ベニア板製の貨幣がコロナ不況を救う!?

新型コロナウイルスの影響で大きなダメージを受けた経済。大量の失業者が生まれ、多くの人が困窮した生活を送っている。

そんななか、アメリカのシアトルとポートランドの間に位置する、人口2000人弱の小さな街・テニーノでは、市役所の助成プログラムとして、パンデミックによって引き起こされた経済的困窮を証明できる住民は、月額300ドル(約3万1000円)分“木製の貨幣”を受け取ることができるように。すでに1万ドル分の貨幣が発行済みとのことだ。

木製の貨幣は、ベニヤ板でできており、1枚25ドルの価値をもつ。同市役所のガイドラインに基づき、認定を受けた場所でのみ買い物が可能だが、現金に換金することと、お酒やタバコ、マリファナを購入することは禁じられている。

現在、テニーノの多くの店やレストランでこの通貨は受け入れられており、事業者は市役所で現金に換えることができる。事業者側もビジネスが地域内で回るためメリットは大きいといえるだろう。

市長は「直接的で定量的な経済的効果はもちろん、人々に希望を与えるという効果も期待できる」とコメントしている。

過去にも経済不況で木製貨幣を発行した経緯のあるテニーノ。そのユニークな施策にアメリカ国内のみならず、世界各国から注目が集まっている。

© Pop-Up City/Instagram
Top image: © iStock.com/TongSur, iStock.com/RonFullHD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

フランスのグラフィックデザイナーJade Dalloulが手がけるプロジェクトは、マーク・ザッカーバーグやビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズを紙幣の肖像画...
世界中でいまだ収束の兆しがみえない、COVID-19の感染拡大。そんな未知のウイルスの感染拡大には「言語」が関係しているという仮説に基づいた研究が進められ...
不特定多数がステイホーム生活を記録していくだけのウェブサイト「COVID-19流行下の日々を集団で記録する日誌」が話題だ。暇を持て余している人は今すぐご確...
マイアミの高級ショッピングモール内に新型コロナ感染防止グッズの専門店がオープン!種類豊富なマスクを始め、除菌・抗菌グッズが揃う。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
4月7日、「Nike」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「個人用防護具(PPE)用フェイスシールド」と「電動ファン付き呼吸用防護...
「Apple」は、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しているかどうかの判断材料をSiriを利用して調べる新サービスを開始した。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
資生堂のボディケアブランド「シーブリーズ」と赤城乳業株式会社の「ガリガリ君」のコラボ商品が4月下旬より数量限定で発売。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...