パンデミックでハミングバードの歌が「素敵」になった!?

サンフランシスコのベイエリア周辺では、パンデミックにより強制的に外出禁止となり、街がロックダウンした影響で、に変化が起きている。

その変化とは──ミヤマシトドという鳴き鳥の歌声が素敵になったということ。

“素敵”とはどういうことか?

サイエンス誌の研究者たちの過去数年間の野外観察によると、今までは町中に満ちた人為的な騒音の影響で、鳥たちは騒々しい環境でも自分たちの発する音が十分に聞こえるように、まるで叫ぶように歌っていたのだとか。

しかし、ロックダウンによる突然の街の静けさの到来で、都市部の鳥も農村部の鳥のように柔らかく、質の高い複雑なサウンドを出し始めたそうだ。

そもそも、なぜ鳥が歌を披露するかというと、オスがメスに対してアピールするため。その際、音のレンジが広ければ広いほど、魅力的であるらしい。だからこそ騒音がなくなった今、ミヤマシトドは鳴き声を張り上げることではなく、きれいなサウンドを出すことに注力できるようになったのだ。

いかに騒音が深刻な問題かを物語るような劇的な鳥たちへの変化。いろいろなところにロックダウンの意外な影響が出ているのかもしれない。

Top image: © iStock.com/yhelfman
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
不特定多数がステイホーム生活を記録していくだけのウェブサイト「COVID-19流行下の日々を集団で記録する日誌」が話題だ。暇を持て余している人は今すぐご確...
北極圏にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫が、完成したのは2008年。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。
「U.S.A. Songs Map」は、アメリカの各州や都市にゆかりのある歌のタイトルが記されている地図。その数1000曲以上。あまり聞いたことのない地名...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
4月7日、「Nike」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「個人用防護具(PPE)用フェイスシールド」と「電動ファン付き呼吸用防護...
人が多い夏場のビーチではまだ新型コロナウイルス(COVID-19)の感染リスクが気になるところ。そんな問題を解決するクリエイティブなアイテムを紹介。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
自然欠乏症候群。本来は、子どもたちが自然に触れる機会が少ないために起こってしまう、不眠などの症状を表します。とは言っても、大人にも当てはまるような気がしま...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
世界中でいまだ収束の兆しがみえない、COVID-19の感染拡大。そんな未知のウイルスの感染拡大には「言語」が関係しているという仮説に基づいた研究が進められ...
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でミュージックビデオの撮影計画が頓挫してしまったアメリカのバンド「Thao & The Get Down...
一見気づきにくいほど周囲の自然に溶け込んだ小屋が、メキシコの西海岸にある田舎町サン・ファン・デ・アリマにあります。小屋とはいえ、中はホテルのロビーみたいに...
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
3月19日、KEENが新型コロナウイルス(COVID-19)に立ち向かう人々のために、10万足のシューズを無償で提供すると発表した。
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
映画『007』シリーズの最新作『007/ノー・タイム・トゥー・ダイ』の主題歌をビリー・アイリッシュが担当することが発表された。
自らをフェミニストソングライターと呼ぶRachel Larkさん。トランプ大統領にも聞いて欲しいと言うフェミニズムの歌をYouTubeで公開した。どストレ...
ラジオ・ニュージーランドが作成したニュージーランドの地図。いくつもの星マークが表示されていて、クリックするとその土地にゆかりの曲のタイトルと短い紹介文がで...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
「ブーブは、逆から読んでもブーブ♪」そんな歌がいま注目されています。Boobは英語で"おっぱい"という意味。楽曲のアイデアは8歳の少年のものでした。が、参...