人生、100年越え。ズシンとくる言葉を受け止める覚悟はある?

100歳を超えたおじいちゃんおばあちゃんが語る「人生のアドバイス」。その数、70人以上。

フォトグラファーのポール・モブリー(Paul Mobley)さんは、 If I Live To Be 100: The Wisdom of Centenariansという写真集を制作しました。

ぐっとくる深いものから、正直今の私たちにはまだ理解できないものまで。激動の20世紀を生きてきた“先輩たち”の金言を紹介しましょう。

神さまが私をこの世に
いさせてくれてるの

Cc063de0eb4ee265a1b1bbeb40e22ddd1b02e705

「どうして長生きできたのかはわからないわ。神さまが私をここにいさせてくれる限り、私はここにいるの。でも疲れちゃったら、天国に連れ去られてしまうかもしれないわね」(JERALEAN TALLEY、117歳)

人生で一番のプレゼントは
妻だよ

B7d925729bc50fae915e80d4dcd4d1e4c68475e1

「僕が人生で得た一番の"プレゼント"は、妻だよ。どうして長生きできたかって?100歳になって、僕は死ぬことを忘れちゃったのかもしれないね」(IRVING OLSON、103歳)

今までの人生、後悔なんて
ひとつもないわ

Abc4d636dc74e3286793da8759dd94bfd818ad88

「私の長い人生を振り返ってみて、後悔することなんて何もないわ。どうして100歳まで生きていられたのかわからないけれど、一度、願いが叶うという井戸の水を飲んだことがあるの。何か起こるなんて思っていなかったけど、私はここにいる。何かの理由があって、私はまだここにいるのよ」(THELMA ARNOLD、101歳)

同じ興味をシェアできる
パートナーを得なさい

Fb816d3d71fe07293b494af148061194b84d02fa

「人生の秘訣?同じ興味をシェアできる、良きパートナーを得ること。そしてよく食べて、幸せに生きることよ」

「正直であり、たくさんの愛を与えること。そして、近しい家族と一緒にいることかしら」(INEZ HARRIES & VENICE SHAW、106歳)

100歳の誕生日にも
飛行機に乗ったよ!

959eeaaef5b1dea4a6ce8f0174c8004009a3856b

「僕は元々、パイロットだった。100歳の誕生日にも、飛行機で飛び立ったんだ。その時、どんな気持ちだったかって?『こりゃあいい!帰ってきたぞ!ここ20年で感じたことのないアドレナリン・ラッシュだ!』って思ったよ」(HENRY MILLER、102歳)

やっぱり仕事は
楽しかったさ

5be01aadf0686cd98d5ccf8087cfe40a4eaf951f

「大変なことも多かったけど、やっぱり仕事は楽しかったよ。頑張って身を捧げていれば、望むように事は運ぶものさ」(WALTER JACKSON、113歳)

素晴らしい日々に
当時は気付けていなかった

13a1451d75b0365af8928359ed010fdd711a3bb1

「昔はとても素晴らしい日々だったわ。ただ、当時の私はそのことに気付いていなかった、それだけのことなの」(AUDREY JAMES、102歳)

いかなる時も
常に笑顔でいなさい

C7d8e95e4f32ad284bcb09a546ab4e65359e4337

お互いに再婚同士の二人。

「僕らは、心の痛みを分かち合ってきた。でも心の中がどうであれ、常に笑顔を絶やさずにいなさい」

「やっぱり家族って、とっても大切よ。一緒にいるだけで、ただただ幸せを感じられるんだから」(BERNARD & BEATRICE HIRSH、102歳 & 104歳)

12人の孫と、13人ひ孫。
やしゃごも1人

3cd0f3770102018cee3db56dd0f4ca1c1840057e

「私が人生において一番やり遂げたことは、"子どもたち”よ。12人の孫がいて、13人のひ孫もいて、やしゃごも1人。みんなの成功が、私の喜びなの。人生は簡単なものではなかったけれど、後悔なんてなにもないわ」(NATALIE CHANNELL、102歳)

ズルだけは
絶対に駄目だ

80799a6c23f771c3083ab54ede89fb4b9c395a1a

「ズルだけは、絶対にやってはいけない。コツコツと働いて、責任を果たしなさい」(LES FRITZ、101歳)

Licensed material used with permission by Paul Mobley
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
旅には、人生が凝縮されています。
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
食生活や運動がより長く生きるために不可欠なのは、もはや当たり前のことになっています。ここでは、100歳まで生きるために必要なことを紹介している「AsapS...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
2014年の4月に父親が、ステージ4の肺癌末期であることを医師から告げられた写真家のShin Noguchi。彼の人生で初めて、「父の知らない父の秘密」自...
あなたは「自分の人生」というストーリーの主役です。と言われても、日々そう思いながら生活するのは難しいもの。人生経験が浅ければなおのことでしょう。でも早く気...
人生は車の運転に似ている、と私はよく思う。どこに向かうか、という意思がなければ車の運転は始まらない。また、何のためにそこに向かうのか、によっても運転は変わ...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
一年は365日。つまり、8,760時間もあります。これだけの時間があるなら、ずっと夢見ていた目標を達成することも、大好きなあの人と付き合うのも、夢じゃあり...
Rebecca HayesさんとDavid Wardさんは、息子Claytonさんが生まれたとき、恒例の「赤ちゃんと家族の記念写真」を撮影をしなかったそう...
いつまでも若々しくてキレイな姿でいたい。そう思いはするけど、実際のところは、年をとればとるほど、そんなモチベーションはなくなるんじゃないかと。だから、ヒラ...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
人生についていろいろ考えはじめちゃう、20代後半。確かに何歳のときでも悩みは尽きないんですが、とくに30歳になる前に知っておいてもらいたいことが「Elit...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
「わすれないこと」も「あたらしくなること」も、一緒に。
人は、いよいよ「自分の死」を覚悟したとき、一体どんなことに後悔をするのでしょうか?人生の終わりは、誰にでもやってくること。「becomingminimal...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
カウントダウンが2桁になるという現実に、私のように焦りを感じている人へ。まだ大丈夫。3ヶ月続ければ、大体のことが習慣化されるという話もあります。参考になる...