企業努力真心によるものと捉えれば、その恩恵にあずかりたいと感じる人も少なくないのではないだろうか。

詳しいサービス内容を知りたい人はコチラをどうぞ。

Top image: © Ksenia Zvezdina/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

4月6日、世界で初めての試みとして、新型コロナウイルスのワクチン接種者だけが搭乗する便が運航された。
アメリカ・アラスカ州知事のマイク・ダンリービー氏は、4月17日、自身のTwitterで「旅行者に無料で新型コロナのワクチン接種を提供する」と発表した。
すでに接種が始まった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン。しかし、配給されているのは一部の富裕国のみ。こうした状況に、ノルウェーの「ユニ...
ドイツの首都・ベルリンでは、都市の文化を反映した現象が起きている。医療スタッフのほかに約1000人ほどがワクチン接種の現場で働いているのだが、なんとそのう...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
アメリカ・ハワイ州知事のデイビッド・イゲ氏は「5月11日からワクチンを接種済みの人は州内を隔離期間や事前検査なしで行き来できる」ことを明らかにした。
米・ニューヨーク州で、新型コロナの陰性やワクチン接種済みであることを証明できるデジタルパス「Excelsior Pass」が運用開始されている。
注射嫌いには朗報。インフルエンザ予防ができる『皮膚パッチ式』のワクチンが開発されました。0.03インチの極細の針が100本含まれた"microneedle...
米「Google」は、日本版「COVID-19 感染予測」の公開をスタートした。もともとアメリカで公開されていた当サービスだが、このたび日本版にローカライ...
人々の命を守るワクチン。しかし、すべての国でその重要性が認識されているわけではない。アフガニスタンもそのひとつ。乳児死亡率が世界でも特に高いこの国では、そ...
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
不特定多数がステイホーム生活を記録していくだけのウェブサイト「COVID-19流行下の日々を集団で記録する日誌」が話題だ。暇を持て余している人は今すぐご確...
「Apple」は、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しているかどうかの判断材料をSiriを利用して調べる新サービスを開始した。
4月7日、「Nike」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「個人用防護具(PPE)用フェイスシールド」と「電動ファン付き呼吸用防護...
感染拡大防止のため、あのハリウッド映画の登場人物たちも......マスクを着用し始めた!?
厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。こ...
米最大の映画館グループ「AMC Theatres」が、個人向けに映画館を貸切レンタルするサービスを開始した。99ドル〜で最大20人で利用可能。最新作上映に...
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、中国の「ケンタッキー」は、人との接触なく商品を受け渡しをする「コンタクトレスデリバリーサービス」を開始。
4月20日、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、Uberがふたつのサービスをローンチした。小売店から一般家庭への配送を提供する「Ub...
「新型コロナウイルスが収束したら思いっきり旅行を楽しみたい!」。そんな方にオススメしたい「ひとときパス」は、宿泊券を先払いで購入し、その後に自由に宿泊日を...
アメリカ、ニューヨークを代表する老舗ホテル「ルーズベルトホテル」。約100年ほど、世界中の人に愛されてきたこのホテルが、10月いっぱいで惜しまれつつ閉館に。
「National Geographic(ナショナル・ジオグラフィック)」が外出自粛中の家族を救うため、オンラインサービス「NATGEO@HOME」を無料...
知らない人のプールを借りられるサービスを展開する「Swimply」。プールは、ロサンゼルスやマイアミビーチなどを含むアメリカ国内の5つのロケーションから検...
マイアミの高級ショッピングモール内に新型コロナ感染防止グッズの専門店がオープン!種類豊富なマスクを始め、除菌・抗菌グッズが揃う。
トランプ政権を揶揄したアメリカンなジョークグッズと思いきや、その逆。トランプ支持者が作ったものだそうです。
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
アメリカで、パーティにも家でのくつろぎタイムにも必須な「Dr Pepper」がスーパーから消えている!
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
世界中でいまだ収束の兆しがみえない、COVID-19の感染拡大。そんな未知のウイルスの感染拡大には「言語」が関係しているという仮説に基づいた研究が進められ...
アメリカのマーケティングエージェンシー「Moosylvania」は、「Milleniall's Top 100 Brands(ミレニアル世代の人気ブランド...