1日8時間労働をやめるべき理由【調査結果】

新型コロナウイルス感染拡大により、リモートワークが一般化するなど、働き方に劇的な変化があった。それなのにずっと続いていること、それは「1日8時間」という労働時間

ニューノーマルを探るなら、これも見直す必要があるようだ。

「Vouchercloud.com」社がオフィスワーカー1989人を対象におこなった調査では、1日平均2時間53分しか集中した時間を保てないという結果が明らかになり、回答者全体の79%「1日中生産的に働いているか?」という質問に対して「いいえ」と答えた。

では、ほかの5時間以上は何に費やされているのだろうか。

同調査によると「SNSのチェック」「同僚とのおしゃべり」「終わりのない会議」「こまめな休憩の積み重ね」などで占められていることも明らかに。

さらに「スタンフォード大学」の調査では「週50時間以上の労働は生産性を低下させ、長すぎる労働時間は休職や離職に関係する」のだとか。

働けば働くほどに集中力が下がるという結果に落胆してしまうが、あらゆる労働習慣を変えざるを得ない今だからこそ、労働時間についても見直してみてはどうだろうか。

Top image: © iStock.com/Doucefleur
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事