老人ホームのお年寄りが、ひとりぼっちの「子猫」を救う

とくに家庭で飼われている猫に多いのですが、妊娠して出産をしたとしても、親猫が育児を放棄してしまうことがあります。その理由はさまざまですが、母親に捨てられてしまった子猫は生存率が低く、人間のサポートが必要になります。

そんな子猫たちのお世話を、老人ホームでみるというのはいかがでしょう?

子猫には愛情たっぷりのケアを。
お年寄りには生きがいを。

このプロジェクトを実現したのは、米・アリゾナ州の老人ホーム「Catalina Springs Memory Care」と、動物保護施設の「Pima Animal Care Center」。

場合によっては、つきっきりのお世話が必要な子猫たち。ちゃんと育てあげるにはとても手がかかります。一方、老人ホームにいるお年寄りの人たちは、特別な趣味などがない限り、時間を持て余してしまう場合も多いのです。

つまり、子猫たちは愛情たっぷりにお世話をしてもらえ、お年寄りはかわいい子猫を育てて生活にハリが出る、というお互いに良いことずくめのプロジェクトなのです。

どんなに年をとったって、
愛し愛されたいと思う気持ちは変わらない。

もちろん、老人ホームにいるお年寄りのなかには、介助が必要な人もいます。自分がお世話を必要としているのに子猫のお世話をするなんて、不思議に思うかもしれません。施設長であるSharon Mercerさんはこう話します。

「たとえ認知症やアルツハイマーだとしても、何もできないわけではありません。長い人生経験の中で培ってきたものを活かす場所がもっとあってもいいと思うのです」

年をとったとしても、「愛し愛されたい」と思う気持ちはなくならないものなのです。

十分育った子猫は、新たな里親のもとへ。

最初に老人ホームに来た2匹の猫、PeachesとTurtleは、最初200gにも満たない大きさでした。それが愛情たっぷりに育てられ、今では倍近い体重にまですくすくと育っているそうです。

十分に育った子猫たちは、里親を探して引き取られることになります。お年寄りからの愛情たっぷりで育った子猫たちが、安心できる家が見つかることを願うばかりですね。

Licensed material used with permission by Pima County
おばあちゃんと孫ほど年齢差のあるこのふたり、ちょっとびっくりするような共通点があります。じつは、同じ老人ホームに「住んで」いるんです。 「老人ホーム」と聞...
2人の高齢者が老人ホームを抜け出し、このイベント会場に向かうところで警察に保護されていたそうです。
どこか画一的なイメージを持っていた老人ホーム。でも、海外に目を向けると、こうした発想があることに驚かずにはいられません。舞台は、オハイオ州の老人ホーム「T...
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
シンプルで機能的で、管理的な反面、どこか殺風景に映るケアホームが、ほんのちょっとのアイデアで表情豊かに生まれ変わる。オランダから始まり、欧州で注目されつつ...
キュンキュンするほどかわいい、空飛ぶ子猫。ちっちゃな体を目いっぱい使って無邪気に遊ぶ姿に、癒されちゃいます。でもじつはこの写真は、捨て猫たちの保護を呼びか...
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...
ニューヨーク在住のレベッカさんは6年前、アリゾナ州フェニックスの動物保護シェルターから生後3ヶ月のピットブル犬・Bubbaを引き取りました。一般的に攻撃的...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
アメリカのショピングセンターで撮影された一枚の写真。若い男性がお年寄りの手をとりエスカレーターを下る瞬間が捉えられています。この何気ない優しさがSNSで拡...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
スペインの海岸沿いにある、Vilassarという街にある公園は少し変わった特徴をもっています。その公園には、滑り台やシーソーといった遊具で遊ぶ“子ども”た...
これは傑作、と思わず繰り返して見てしまいました。わずか1ヶ月あまりで1,100万回再生されたショートムービーを紹介します。セリフは一切ありませんが、ぜひ動...
猫の世界は偏見にまみれている!猫を飼い、かつては猫の本を命がけで編集してきた筆者が、2月22日の猫の日に際して伝えたい「猫とその飼い主に関する真実」。甘え...
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
レインボーカラーがオシャレな猫のジグソーパズル。実はこれ、パズルピースまで猫型でできているとか……!
今、人気が再上昇している「大人の塗り絵」から、気になる7冊を紹介。江戸時代の人気浮世絵師・歌川国芳の「国芳ぬりえワンダーランド」は、実は猫好きにおすすめ。...
とある雨の日、ダニエルさんが家に帰ろうと歩いていると、小さく動いているダンボール箱を見つけたそうです。開けてみると、そこにはまだ手のひらサイズの子猫が2匹...
自慢の一張羅を着るおじいちゃん。お気に入りのアクセサリーを身につけるおばあちゃん。シニア向けクラブ「The Posh Club」に参加している人たちは、年...
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
両国駅「幻の3番ホーム」を会場に2020年1月9日〜12日の4日間、「おでんと熱燗ステーション」が開催されます。