1日8時間労働をやめるべき理由【調査結果】

新型コロナウイルス感染拡大により、リモートワークが一般化するなど、働き方に劇的な変化があった。それなのにずっと続いていること、それは「1日8時間」という労働時間

ニューノーマルを探るなら、これも見直す必要があるようだ。

「Vouchercloud.com」社がオフィスワーカー1989人を対象におこなった調査では、1日平均2時間53分しか集中した時間を保てないという結果が明らかになり、回答者全体の79%「1日中生産的に働いているか?」という質問に対して「いいえ」と答えた。

では、ほかの5時間以上は何に費やされているのだろうか。

同調査によると「SNSのチェック」「同僚とのおしゃべり」「終わりのない会議」「こまめな休憩の積み重ね」などで占められていることも明らかに。

さらに「スタンフォード大学」の調査では「週50時間以上の労働は生産性を低下させ、長すぎる労働時間は休職や離職に関係する」のだとか。

働けば働くほどに集中力が下がるという結果に落胆してしまうが、あらゆる労働習慣を変えざるを得ない今だからこそ、労働時間についても見直してみてはどうだろうか。

Top image: © iStock.com/Doucefleur
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

自分の「幸福度」を高める、働き方。
「実際は3時間しか集中して働いてない」なんて言われたら、毎日残業している人は、異論を唱えたくもなるかもしれません。でも逆に8時間ずっと集中して仕事だけをし...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「EARMIND」は、異なる6つのアート分野の作家や工房によって手掛けられた、デザイン性を高めたカスタマイズBluetoothイヤホンだ。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...