100歳越えによる100歳になる秘訣が、あまりにも意外だった

シアトルに拠点を置き、ニューヨークやロサンゼルスなどの多くの都市で介護サービスを展開している企業「A Place for Mom」。彼らは、“100人の100歳越えによる100歳になるアドバイス”をまとめた特設サイト「How to live 100」をオープンしました。

「バーボンをちょっと入れた朝のコーヒーは薬のようなものさ」や「ついてない日があったら忘れてしまいなさい。次の日は良くなるから」などのメッセージも読むことができます。ですが、彼らのアドバイスをまとめたランキングがもっとも印象的。

29%の人が答えて1位となったのは「食事に関する伝統的なアドバイスを無視すること」です(笑)。神経質になりすぎずにストレスフリーで生きるのが良いのかもしれませんね。

この「How to live 100」は英語で記載されていますが、Google翻訳を使えば十分に内容が理解できますよ。

Top image: © iStock.com/Thomas_Zsebok_Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
食生活や運動がより長く生きるために不可欠なのは、もはや当たり前のことになっています。ここでは、100歳まで生きるために必要なことを紹介している「AsapS...
100歳を超えたおじいちゃんおばあちゃんが語る「人生のアドバイス」。その数、70人以上。フォトグラファーのポール・モブリー(Paul Mobley)さんは...
「わすれないこと」も「あたらしくなること」も、一緒に。
いつまでも若々しくてキレイな姿でいたい。そう思いはするけど、実際のところは、年をとればとるほど、そんなモチベーションはなくなるんじゃないかと。だから、ヒラ...
2014年夏、全米で話題となった99歳のおばあちゃんLillian Weberさん。当時、彼女にはある目標があった。「100歳の誕生日までに1,000着の...
自分は20歳若い!ということで、69歳のオランダ人男性Emile Ratelbandさんが「49歳」を正式な年齢と認めるようにと訴訟を起こしました。
「もし大統領になったら、どんな問題を解決したいですか?」。人気動画「0-100」は、0歳から100歳までに同じ質問を投げかける企画。このたびの問には、貧富...
よみがえってくるのは。
31歳ではじめてお見合いした話のvol.4はついに最終回。お見合い当日、現れたお相手の胸にはポシェットがかかっていた。お見合いヴァージン喪失、衝撃の結末とは…。
命を宿す、ママだけの特別な時間。愛情と優しさを縫い込んだこの「刺繍」を、0歳のキミに送るよ。
「Elite Daily」では、当たり前になっているけど感謝をしなければいけない6つのことを紹介しています。少しでも人生を良くしたいなら、身の回りのことか...
25歳は大人のターニングポイントで、今までの自分を振り返り、今後の自分を想像し悩む年齢。そこでミレニアル世代に人気なサイト「Elite Daily」で、2...
18歳の誕生日を迎えたアビー・バン・メートルさんの元に届いた、誕生日プレゼント。それは100年以上前のものと思われる、木でできた大きな箱でした。そして両親...
「All You Need Is Love (愛こそはすべて)」誰にでも愛が必要だ!とは、The Beatlesの有名な曲の一節。でも、そもそも愛って何で...
大好きな人とするキス。でもその顔って、じっくり見たことないですよね。自分のキス顔なんてもちろん見たことがないし、相手のキス顔だって、はっきり見えるものでは...
10代や30代とはもちろん違う20代。けれど20代前半は、後半ともまたどこか違うと思うんです。だからこそ、25歳になるまでにやっておきたいことが書かれた記...
1919年、ドイツに設立された美術学校「バウハウス」。あれから100周年を迎える今年、同校を記念して造られたバスが登場。中ではワークショップやエキシビショ...
「Elephant Journal」で紹介されたのは、4人の子供を持つ、40歳シングルマザーのリアルなブログでした。「40歳は、20歳の時と同じくらい私の...
見ず知らずの100人で、1冊の本を作る。一体どうやって?と思うかもしれません。その答えは、道行く人ひとりひとりに1ページずつ書いてもらう、という意外な力技...
31歳にしてヴァージン失いました。いい年して今さら。だって結婚するまでしちゃいけないって思ってたし。イタイって聞いてたし。 でも一度シテみたかったの。とい...