「ひっそりとドアを閉じます」― 90歳店主の“勇退の美学”。

“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」、その御年90歳になる店主が登場。生い立ちからお店の歴史についてお伺いしてきましたが、今回は「でんえん」の紆余曲折、そして“これから”について聞きました。

新井富美子さん

昭和2年(1927年)7月24日生まれ。東京・国分寺にある名曲喫茶「でんえん」オーナー。

お店を続けるか、否か

 

 ——お店ってどこも山あり谷ありだと思うんですけど、振り返っていかがですか?

新井富美子:みなさんそうおっしゃるのね。でも、うちは最初のスタートが良かったもので、つまづかず順調にいったんです。今年で60年ですけど、30年くらい経った時に大手資本の喫茶店が来ましたよね。チェーン店ができてから、やっぱりお客さんは減りましたね。

でも30年経った時はもう子どもたちも大学出てお勤めしていましたから、あまり経済的に大変だっていう…まぁお店は暇だったけどそんなに慌てないで済みました。店を閉めなくちゃいけないとかね、そういうところまでは追い込まれなかったですね。

 ——時代の波に揉まれながら、よくやってこられましたよね。

新井:そうですね。時代に恵まれていたのか、こんな仕事っていうのはアレなんですけど、私もよく分からないで。35年くらい前、主人が亡くなった時に辞めようかどうしようかは迷いましたけどね。

 ——そこはどういったご判断で?

新井:辞めないで続けた方が良いっていう方が圧倒的に多かったんです、お客様から。だからそれに従っただけで。

 ——その期待に応える形で、そしてご主人を遺志を継いで。

新井:そうです。だからもう60年やりましたから、私はいつ辞めても良いと思ってるんです。私はここにいなかったら、どんな人生になったでしょうねえ。果たしてこれが、私の本当に好きな道だったのかどうかは、わかりませんよね。やっぱり、主人が途中で亡くなりましたからね。だから、私ひとりでやってる時間の方が長いわけですよね。 

おばあちゃんが思い描く
「でんえん」の未来

 
 ――これからやりたいこととか、夢みたいなものはありますか?
 
新井:今やりたいことはね、ここの整理です。いろんな整理するのに1年くらいかかると思うの。捨てるわけにはいかないから、欲しい方にもらっていただいたりとか。絵もありますし、色々あるから。そういう整理をゆっくりしていきたいですね。
 
 ――誰かにバトンタッチするとかは?
 
新井:やりたい人は何人かいらしたんだけど、どなたも務まらない。できない。ここをできる人がいないです。要するに“儲け”に走っちゃうでしょ。儲けを気にしちゃこの店はできないんですよ。私は、利益を追求しないからできたの。
 
 ――利益ではなく、何を大切にしてこられたのでしょう?
 
新井:要するに家からここに来るのが私の楽しみだったから。お金儲けじゃないから。ここは私のリビングルームですから。
 
 ――生活の一部というか。
 
新井:そうそう。だからここでひと儲けしようとか野心のある人にはできないです。お客様によろこんでいただくとか、何かないとダメですよ。やっていけないです。
 
私はこのまま現状維持できれば良いなと思っています。特に変わったことはしないで、今までどおりの現状維持ができれば。
 
 ――それがささやかな願いであると。
 
新井:楽しみですね。いつ辞めるとかそういうことは一切申し上げないで、黙って徐々に片付けていく。
 ――もうエンディングのシナリオができてるんですね。
 
新井:できてるんです。
 
 ――ひっそりというか、自然に?
 
新井:そうそう。ひっそりと去れば良いんですよね。大げさに、いついつ辞めますからパーティーをしましょうとか、一切そういうことはやりたくない。ひっそりとドアを閉じます。もしなくなったらそう思ってください。
 
 ――寂しいけれど、お母さんにとってはそれがいちばん幸せなエンディングというか。
 
新井:そうですね。だから、今年60周年なんですけど、お客様が「60周年パーティーやらないの?」とかね、いろんなお声が掛かったけど、私そういうのイヤなんですよ。しなくてもいいですよね。もちろんお客様への感謝の気持ちでしたい気持ちはありますけどね。でも殊更したくないんですよ。コンティニューですよ、続ければ良いの。そう思います。
 
 ――淡々と、最後までいつもどおりの毎日を積み重ねていって。
 
新井:はい。もう人知れず、「あぁ、あんなところにああいう店があったんだ」って、それで良いんですよ。
 (次回につづきます。前回はこちら
Photo by Akihiro Okumura(TABI LABO)

関連する記事

“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」、その御年90歳になる店主が登場。前回ま...
東京は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」。60年あまりの歴史を誇るお店には、お客さんのリクエストでクラシックの旋律がゆったりと響きわたり、まるでここだけ時間...
ベートーヴェンのシンフォニー6番(田園)、亡きご主人作のクラシックリスト……“オール・タイム・フェイバリット”について語るおばあちゃん(名曲喫茶「でんえん...
東京は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」。御年90歳になる店主のおばあちゃんが切り盛りする、半世紀以上も愛され続けている老舗です。前回につづいて、お店のこと...
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」、その御年90歳になる店主が登場。前回ご...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
BGMのトリビアを集めた書籍が刊行された。『エレベーター・ミュージック・イン・ジャパン 日本のBGMの歴史』(DU BOOKS/4月27日発売)は、おそら...
今日も、世界のどこかの「喫茶店」では。
ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団、英国レコード産業協会、音楽配信サービス「Deezer」による共同研究によると、10年前、30歳未満のリスナーはわずか10...
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から友達や恋人と盛り上がれる面白い心理テストを3つ厳選してご紹介します。簡単にできる心理テ...
奄美群島・徳之島の国産コーヒーシーンを特集。第三弾は、島で唯一吉玉農園の国産コーヒーが飲める、犬田布岬の喫茶店「自家焙煎珈琲スマイル」へ。徳之島で作られる...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
ドイツの連邦金融裁判所は、テクノミュージックを正式な音楽ジャンルのひとつとして認め、チケットの税率を引き下げることを決定した。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
この木に吊るされた15個のヘッドフォンからは様々な音楽が流れます。大人も無邪気に笑顔になってしまうアートには製作者の「音楽に出会う喜びを感じてほしい」とい...
スポーツ用品販売大手の「アルペン」は、日本各地の山々が持つ個性を表現したアウトドアコーヒー「このやまコーヒー」に取り組んでいる。
「NESPRESSO(ネスプレッソ)」が、“東京”をテーマにつくった特別なコーヒー「ワールド・エクスプロレーションズ・トウキョウ・ヴィヴァルト・ルンゴ」の...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...

おすすめ記事

大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
トランスポーター(移動手段)としての車には、もう多くの人の興味が失われているとおもう。誰もが車をもてる時代をへて、今はカーシェアリングなんてあたりまえ。U...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
英国発のフレッシュハンドメイドコスメを展開するLUSHが、短編ドキュメンタリー映画『We the Bathers』を企画制作。