パンデミックでハミングバードの歌が「素敵」になった!?

サンフランシスコのベイエリア周辺では、パンデミックにより強制的に外出禁止となり、街がロックダウンした影響で、に変化が起きている。

その変化とは──ミヤマシトドという鳴き鳥の歌声が素敵になったということ。

“素敵”とはどういうことか?

サイエンス誌の研究者たちの過去数年間の野外観察によると、今までは町中に満ちた人為的な騒音の影響で、鳥たちは騒々しい環境でも自分たちの発する音が十分に聞こえるように、まるで叫ぶように歌っていたのだとか。

しかし、ロックダウンによる突然の街の静けさの到来で、都市部の鳥も農村部の鳥のように柔らかく、質の高い複雑なサウンドを出し始めたそうだ。

そもそも、なぜ鳥が歌を披露するかというと、オスがメスに対してアピールするため。その際、音のレンジが広ければ広いほど、魅力的であるらしい。だからこそ騒音がなくなった今、ミヤマシトドは鳴き声を張り上げることではなく、きれいなサウンドを出すことに注力できるようになったのだ。

いかに騒音が深刻な問題かを物語るような劇的な鳥たちへの変化。いろいろなところにロックダウンの意外な影響が出ているのかもしれない。

Top image: © iStock.com/yhelfman
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

不特定多数がステイホーム生活を記録していくだけのウェブサイト「COVID-19流行下の日々を集団で記録する日誌」が話題だ。暇を持て余している人は今すぐご確...
米「Google」は、日本版「COVID-19 感染予測」の公開をスタートした。もともとアメリカで公開されていた当サービスだが、このたび日本版にローカライ...
北極圏にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫が、完成したのは2008年。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。
19世紀初頭より英国を中心とした港街において、船乗りたちの労働歌として歌われてきた「シーシャンティ」と呼ばれる楽曲群。一部のマニアを除き長い間日の目を見る...
資生堂のボディケアブランド「シーブリーズ」と赤城乳業株式会社の「ガリガリ君」のコラボ商品が4月下旬より数量限定で発売。
アメリカ、ニューヨークを代表する老舗ホテル「ルーズベルトホテル」。約100年ほど、世界中の人に愛されてきたこのホテルが、10月いっぱいで惜しまれつつ閉館に。
「U.S.A. Songs Map」は、アメリカの各州や都市にゆかりのある歌のタイトルが記されている地図。その数1000曲以上。あまり聞いたことのない地名...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...