いつから日本はこんなに「音」にうるさくなった?92歳のエッセイが面白い。

今年11月に93歳を迎えた小説家・佐藤愛子さん。彼女のエッセイ『九十歳。何がめでたい』は、これまで数々の困難を乗り越えてきたからこそ見える視点で、バッサバッサと世の中を斬っています。タイトルの由来は、本人曰く「ヤケクソが籠っています」。

スカッとする内容が多く、とくにモヤモヤを抱える現代人が読むべき本だと言えるかもしれません。

生活に活気があるからこそ
「音」が生まれる

35581d0ca5ca1ab11d00fbd017a17278ff1f6755

寝ようとしたら若者が騒ぐ声で眠れない。どこからか聞こえてくるピアノを練習している音がストレスだ…。騒音トラブルは、いまや殺人事件に発展するほど大問題となっています。佐藤さんは60年以上同じ街に暮らしています。昔は外から、子供の声、焼きいも屋さんの呼び込みの声などが聞こえてきたと語っています。そうした音は、平和な日常の彩りとして好ましく感じていたのだとか。

しかし、ここ数十年で、番犬の役割をしていた犬は、吠えると近所から苦情がくるようになり、幼稚園で子どもたちが騒ぐ声は騒音として捉えられるようになりました。佐藤さんは、こうした音に対して敏感になった環境に違和感を感じていました。確かに同じ環境で犬の鳴き声や子どもの叫び声をずっと聞いていると、可愛らしかった声をうるさく感じてしまうかもしれません。しかし、我々が過敏に反応しがちなのも事実です。

現代人はどこかイライラしながら生きている人が多く、自分の生活に少しでも干渉するものには憎しみを持ち、昔に比べて怒りをぶつけたいという欲求のタガが弱まっているような気がします。佐藤さんはこう言います。

「騒音は生活が平和で活気に満ちていてこそ生まれる音。町の音はいろいろ入り混じっていて、うるさいくらいの方がいい。それは、我々の生活に活気がある証拠だからだ。それに文句をいう人が増えてきているのは、この国が衰弱に向かう前兆のような気がする」

現代人は、もっとゆとりを持って生きるべきなのかもしれません。佐藤さんの目線で物事を見ると、どんなマイナスのこともプラスに変えられるような気さえしてきます。

スーパーのレジで
声を出したらいけないのか?

6b120ecdf4658f5fbaacf346edfd2733efdd1a68

さらに佐藤さんは、スーパーマーケットも静かだ、と言います。

「客は黙々と商品の間を歩き、黙々とカウンターにカゴを差し出す。カウンターには『NOレジ袋』と書いたカードが用意されていて、客もレジ係も黙々と会計を済ます…。なぜ『レジ袋いりません』と声を出してはいけないのだろう」

佐藤さんの言うように、声を出すこと自体がばかられるほど、この世界は息苦しくなってしまったのでしょうか?だとしたら残念でなりません。ちなみに、このエピソードのタイトルは『我ながら不気味な話』。一見脈略のないタイトルですが、文末にその答えが載っていました。

「不思議とも思わず『NOレジ袋』に従っている人たちの不思議。しかし、そう思いながら、同じように従っている私の不気味」

騒音に対する認識が崩れつつある日本人に苦言を呈しながら、お店のルールに違和感を覚えつつも守ってしまう自らの性格を現した一文。考えさせられるテーマを投げかけながら、最後はクスッと笑ってしまう、じつに佐藤さんらしいエピソードのひとつです。

いま、小説家 佐藤愛子さんのエッセイ『九十歳。何がめでたい』が注目されています。執筆時の年齢は92歳。彼女が綴る文章は、辛辣な表現がありながらも人生を真っ...
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
「今日が人生最高の日。不可能なんて何もないって毎朝思うのよ」。彼女が頻繁に口にするのがこの言葉。今年で98歳。世界最高齢のヨガインストラクターとして現在も...
2015年の秋、67年連れ添った夫を失った90歳のノーマさん。さらにその2週間後、自分自身にも「子宮がん」が発症していることを知りました。医師もベストな手...
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
5月21日にラトビア銀行が、蜂の巣型の5ユーロ「Honey Coin」を3,000枚発行しました。
「Elite Daily」では、当たり前になっているけど感謝をしなければいけない6つのことを紹介しています。少しでも人生を良くしたいなら、身の回りのことか...
「耳年齢」という言葉をご存知ですか?音の周波数を、どのくらいの高さまで聞くことができるかによって、耳年齢が分かるのです。ここで紹介する動画では、実際に自分...
よみがえってくるのは。
「Elephant Journal」で紹介されたのは、4人の子供を持つ、40歳シングルマザーのリアルなブログでした。「40歳は、20歳の時と同じくらい私の...
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
25歳は大人のターニングポイントで、今までの自分を振り返り、今後の自分を想像し悩む年齢。そこでミレニアル世代に人気なサイト「Elite Daily」で、2...
31歳にしてヴァージン失いました。いい年して今さら。だって結婚するまでしちゃいけないって思ってたし。イタイって聞いてたし。 でも一度シテみたかったの。とい...
東京は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」。60年あまりの歴史を誇るお店には、お客さんのリクエストでクラシックの旋律がゆったりと響きわたり、まるでここだけ時間...
旅の間は、旅先でしか味わえない固有の音に溢れています。耳にするだけで非日常の境地へと誘ってくれるような。その都市ならではの音もあります。もちろん、日本にも...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
ペンシルベニア州で暮らすEila Campbellさんが94歳の誕生日に、スリリングな挑戦することを決意した。それは、地上から3,000メートル離れた上空...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
10代や30代とはもちろん違う20代。けれど20代前半は、後半ともまたどこか違うと思うんです。だからこそ、25歳になるまでにやっておきたいことが書かれた記...
31歳にしてヴァージンを失いました。いい年して今さら…。だってなんだか怖くって…。結婚するまでしちゃいけないって思ってたし。イタイって聞いてたし。 でも一...
命を宿す、ママだけの特別な時間。愛情と優しさを縫い込んだこの「刺繍」を、0歳のキミに送るよ。
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」、その御年90歳になる店主が登場。生い立...
パナマにはなんと12歳のタトゥーアーティストがいる。名前はEzrah Dormon君。母親と外出した時にタトゥースタジオへ行った時の事がきっかけだったとい...
100歳を超えたおじいちゃんおばあちゃんが語る「人生のアドバイス」。その数、70人以上。フォトグラファーのポール・モブリー(Paul Mobley)さんは...