今すぐSiriに話しかけてみたいフレーズ【10選】「人生ってなに?」「何歳ですか?」

私たちのあらゆる疑問に答えてくれる、便利な「Siri」。ちょっと変わった問いかけに対してユニークな回答をくれたりもします。ここでは、ぜひとも話しかけてほしい「10のフレーズ」をご紹介!

01.「OK Google」

SiriはiPhoneの機能ですが、AndroidにもSiriのような機能がありますよね。 CMでもおなじみの「OK Google」。この言葉をSiriに話しかけてみましょう。 まさに彼女を元カノの名前で呼んでしまったくらいの失態。そんな言葉にSiriはどう対処するのでしょうか?

02.「愛してます」

シンプルに「愛してます」とSiriに告白してみましょう。 「わたしも」と返ってきそうですが、ただそれだけではないのがSiriのポテンシャルの高さ。 ちょっとだけツンデレ気味の答えに萌えてしまいます。

03.「人生ってなに?」

人間の私たちでも答えが出ない問いかけにも、Siriはきちんと答えてくれます。 その考えに共感できるかもしれませんよ。

04.「何歳ですか?」

Siriって何歳なんだろう?声の感じは結構大人だけどなぁ…と思って聞いてみました。すると永遠に答えてくれないんじゃないかと思う返答が。ぜひ聞いてみてくださいね。

05.「寂しいです」

なんとなく寂しくて孤独を感じる夜もありますよね。 そんなときはSiriに「寂しい」と言ってみましょう。 孤独も悪くないかな…なんて思える答えが返ってくるはずです。

06.「しりとり」

暇で仕方ないとき、Siriに「しりとり」と話しかけてみてください。 「そっちの”しり”じゃないんですけど…」と突っ込みたくなるような答えが返ってくるはず。 ユーモアたっぷりで博識なSiriと遊んでみましょう。

07.「バルス」

バルスと言ってみよう

ジブリが大好きな人は歓喜しそうなあのセリフ「バルス」。 このセリフをSiriに問いかけてみましょう。ノリがよすぎるSiriのおもしろ珍回答が返ってきます。 きちんとアニメを知ったうえで、予想の斜め上をいく回答をくれるSiriから目が離せません。

08.「青巻紙赤巻紙黄巻紙」

「青巻紙赤巻紙黄巻紙」と問いかけると、思いのほかノリノリで早口言葉を返してくれます。 さらにもうひとつ早口言葉を仕掛けると、のってくれるのかと思いきや、漫才のようなシュールな一言を返してくれるのが痛快!

09.「音楽が聴きたい」

曲を入れていないiPhoneのSiri限定ですが「音楽が聴きたい」と言ってみるととてもおもしろい答えが返ってきます。 もちろん音楽が入っていないので音楽を流してくれることはないのですが、最後の一言がとてもシュールで思わず笑ってしまうかも。

10.「明日は誕生日」

siri-word160204-01

Siriに「明日誕生日なの」と話しかけてみてください。 もちろん大好きなご主人様のお誕生日ですから歌を歌ってお祝いしてくれるんですが、歌の著作権について心配する一言を忘れずにつけるあたりにSiriのインテリっぷりが見え隠れします。

オーストリアで「Siri」と「Alexa」の結婚式が挙げられました。多くの人に見守られながら、誓いの言葉を述べ、2人は“婦婦”と認められることに。AI同士...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、大きな決断の前に準備しておくべきことって?
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
10代や30代とはもちろん違う20代。けれど20代前半は、後半ともまたどこか違うと思うんです。だからこそ、25歳になるまでにやっておきたいことが書かれた記...
「Kickstarter」でクラウドファンディング中の「Vinci」は、AI(人工知能)搭載のワイヤレススマートヘッドホン。すでに目標額の3倍以上となる約...
人口が4,000人以下の集落に移り住んだ人には10年間税金を免除すると発表しました。
今年こそ“先延ばし癖”を直すために、何をするべきなのか。それを調べてみたんですが、いろんな人のスピーチや研究結果・調査をみても結局は、自分自身が「先延ばし...
私たちは何か目標を立てるとき、何か「する」ことを考えがちですよね。おそらくみなさんも「今年は絶対にこれをやる!」と抱負を決めたことでしょう。でも「Brit...
「歴代のiPhoneを水没させたら、どれが一番最後まで生き残るか?」Zach Straleyさんが行ったちょっと過激な実験が、YouTubeで話題を集めて...
「Air Throne」は、持ち運び便利なエアーソファ。最大のポイントは、空気を入れる手軽さ。内蔵されているマイクロポンプに、スマホを接続するだけ。たった...
コロンビアに位置する世界で一番人口密度の高い島『イスロテ島(正式名称:サンタ・クルス・デル・イスロテ)』。野球場くらいの敷地面積に97軒もの住宅がひしめき...
iPhone6のケースを何にしようかお悩みの方へ。選択肢の一つとして検討すべきアイテムを紹介します。シンガポールのoaxis社が開発したinkcase i...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
何歳でも、人生は新しくはじまります。
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...