怪奇!アメリカから「Dr Pepper」が消えた!?

マスクや消毒液、小麦粉やトイレットペーパーなど、コロナ渦で品不足になったものはさまざま。そんななか、アメリカではじつに“意外なもの”が手に入りづらい状況になっているのだとか。

品不足に陥っているのは、あのアメリカ〜ンな香りと風味が特徴の炭酸飲料「Dr Pepper」

その証拠に、公式Twitterには「現在、対処中!」とのメッセージが......。

その原因はずばり......炭酸飲料の需要増加によるもの。

また、例年、春にかけて増える缶飲料の需要に加えて、飲食店での飲酒から家飲みにシフトしたことに起因する“アルミ缶の不足”もその一因なのだとか。

アメリカ人にとって、Dr Pepperは映画を観るにもホームパーティをするにも欠かすことのできない馴染み深い飲み物だけに、品不足は深刻な問題なのだが、「ほかの炭酸飲料じゃダメなの?」という気はしなくもない(笑)。

Top image: © Tamara Fesenko/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事