【実話】世界中が涙。認知症の母を持つ男性がYouTubeで綴るストーリー

認知症を発症させた母親との日々。それを赤裸々にYouTubeで発信しているのは、息子のJoeyさん。「Mother and Son's Journey with Dementia(認知症の母と息子の旅)」というタイトルの動画が、大きな共感を呼んでいる。

心の中が空っぽで
死んだような気がした

3c91a826163304cca9ab0d502fa4b10f549a4492

Joeyさんの母親であるMollyさんは、まだ66歳。6年前にレビー小体認知症を発症した。それ以来、病状は悪化を辿っている。

アルツハイマーの次に発症数が多いのが、このレビー小体認知症。症状の1つとして、誤認妄想(間違った認識をしてしまうこと)が知られている。つまり、自分の家族の顔が分からなくなったり、家族が誰か知らない人と入れ替わっているという妄想が起きてしまうこともあるのだ。

Mollyさんが息子のことが誰だか分からなくなり、Joeyさんが悲しみに暮れるシーンでは、胸が痛い。

「母が僕の名前を認識できなくなった時、心の中が空っぽになってしまったよ。言葉にして説明するのは難しいけどさ。例えるなら、死んだような気さえしたんだ」 

245d59f4e36eb412c91a8039d183b979f8a52d59

母の苦しみを
無駄にはしたくない

親が、自分のことを誰だかわからなくなる。それは、子どもにとってもは地獄の苦しみだ。しかし、Joeyさんは、認知症という病気を世界中の人々にもっと知ってもらい、もっと理解してもらうためにこの活動を続けると語っている。

「悲しみに打ちひしがれたけど、気をとりなおして、やり続けることにしたんだ。僕には、『認知症』という病気を世界中に伝える使命があるから。母の苦しみを決して無駄にはしたくないからね」

2b63f3f7f184bd988f2abc7b2934c904e4226f23

週に2〜3度のペースで、Joeyさんは、認知症によって変わりゆく母と自分自身を撮影している。「Mother and Son's Journey with Dementia」は、エピソード11まで公開されているが、引き続き、二人の旅は続くようだ。

現在、Joeyさんの元には、温かいメッセージが世界中から届いている。認知症の親を持つ人々からは、励ましの言葉や体験談も多く寄せられ、前向きな会話も生まれている。大きなムーブメントになればいいと願っている。僕も、認知症の母を持つ立場として、この活動をずっと見守っていきたい。 

Licensed material used with permission by Molly and Joey
画家でもありフォトグラファーでもあるTony Lucianiさんは、母Eliaさんの写真を撮り続けます。そのきっかけは、「認知症」が関係していました。
厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。こ...
この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土か...
2014年世界保健機関(WHO)が発表した男女別の平均寿命ランキングで、スイスは男性2位、女性3位の結果。欧州でも、少子高齢化が進む国のひとつです。高齢者...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
狭い車の中で熱唱する、このイギリス人親子。カーステレオのボリュームをひねり、大音量で歌い続けるのには、ある訳がありました。この車中カラオケは、「父の記憶」...
シンプルで機能的で、管理的な反面、どこか殺風景に映るケアホームが、ほんのちょっとのアイデアで表情豊かに生まれ変わる。オランダから始まり、欧州で注目されつつ...
シドニーを拠点に活動するディスレクシア(失読症)支援団体「Sydlexia」。彼らは、二つの側面から失読症の人を助けるポスターをデザインしました。
通常、ピルの処方には産婦人科に行って処方箋を発行してもらう必要がありますが、Nurxは簡単な質問に答えて、身分証明書をアップロードするだけ。
もし愛犬がぐったりして体調が悪そうなら、熱中症になっている可能性があります。対策と症状を「Little Things」より紹介するので、快適に夏を過ごせる...
醤油の原料には当然ながら塩が使われ、大豆にだってマグネシウムやカリウム、ビタミンが含まれています。ということで、秋口の熱中症予防にいかがでしょう。
認知症の一種である「アルツハイマー病」は、記憶や思考力が徐々に失われ、最終的には日常生活に必要な作業すら困難になっていく病気。私たちが忘れられない瞬間、忘...
毎年夏になると、車内に残された乳幼児の熱中症による死亡事故を耳にします。アメリカ・テキサス州に住む10歳の少年Bishop Curryくんは、近所で起きた...
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
いつ誰にも邪魔されないで、自分と向き合った時間を過ごしたのかを考えてみてください。もし、思い浮かべられなかったら、依存症の可能性があるかもしれません。
結婚65周年を迎えた、HaroldさんとRubyさん夫妻。半世紀以上を共に歩んだふたりが記念日に撮った写真からは、幸せが溢れ出ています。
何らかの精神的理由から、食事をとれなくなってしまう「拒食症」。「Me and My ED(私と私の拒食症)」は、そんな病に苦しむ患者たちの“心の声”をイラ...
残暑がまだまだ続きます。熱中症対策、万全ですか?東ヨーロッパから中東にかけて、多くの国で親しまれているヨーグルトドリンクがあります。ヨーグルトに水と塩を混...
花粉症シーズン真っ只中。辛くて薬が手放せない、なんて人も多いのでは? 早速、花粉症の症状を和らげる効果が期待できる食べ物や飲み物を紹介していきましょう。0...
「the Mighty」に投稿された、拒食症に苦しむある女性が綴った手記を紹介します。彼女は普段、流動食のチューブをつなぎながら生活していて、かつ鬱病も患...
健康な人の便を冷凍し、カプセルに封じ込めた薬が、「クロストリジウム・ディフィシル感染症」の治療に効果を発揮するとの研究結果が米国医師会雑誌(JAMA)に発...
やめたい、自立したいと思っていてもなかなか抜け出せないのが、「彼氏依存症」。遠距離で会えないから彼氏の気持ちが離れないか心配、とにかく別れが怖い、大好きす...