「UNDERCOVER」2021年春夏コレクションを「3Dルックブック」で発表

高橋盾氏率いる「UNDERCOVER」が、2021年春夏コレクションを3Dルックブックというでスタイルで発表。

新型コロナウイルスの影響が出始めた3月からテーマやアイデアを煮詰め、4月に高橋氏は自宅でデザイン制作を開始としたとのこと。

ブランド公式SNSで、高橋氏は「あやふやな頭のまま今まで通りの思考で作業を進めていたため、自分のなかの変化とはまったく別のものに仕上がった」と振り返る。世の中や自分のなかの大きな変化をポジティブに捉え、今までの姿に戻るのではなく、UNDERCOVERらしい独自の道を切り開いていこうという姿勢に、気概が感じられる。

新型コロナウイルスの影響を多分に受けたファッション業界。オフラインのショー形式が当たり前だった新作発表の場や魅せ方にも、今後は大きな変化が求められることは間違いない。

このたびの3Dルックブックという手法は、海外でも高い評価を受ける日本のブランドの急先鋒として、その道筋を指し示したといえるだろう。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事