社会人になると感じる「25歳の壁」とは?

これからの人生、どう生きていくのか考えていたら、なんだかモヤモヤ…。そんな葛藤する25歳に気づいてほしいのは、「Elite Daily」のPaul Hudsonさんが記事にしている「25の壁」について。

人生では、いくつもの壁にぶつかるもの。しかし、20代というバイタリティ溢れる世代のあなたなら、きっと乗り越えていけるはず。

01.
25歳で夢が叶うことは
ほとんどない

ほとんどの25歳は、現状の自分の仕事に満足はしていないでしょう。22歳で大学を卒業したとしても、社会人になってからまだ3年。夢に近づくための時間はあったと思いますが、実際そんなに簡単ではない、ということも気づいたことでしょう。

02.
意外と知らないことがある

大人になると、物事は複雑だと思い知らされます。25歳になり、それが途端にはっきりと見えてくるのです。

03.
税金って…高い

世の中のために、給料から差し引かれる。その理屈はわかります。にしても、給料の1/3もとられるなんて…ちょっと納得がいかない…。

04.
自立することは大変

「早く大人になりたい」なんて思っていた10代。でも、いざ実際に大人になってみると「子どもに戻りたい」と思いませんか?大人になってからの大変さを知っていたら、あんな風には思わなかったはず。

05.
大人=お金持ち
とは限らない

就職したら広い部屋にひとり暮らしをして、好きな車を買って、誰にも邪魔されない生活がしたい!なんて理想を思い描いていたけれど、実際は6畳半の部屋にひとり。現実は厳しいものです。

06.
「やりたい」を仕事にするのは
ほんの少数

ほとんどの人が、お金を稼ぐために仕事をしています。そして、その仕事が1日のほとんどを占め、本当にやりたいことに手をつけられないのが現実です。

お金にならなくてもやりたいこと、やりたくないけどお金になる仕事。どちらに時間をかけるのか、決断するのは今かもしれません。

07.
「やらなければいけない」が
1日を占める

9時から18時まではオフィスで、家にいるときは料理、洗濯、掃除…。仕事をしながら家事をしていると、「やりたいこと」に使う時間がなかなか取れませんよね。

08.
素敵な出会いは
そんなに期待できない

限られたコミュニティの学生時代。卒業して社会に出れば、今まで出会ったことのないタイプの素敵な出会いがある、と信じていたかもしれません。

ところが、社交の場に出れば出るほど、みんな似たもの同士。友だち作りも思っていた以上に難しくなります。そんな現実にガッカリする人のほうが多いかもしれませんが、もちろん出会いの場は必ずあります。それが一体どこなのか。見つけるのが一番の難関だったりして…。

09.
恋人づくりが難しい

職場で新しい友だちができて、人生も楽しくなってきたけど、恋人はいない…。どうやら、恋人づくりは友だちづくりとはまた違う難しさがあるようです。25歳は、とにかくいろんな人とデートに出かけることが大事。うまくいかなくたっていいんです。次につながるいい経験になるかもしれませんよ?

10.
いつの間にか
友だちが減っていく

「高校の友だちは一生もの」。なんて思っていたのも束の間、気づいたら疎遠になっていた…なんてことありませんか?ケンカしたり、意図的に連絡を取らなくなったり。

お互いに連絡をとろうと努力しないと、自然に離れていってしまうものです。みんな自分の人生で精一杯なのでしょう。

11.
上辺の付き合いも
仕方ない

そんな友だちといても、きっとあなたの人生は良い方向に進みません。傷つけられてツラくなるだけ。とは言っても、関係を切り離すのは、なかなか難しい…。それでも、そうしなくてはいけないときがあるんです。

12.
大学のローンがツラい

第一希望の大学を卒業できたけど、とくに大学で専攻した分野とは関係ない仕事に就くことに。残っているのはローンだけ…なんて寂しすぎます。

13.
学ぶことは楽しくても
仕事にしたら変わる

学校での授業が楽しかったからといって、その分野で就職先を探したら理想とは程遠い…なんてことがほとんどです。

14.
人生の方向性がわからない

「25歳になったら、そろそろ決めないと…」とは思っていても、なかなか見つからないのが人生の方向性。昔は、「25歳の自分」にいろんな夢を抱いていたかもしれません。

それなのに、まさかこんなに迷走するとは…。

15.
「まだ」独りぼっち

年を重ねていったり、悲惨な人間関係を体験するほど、ひとりでいることに慣れていきます。もしかしたらあなたは、人と関わっていく準備ができていないのかも。もし準備ができているなら、失敗しないように努力できるはずです。

16.
時間の流れの早さに
ついていけない

10代のときは、1年が長く感じていたのに、今は1週間が経つだけでもやけに早い…。

17.
もっと幸せだと思っていた

25歳くらいになれば、それなりの幸せは手に入れられる、と考えていたかもしれません。実際は、うまくいかないことだらけ…。気持ち良く目覚められる朝なんて、滅多になかったり。

18.
両親は
ヒーローじゃない

幼い頃は、なんでもできるヒーローのように感じていた両親も、歳をとるにつれて友だちのような関係に。それはそれで嬉しいことだけど、ちょっとだけ寂しい気もします。

19.
朝まで飲むのがイヤになる

信じられないかもしれませんが、本当なんです。

20.
意外と25年は
あっという間

しかも「25歳からは下り坂」なんて言われたら、何を楽しみに生きればいいのかわからなくなりますよね?

21.
目標への道のりは長い

終わりはないんです。

22.
人生って意外と平凡

10代は、興味のない授業ばっかりで退屈だったけど、今はそんなに楽しくないスケジュールばっかりの毎日。

23.
できることなら
学生時代に戻りたい

まさか学生時代に戻りたいと思うなんて、想像もしていなかったかもしれません。

24.
夢を追う時間がない

仕事に全力で、友だちとの時間も大切にしていたら、いつ夢に向かって行動すればいいのでしょう?

25.
人生の意味は
まだわからない

生きてる年数は長くなるのに、わからないことが増えていきます。それに気づくのも、ひとつ賢くなった証拠なのかもしれません。

Licensed material used with permission by Elite Daily
10代や30代とはもちろん違う20代。けれど20代前半は、後半ともまたどこか違うと思うんです。だからこそ、25歳になるまでにやっておきたいことが書かれた記...
25歳までに蓄えた経験という名の財産は、この先の人生を大きく左右することでしょう。もちろん、いくつになっても人は成長し続けるし、変化していける。早いうちに...
20代前半。今を生きる私たちの“仕事”は、少し特殊なのかもしれない。
将来への焦りや不安に、足がすくんでしまうことも多い20代。先が見えないからこそ立ち止まりそうになるけれど、挑戦することでしか何も見えてこないものです。大丈...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
25歳は大人のターニングポイントで、今までの自分を振り返り、今後の自分を想像し悩む年齢。そこでミレニアル世代に人気なサイト「Elite Daily」で、2...
20代は1度きり。人生はまだまだこれからだからこそ、いろいろな人と出会いたいという人もいる。でも、1人の人と長く付き合うことで、得られる大事なこともあるのだ。
カフェで繰り広げられるガールズトーク、地元の友達と久々に会えば年収の話。正直言って子どもの頃は、自分がこんな代わり映えしない毎日を生きているなんて、思って...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
「私の人生、うまくいっているはず…。でも何かが違うような気もする」。夢見がちな10代を終えて、現実が見えてくる20代だからこそ、もやもやした気持ちを抱える...
「一般的にはこう」と決められているような事柄を、一歩引いた視点で見つめ直し、考えを正す。その結果、人生がより充実する、なんてこともあるでしょう。「Thou...
大学を卒業、初めて就活をして、初めて社会に出る20代には、悩みや不安が常につきまとっている。解決しても、すぐ次の悩みが押し寄せてきて、うまくいかなくて逃げ...
20代のうちにこれだけはやっておけ。それこそ耳にタコができるくらい、多くのアドバイスを聞いてきたことでしょう。さて、それが一度でも腑に落ちたことがありますか?
お持ち寄りのフードも違えば、パートナーの質だって違う。そのくらい20代前半と後半には差があるようですよ。
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
たまには「脱線」してみたら?
成人式を終えて今どのような気持ちですか?いろいろ思う事はあるにせよ、「最高の20代にしたい!」という気持ちは多くの人が持っているはず。だからこそ、あなたに...
20代半ばのイラストレーター、Caitlin Quijanoさんはクオーターライフクライシスの真っ只中。そんな自分の人生のエッセンスを、ぎゅっと漫画に込め...
初めに言っておくと、ライターShantanu Prasher氏が書いたこの記事は、少し極端な内容かもしれません。というのも、20代では「真剣な恋愛」などす...
遊び呆けた20代前半はいつしか過去に。20代後半へ突入したと思ったら、目まぐるしく時間は過ぎ、いつの間にか30歳目前。自身もアラサーであるライター・Jen...